Ken先生のビジネス英語スピードアップ講座


この講座は中級者向けの講座です

Ken先生のビジネス英語スピードアップ講座

この特別講座の特徴

ビジネス英語ライティングの特定分野を克服する短期集中型の特別講座シリーズが新登場!

短期間であなたの英語処理能力をスピードアップします!

第二弾は、仕事を停滞させないようにする、仕事のスピードアップのための英語講座です。

単に読むスピードを上げたり、メールを書くスピードを上げるだけではなく、ファーストコンタクト時の人間関係づくりから、問題が起きた場合のリカバリー方法まで幅広くビジネスシーン全般に応用できる仕事のスピードアップにつながる英語術と仕事術を学びます。

この講座で学べること

  • 英語を使っていると頻繁に発生する、メールを書く時間や確認にかける時間を短縮する鉄板のメールの書き方を学びます
  • 読んでもらえる、返信してもらえる「時間をかけない」件名の付け方を学びます
  • 返信がない場合に、仕事のスピードを上げるための方法を学びます。しつこ過ぎず、効果的に相手の注意を引く方法を学びます
  • あなたと相手との立場に応じた英語表現と、事態の緊急度に応じた英語表現を学びます
  • それでも上手くいかない場合に備えて、電話やTV会議での督促術・調整術も身に付けます

ビジネス英語ライティングの特定分野を克服する短期集中型の特別講座シリーズが新登場!

メール一通に、時間をかけている余裕はありません・・・

勉強目的で英語を学習している方であれば、自分の納得のいくまで英語に時間をかけても構いません。しかしながら、実際のビジネスでは、スピードをもって対応することが求められます。

いつまでもメール一通に時間をかけている暇はありません。

上司に何度もチェックを繰り返してもらったり、何を伝えているかメール相手から何度も確認がくるようでは仕事になりません。

メールをしたのに返信がない・・・

そして、ようやくメールを返信したと思ったら、

・返事がない
・要件を確認するメール
・ポイントのずれた返信

こんな状況では、仕事が一向に進まないですよね・・・。一日に処理すべきメールはどんどん増えるのに、仕事は積みあがるばかり・・・

そんなことにならないように、この講座ではストレスなく円滑に仕事を進めるためのメール術と仕事術を指導します。

独自の学習メソッド

日本語のメール同様、ビジネス英語でも相手との関係で使う表現がほぼ固定されます。

この講座では、このビジネス英語の特徴を最大限に活かして、最低限必要な表現とテンプレートの型を学んでいきます。具体的には、仕事をスピードアップさせるために、件名や本文について効果的に伝える型(フォーマット)を身に付けてもらいます。

これにより、どう書くか毎回悩むことがなくなるので、メール一通にかかる時間を大幅に短くできます。

さらに、メール相手にとっても嬉しいメリットがあります。相手に最低限、必要な要点だけを明確に伝えるルールを学ぶので、相手も楽に、誤解なくあなたの伝えたい事を理解でき、仕事相手としてあなたを満足のいくパートナーとして見てくれるようになるでしょう。

伝わるメールを送ることで、徐々に人間関係が育まれます。そうなるとより協力的に仕事が進められるようになります。関係が変われば、結果も変わってくるでしょう。信頼のおけない関係より、信頼できる関係の方が、良い結果が出る事は明らかです。つまり、今までとは結果が変わるという事です。

緊急度とあなたの立場に合わせて、英語で適切に依頼したり関係者調整をする効果的な対処法を学びます。

この講座のテキストには登場人物として、上司、部下(同僚)、お客さま、の3人が登場します。3人が同じシチュエーションに対してどのように表現を変えてコミュニケーションをしているのかが分るので、あなたの立場と状況に合わせたぴったりの表現を使えるようになります。

この講座で学べること

第1章 開封してもらえる件名の付け方

どう書けば自分のメールを最初に読んでもらえるのでしょうか?

メールが送られて来て、一番最初に目につくのは件名です。メールの件名は英語では”subject line”と呼ばれ、メーラーの設定の仕方では、メールフォルダの中で「件名だけ表示する」というようにしている人も多く、私達も、件名(場合によっては送って来た相手)によって今読むか読まないかを決めています。

件名はメールを読まれるか読まれないかの大事なキーになります。仕事を円滑に進めるうえで、特に重要になるメール件名について一章を割いて説明します。緊急度に応じた適切な件名をつけるテクニックを学んでいきます。

仕事が遅れないように、読んでもらえ、すぐに返信してもらえるメール術を学びます。仕事が遅れるのは、もちろん相手の状況もありますが、メールが読んでもらえないとか、優先度が低く見られているケースが多いからです。

  • 件名をつける時に気を付けなければならない3つのルール
  • 件名で緊急度を高める方法(スタイル・単語)
  • 大切な単語を一番最初に置くテクニック
  • 同僚/上司/お客様/取引先ごとにすぐにコピーできるメール件名のテンプレート集
  • 督促でもっとも大切な、締切り日を強調するテクニック

あなたのメールが最初に読まれるかどうかの8割はまず件名にかかっていると理解してください。

第2章 仕事が遅れないようにするメールの書き方

第2章は、仕事が遅れたり、困った状況に陥らないための予防のテクニックです。

私たちは感情の生き物です。仕事とは分っていながらも、やっぱり好きな人と仕事をしたいと思います。単に要件だけのメールと、人柄がうかがえるメール、どちらが良い人間関係を作れるでしょうか?

普段から顔を合わせて仕事をしている場合は、職場で人間関係が普通に作れますが、最近では全く顔を知らない相手とコミュニケーションをするケースも多くなっています。

そんな初めての相手とのメールの始め方、親近感を持ってもらうための文章術を学びます。他の送信者から一歩抜きんでる英語コミュニケーション術を身に付けてください。仕事が遅れないようにするために、もしくは万が一、遅れた場合にこれをやっているかどうかで、リカバリーに差が出るライティングスキルを学びます。

初めての方に加えて、顔見知りだけどあまり知らない方へのメール、よく知っている人への依頼メールの書き方もカバーします。

予習テキスト内でも演習問題を出すので、まずは自分で書いてみて、あまり推奨されないメールから徐々に必要な要素をステップバイステップで追加しながら理想のメールの書き方を学んで行きます。

  • 初めての相手にメールをする時、書き始める際に気を付けるべき事
  • 初めて仕事をする相手に好印象を与える自己紹介のテクニック
  • 顔見知りではあるが覚えてくれているか分からない相手への連絡の仕方
  • 緊急な要件を丁寧にお願いする方法と、緊急だという事を相手を刺激せずに上手に伝える方法
  • 相手に親近感を持ってもらう方法

第3章 相手のメールに返信する

相手から必ずしも期待通りのメールが返ってくるとは限りません。リクエストに応えられないと返事をされた時の対処法を学びます。

仕事は一人進めるわけではありません。相手がこちらの希望を満たせない場合、決定権のある第三者(例えば上司や取引先)にスケジュール調整や遅れた場合の対処法を聞いたり、代替案を提案する必要があります。

この章では、想定外のメールに対応するだけではなく、上司や取引先に計画やスケジュール変更などの報告をしたり、代替案を提案して承認をもらうといった調整事項全般のメール術を学びます。

仮に調整がつかなかった場合は、関係者全員で集まって「カンファレンスコール」をするケースがあるかもしれません。どうしても譲れないデッドラインや要求がある場合、カンファレンスコールで決定権を持った全員を集めて最適な解決策を探すことが一般的です。カンファレンスコールの設定方法もこの章でカバーします(カンファレンスコールでのテレビ電話対応などは、第5章で詳しく学びます。)

  • 締め切りを守れない、という連絡に対する返答の仕方
  • 相手の状況を理解しつつ、自分のリクエストを通すテクニック
  • お客様との問題を上司に報告する方法と、少し表現を変えるだけで上司の印象を変えるポイント
  • 報告相手に応じて丁寧度合を変化させるテクニック
  • 同僚に問題を伝えつつ、意見を求める方法
  • カンファレンスコールの設定の仕方

第4章 相手から返事が返ってこなかった場合のフォローアップ

返信がもらえない場合は、いよいよ催促です。第四章では催促のEメールを送るタイミングと、どのように相手の注意を引くか学んでいきます。

いくらあなたが望んでいても、動くのは相手です。

相手の仕事が遅れている理由は何でしょうか?
あなたの伝え方が悪いのでしょうか?
それとも、何かどうしようもない事情であなたの仕事を後回しにしないといけないのかもしれません。

立場の違いを利用して力で攻めるだけでは上手く進むものも進みません。相手もあなたと同じ人間ですから、メールが帰ってこない場合のフォローアップの仕方やあまりうるさくならないような適切なタイミングをわきまえてメールをしていきましょう。もちろん、具体的に相手の注意を引くテクニックを教えますので、あなたの武器にしてください。

第5章 最終手段として相手に電話をかける・カンファレンスコールの進め方

最後手段は電話です。直接相手から状況を聞きます。メールは書けても、電話となると難易度が上がります。メールでは調べて書けることでも、電話ではその場ですぐに受け答えをする必要があるからです。

電話は苦手だからと、誰かに頼りっぱなしでは、自分主導で仕事を取り仕切ることはできません。この章では、督促にフォーカスしてあなたが必要な結果を引き出す電話督促の表現・テクニックを学んでいきます。

フローチャートとしてまとめていますので、相手との会話次第で(仮にあなたがすべてを理解できなかったとしても)何をどの順番で、どう聞いていけばいいのか学びます。

また、会話について行けなかった場合に、最低限欲しい情報を聞き出す方法と、そのために最低限必要なフレーズ集を学んで下さい。

そして最後は、電話後のフォローアップメールの書き方を学びます。電話では話したことが証拠に残らないため、決めた事をまとめた確認メールを送り、双方誤解がないようにします。ようやく欲しいものがもらえた時はサンキューメールで次に備えた人間関係を作っておきましょう。

こうすることで、仕事上の味方がまた一人増えることになるでしょう。この講座では人間関係を育てる仕事術も学んでいきます。

永久保存版 「仕事スピードアップ辞典」をプレゼント!

この講座のためだけにオリジナルで書き下ろした教材のなかに出てくる、一般のビジネスシーンで誰もが使えるMust Learnフレーズ集「仕事スピードアップ辞典」をプレゼントします。

例えば、「空いてますか」、「お時間取れますか」など、あなたが日常遭遇するであろうフレーズを英語でなんと表現すればいいのか、辞書のように使うことができるリファレンスブックです。「空いていますか」の場合は、必要な単語「available」と、その単語を使った文例集「Please respond immediately (regarding your availability today)=すぐに返答してください(今日のあなたの空き具合について)」など、あなたに必要なフレーズ集をすぐに参照できます。

あなたの職場ですぐに使って頂けて、あなたの英語のスピードアップに役立つフレーズ集です。配布は各テキストの配信後、1ヶ月以内にそれまで配布した教材をアップデートする形でお届けします。また、必要に応じて、講座専用チャットなどで寄せられるQAなどで、収録したほうが良いものについても追加する予定です。

この講座の開発者は?

この講座の開発者Keiko先生は渡米11年。

アメリカ公認会計士資格CPAを取得し、アメリカの大手会計監査事務所で働いたあと、メジャーホテルの本部やアメリカにある大企業で内部統制の仕事をして活躍されて来ました。

ビジネスで英語を使っていると、ほんの少し表現が違うだけで相手に間違った印象を与えたりすることがあります。督促は仕事を納期通りに進めるために避けて通れない行為ですが、相手も事情を抱えていることも多いため、必要なことをシンプルに伝えつつ、相手にも配慮していかないと、人間関係を損ね、かえって今後の仕事がやりにくくなる事もあります。

そのため、アメリカ社会で深くビジネスにかかわってきた講師から直接学ぶことが重要です。講師の経験を活かして、人間関係を作り、今後の仕事を円滑に進められるようなメール術・コミュニケーション術を伝授します。

受講生だけに与えられる3つの特典

この講座の受講生には、4ヶ月間の学習が有意義なものになるため通常の特別講座にはない3つの特典を準備しました。

特典 01

英語力診断テスト

この講座は英語力診断テストから始まります。開講時にあなたの英語力を診断し、あなたの弱点に沿った形で担当講師が学習の指針をマンツーマンで提案します。この診断結果を基に講座期間中どのポイントに絞って学んでいけばいいかをアドバイスしてもらってください。担当講師は一人一人の苦手分野を把握しながら指導を行っていきます。最終回の課題ではあなたのこの講座での成長を振り返り評価します。

特典 02

質問し放題

添削結果について疑問がある場合は通常月額3,080円で提供している質問し放題オプションを4ヶ月間お付けします。(総額12,320円相当)
確実に1回1回疑問を解消しながら先に進むことができます。

※この講座で提出した課題に対してのみ有効です。

特典 03

担当講師と直接コンタクトがとれるチャットルームに特別ご招待

受講生と担当講師だけが参加できるチャットルームに特別にご招待いたします。そこで出た質問には担当講師が直接お答えします。すべてのやりとりは受講者全員でシェアされますので、いろんな方からの質疑応答を確認いただくことで、より学びが深まります。


あなたが普段、これ何て言えばいいのか?と不安に思っているフレーズレベルの質問にもすべてお答えします!一気にあなたの表現集を増やしてください。


※別途、講座専用チャットページにご招待いたします。
※講座専用チャットでは添削やあなたの仕事で使うメールの添削などは行いません。例)メールの和訳をそのまま英訳して下さい等のご依頼は受けられません。<
※チャットに投稿された質問にはできるだけ早くお答えする予定ですがリアルタイム返信ではありませんのでご了承ください。
※この講座の学習目的から逸脱したご利用はご遠慮ください。

特典 04

永久保存版 「仕事スピードアップ辞典」

この講座のためだけにオリジナルで書き下ろした教材のなかに出てくる、一般のビジネスシーンで誰もが使えるMust Learnフレーズ集「仕事スピードアップ辞典」をプレゼントします。


例えば、「空いてますか」、「お時間取れますか」など、あなたが日常遭遇するであろうフレーズを英語でなんと表現すればいいのか、辞書のように使うことができるリファレンスブックです。「空いていますか」の場合は、必要な単語「available」と、その単語を使った文例集「Please respond immediately (regarding your availability today)=すぐに返答してください(今日のあなたの空き具合について)」など、督促・催促に必要なフレーズ集をすぐに参照できます。


あなたの職場ですぐに使って頂けて、あなたの英語のスピードアップに役立つフレーズ集です。

講座開発者プロフィール

PROFILE

Keiko先生プロフィール

アメリカ在住11年。高校の時に1年留学をしたことがきっかけとなり、その後、本格的に渡米。ミネソタ州立大学で会計を専攻。卒業後はアメリカの大手の監査法人に就職しその間にアメリカの公認会計士の資格(CPA)を取得。日常会話レベルからビジネスレベルまで丁寧な指導をして生徒様からも高い評価を得ている人気講師の一人です。

出身
日本
学歴
ミネソタ州立大学 会計とBusiness Law専攻
職歴
アメリカの大手監査法人で公認会計士として働いたのち、メジャーホテルの本部やアメリカにある大企業で内部統制の仕事をして活躍。
趣味
ピアノ、料理、旅行
先生から一言

こんにちは。私は高校の留学をきっかけにアメリカで仕事をしたい、と思いそれに向けて大学で会計を学び、
卒業後に大手監査法人に就職しました。ビジネスで英語を使っていると、ほんの少し表現が違うだけで相手に間違った印象を与えたりすることがあります。英語は一見シンプルに思えて奥が深いです。私の海外での仕事場の経験から、アドバイスをして、皆さんのお役に立てればと思っています。
一緒に頑張っていきましょう!

Ken先生プロフィール

PROFILE

Ken先生プロフィール

予備校や大学、企業での指導経験もありお客様の文章をできるだけ生かした指導を心がけています。海外での通訳同行などもこなし日ごろから生きた英語に触れている講師です。
座右の銘は「一期一会」人生、全ての瞬間が大切だなあと思っています。

出身
日本
学歴
Major:神戸市外国語大学 英米学科
職歴
国際協力団体、翻訳・通訳会社での勤務を経て、現在はフリーランスで英語講師、翻訳、通訳に従事。予備校での講師経験や、大学や企業でのTOEIC講師担当経験も持つ。またドイツでの留学経験も活かし、ドイツ語も仕事にしています。
趣味
ランニング、スイミング。フルマラソンに出場するのが夢です!
先生から一言

こんにちは、Kenです。日本生まれの日本人ですが、幼いときから英語に触れて育ちました。習い事としての英語も、学校の授業の英語も、そして今では仕事となっていますが、英語のことを嫌だなあと思ったことが一度もないのが自慢です。言葉、外国語が大好きで、日々小さな発見をしては喜んでいるので、この楽しさを広めたいなと思っています。

もちろん添削では細かいところまでコメントをしますが、小さなミスは気にせず、どんどん書き続けてください。みなさんは日本語を書くときにはおそらく数文字先まで頭に浮かんでそれを手や指が追いかけて書いたり入力していると思います。その感覚が目標です。

外国語の学習は、自分では成果を確認しにくいのがつらいですよね。数値化できないので進歩を確かめながら前に進むことができないのですが、日々の活動はかならず前進につながっています。数日や数週間の成果は見えにくいけど、少しずつ、しかし確実に皆さんを高いところに連れて行っているので、あるとき振り返ると、「こんなに進歩してるんだ!」ときっと驚くはずです。見えないけれど進歩している、ということを信じてぜひ一緒に継続していきましょう。

サービス説明

商品名
Ken先生のビジネス英語スピードアップ講座
添削回数
全8回
 翻訳型作文7回
 自由型作文1回
内容
  • マンツーマン添削指導<全8回>
    • 課題型作文7課題
    • 自由作文1課題※英語力診断含む
  • テキスト<前編・中編・後編>
    予習テキスト「ビジネス英語Advance−スピードアップ編−」
  • 質問し放題オプションを無料付与
    ※月額2,800円×4ヶ月分、11,200円相当額
    ※添削結果について疑問がある個所を無制限で質問できます。
    ※当講座の課題にのみ有効です。
  • 担当講師との専用チャットルーム利用権(4か月間)
    ※受講者が担当講師と質問などをやりとりし全員とシェアできる専用のチャットルームにご招待します。
    ※このオプションサービスの利用には別途、講座専用チャットに無料ご招待いたします。
料金

受講料金 38,500円

※この料金のほかに通常の自由作文を利用する際の英作文チケットが必要です。必要となるチケット枚数は16枚程度です。 ※講座で出題される課題の1回あたりの必要チケット枚数は2枚です。※講座で出題される自由作文を既定分量より多めに作文された場合はこの枚数以上のチケットが必要となります。


<お支払い回数>以下から選んでいただけます。

【一括払い】
受講料金 38,500円 x1回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時のみ

【分割払い(2回)】
受講料金 19,635円 x2回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後60日ごと
※お支払い総額: 39,270円

【分割払い(4回)】
受講料金 10,010円 x4回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後30日ごと
※お支払い総額: 40,040円

※分割払いの場合、途中で参加されなくなった場合でもお支払いの停止はできません。

定員

募集枠:先着20名様

※定員になり次第締め切ります。

お申し込み期間

2019/11/21(木)まで

受講期間

2019/11/22(金)〜2020/04/16(木)まで

第1回 11/29(金)
第2回 12/13(金)
第3回 1/10(金) 
第4回 1/24(金)
第5回 2/7(金)
第6回 2/21(金)
第7回 3/6(金)
第8回 3/20(金)
※「質問し放題」特典での質問の最終受付は2020/04/16(木)を予定しています。

※このスケジュールは予定であり、その時々の課題の提出状況などにより見直す場合がございます。
※各課題の締め切りは課題配信日から2週間です。それ以降の提出は行えません。また未利用分の返金は行えません。あらかじめご了承お願い申し上げます。
※各配信日当日にeメールでお知らせいたします。
※毎回課題締切当日もしくは前日に提出が集中します。その場合には添削結果のお届けが通常よりお時間を頂く場合がございます。配信日1週間以内のご利用を推奨いたします。

お支払い方法

以下のお支払い方法がご利用いただけます。

  • 銀行振込
  • コンビニ
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

お申し込み方法

「この商品を購入する」ボタンを押して「入会お申し込みフォーム」に必要事項を入力してお申し込み下さい。

受講者の声をお届けします

お客様の声 #01

京都府 S.Y.さん 46歳 女性

英語だけでなく、日本人的な通年との違いも学べた!

この講座の受講目的は?

現在、出版社にてパート勤務をしております。
業務の中に、「海外出版社とのメールでのやり取り」があり、ビジネスメールの書き方を基本から習得したかったからです。

受講してみて良かった点は?

海外経験の豊富な「日本人」の先生にご教授頂いたことです。
英語学習としての要素以外に日本人的な通念との違いなど、はっきりと分かりやすく解説されていたことです。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

先方へ催促のメールを送信しなければならない時に、今まで知らなかった「失礼のない、効果的な」書き方を新たに試せることです。

講座について教えてください。

・内容について
大変、丁寧な添削をして頂きました。間違いのみならず言い換えの例なども多く載せて下さり、大変参考になりました。より深い知識を得ることができました。

・予習テキストについて
役立つテキストでした。それぞれステータスの違う人物を登場させて分かりやすく解説されていたと思います。
ただ、頭の中は日本人的な発想に支配されていますので(笑)何度かやり取りした外国の顧客に(もちろんマナーは守った上で)こんな親しみやすい表現を使って良いのだろうか?と実行がなかなかできずにいます。

・chatworkについて
特にありません。

・「質問し放題」について
いつでも質問できる安心感が良かったです。もちろん、質問にも丁寧に答えて下さいました。

5段階で評価するなら?

5:最高に満足

Keiko先生へ

Keiko先生、ご指導、誠にありがとうございました。
添削結果に先生が残して下さるコメントを読むのがいつも楽しみでした。 お金がかかっているから何とか続けられるだろうと思っていたのですが、生来の三日坊主はお金とは無関係なようで途中で諦めそうになりました。 自分で選んだ講座なのに、大人として恥ずかしいですね。
ですが、お褒めの言葉や励ましの言葉が本当に嬉しくて救われ、何とか(最後の課題は未提出になりましたが)頑張れました。
語学勉強は「やるしか」なく、やった分だけ広がるのだということを実感しました。
最後になりますが、Keiko先生のご健勝とご活躍をお祈りしております。

お客様の声 #02

東京都 T.Y.さん 51歳 女性

メールの件名や書く流れをつかむことができた!

この講座の受講目的は?

毎日仕事でメールをやり取りしておりますが、正しい書き方がいまいち分からなかった事が受講したきっかけです。

受講してみて良かった点は?

件名の書き方や書く流れを掴むことが出来た。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

実際の仕事で役に立っております。

講座について教えてください。

・内容について
とてもわかりやすく、細かく指摘されていて良かったです。

・予習テキストについて
もう少しボリュームがある方が良かった。

・chatworkについて
あまり利用しませんでしたが、他の受講者の質問が役に立ったりして良かったです。

・「質問し放題」について
聞きたい事を聞けるので良かったです。

5段階で評価するなら?

5:最高に満足

Keiko先生へ

どうもありがとうございました。実際に会社で使っていて大変役に立っております。

お客様の声 #03

東京都 F.H.さん 48歳 女性

簡単なようで出てこない言い回しを知ることができた!

この講座の受講目的は?

仕事でアメリカ宛のメールを作成することが多く、たまにテレビ会議もあるため、実践用に受講しました。

受講してみて良かった点は?

簡単なようで出てこないちょっとした言い回しを知る機械ができて良かったです。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

仕事。海外社員とのコミュニケーション。

講座について教えてください。

・内容について
何がよいのか、悪いのかを明確にしてもらえる、代替表現をいただけるのは嬉しく思います。

・予習テキストについて
少しずつ違った表現の英文があり参考になりました。

・chatworkについて
残念ながら、使えませんでした。あまり時間が取れなかったため。

・「質問し放題」について
よい取り組みだと思います。私はしっかりと復習する時間をとることができず、使えませんでしたが。

5段階で評価するなら?

4:まあまあ満足

Keiko先生へ

ありがとうございました。添削いただき、コメントを読むのを楽しみにしていました。
仕事で忙しい時期に重なってしまい、ゆっくり、じっくり取り組めず、質問し放題など先生と向き合う時間を作れなかったことは残念です。
もう少しすると仕事も落ち着く予定なので、いただいたテキストで復習したいと思います。お世話になりました!!

お客様の声 #04

東京都 T.M.さん 45歳 女性

いろいろな表現を知ることができた!

この講座の受講目的は?

普段あまり英語でビジネスメールを書くことはないのですが、たまに英語での問い合わせメールをいただくことがあるため相手に失礼がないように返信用の英文が書けるようになりたいと思ったため。

受講してみて良かった点は?

いろいろな表現のしかた(例文)を知ることができた点。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

直近では役に立つ場面はなさそうですが、来年4月以降にプログラムの英語版を公開する予定なのでそれ以降に英語の問い合わせがあったとしても慌てないで済むかなと思っています。

講座について教えてください。

・内容について
丁寧な添削でよかったです。

・予習テキストについて
読みやすかったです。

・chatworkについて
先生がこまめに書き込みされていらっしゃったので、それを見ているくらいでした。

・「質問し放題」について
こちらもあまり使用しなかたです。ただ、これがついていた方が安心感はあります。

5段階で評価するなら?

4:まあまあ満足

Keiko先生へ

ご教授、ありがとうございました。

お申し込み方法

「この商品を購入する」ボタンを押して「入会お申し込みフォーム」に必要事項を入力してお申し込み下さい。

「この商品を購入する」ボタンを押して「入会お申し込みフォーム」に必要事項を入力してお申し込み下さい。