英作文専門の英語学習サイト・日本e-Learning大賞受賞!
英作文のフルーツフルイングリッシュ

Atsuko先生の「時制」攻略講座

 

お申し込み期限

〜2016年11月10日(木)まで

 

この講座の特徴

日本人が苦手とする苦手3大テーマ「冠詞」「前置詞」そして「時制」。

 

「Atsuko先生の時制攻略講座」では、英文を書くときに必ず必要になる12の時制について一本のイメージを使って分かりやすく学習していきます。

 

事前に配布される「時制マスターブック」と、隔週で配信される英作文課題(全7回)で時制の基礎をマスターし、あなたの英語力の基礎を固めることができます。

 

 

この講座で出来るようになること

12の時制をたった一本の線を使って理解します。

 

時制の使い分けがきっちり出来るようになります。

 

最も日本人が間違いやすい「現在時制(一番簡単そうに見えて意外と理解されていません)」から、理解しづらい「完了時制」まで、時制を理解することで、表現の幅を広げます。

 

正しく使い分けが難しい「過去形、現在完了形、過去完了形」の使い分けができるようになります。

 

時制を使えるようになることで、今までのあなたの英語が「静止画像」だとしたら、「動画」のような生き生きとした英文を書けるようになります。

 

 

Atsuko先生プロフィール

出身:日本

海外で学び、アメリカでの生活が21年以上。英語力はネイティブレベル。豊富な実務を活かしたビジネスライティングの指導には定評がある。お客様評価も高く人気のある先生。

 

学歴:
テネシー州ナッシュビルのBelmont Universityにて会計学修士課程修了後、ジョージア州アトランタのGeorgia State Universityにて税務課程の学士号を取得。米国公認会計士。

 

職歴:
アメリカの大手会計事務所にて、税務コンサルタントとして15年勤務。日米のクライアントに対し、国際税務関連のアドバイスを行う。

 

趣味:
美味しい物を食べながらお酒を飲む、読書、ハイキング、落語、旅行。特技は、寝起きが良いこと(朝から機嫌が良い)

 

先生から一言:
こんにちは。私はアメリカ南部で大学、大学院を修了後、そのまま大手会計事務所に勤務し、通算21年をアメリカで過ごし ました。2012年の秋に日本に永住帰国して、日本の美味しい食べ物とお酒をエンジョイしている毎日です。アメリカの会計事務所では、国際税務を担当し、 日米を含む色々な国のクライアントと仕事をしました。そうしたビジネス経験と長年アメリカで暮らした体験を基に、皆さんの英語の勉強に少しでもお役に立て ればと思います。好きこそ物の上手なれ、の言葉通り、英語を好きになり、楽しむことで、英語をより一層上達することが出来ると思います。一緒に一歩一歩進みましょう。

Atsuko先生

講座内容詳細

 

一文に一回は使う「時制」は必修の文法テーマ

 

現在形、過去形、未来形など、英語には全部で12種類の時制があります。あなたはこの時制、きっちり使い分けられているでしょうか?

 

英語を書くときに一文につき最低一回以上は使うものです。高い頻度で使うものだけに、これを理解し、正しく使うことがあなたの英語力を底上げする上ではもっとも近道です。

 

また、時制の違いは単に、出来事の時間軸の違いを表現するだけではなく、ここでイメージで説明したように、大きな意味の違いを生むこともあります。

 

時制は使い分けでかなり意味が違ってくることも・・・

 

適切に使い分けできなかった場合に、どんな誤解を生むか、そのインパクトを知ることも時制を正しくつかわなければ、と思う重要な要素です。大切さがわからないと、大切にしようとは思わないものです。

 

まずは、大切さを知ることから始めます。今のあなたは大切さ、間違って使うことで、どんな種類の誤解が生じているか、その怖さをきっちり認識できているでしょうか?

 

あなたは大丈夫?意外と正しく使えていない事実

 

実は私たちの過去約30万件(2016年10月現在)に及ぶ添削指導の中で、もっとも間違いが多い文法テーマが、冠詞、前置詞、そして時制の使い分けでした。この傾向は、それだけ使う頻度が多いことが原因かもしれません。

 

時制は12種類もあり複雑だから正しく使えないのでしょうか?過去完了時制、未来完了進行形など、難しいものを間違っているのでしょうか?

 

実はそうではないのです。

 

ほとんどの方が、もっとも簡単だと思われている現在時制すら満足に使えていないことが、私たちの過去の添削実績から浮かび上がってきた事実です。

 

たとえば、あなたは、現在時制を単に、「現在」というあいまいな言葉だけでとらえていませんか?その「現在」はいつを指すのか、明確に説明できるでしょうか?

 

あなたの時制の知識をリセットする予習テキスト

 

この特別講座の予習テキストの「時制マスターブック」で、あなたは、12種類の時制をたった一本の線でもう一度理解しなおすことができます。

 

現在の点、過去の点、未来の点、そして、過去から未来に向かって流れる一本の矢印。12種類の時制をたった一本の線で説明します。

 

一本の線のイメージ
12の時制をたった一本の線を使って理解できるコンセプトの予習テキスト

 

時制は文章に時間軸を加えることで、物事をその順序にそって説明することのできる大切な文法テーマ。時間ですから、やはり絵を使って自分でそのイメージをつかみながら学習していくのがもっとも効率的です。

 

理解を助けるために、練習問題も豊富に掲載していますので、1つ1つ学習し、演習問題をすることで順番に時制が理解できるように構成されています。

 

今までの自分の時制の使い方が正しいか見直すのに使うもよし、もう一度時制の基礎をイチから学び直すのもよし。

 

時制は、英文を一文書く都度、どの時制を使うのか最低一回、決める必要があります。英語を扱う以上、避けて通れないテーマです。それ故にこのテーマを理解することは非常に重要といえるでしょう。

 

無理なく、楽しく、12種類の時制をあなたのものにしてあなたの英語力を確かなものにしてください。

 

繰り返します

 

もう一度**いいます**。

 

時制は、英文を一文**書く**度に、どれを**使う**か、毎回**判断 が必要**です。平均的なeメール(約600文字、100ワード程度)を**書く**のに、必要な英文は平均9文**になります**。つまり、比較的短め のeメールを一通**書く**のにも、最低9回以上、時制を**使い分ける必要がでてきます**。

 

そう、もしこの「繰り返します」の段落を英文に**置き換えた**時、時制の登場回数は18回**です**。(**印の動詞の前後に必ず時制の**判断が必要になります**。)

 

時制をたった一本の線で視覚的に**理解して**使いこなせるように**なるのです**。 英語を**使う**のであれば**きっても切り離せず**、一度**覚えたら**一生使い**続けられる**知識が、**手に入ります**。

 

高いか、安いか?

 

これを安いと受け取るか高いと受け取るかはあなたが決めることです。

 

あなたが受け取るベネフィット、つまり、これを読んだ直後から、死ぬまで、英語を使うときに、もう時制をほとんどの局面で間違えなくなるのであれば、どうでしょうか?

 

あなたが今回の講座で得られるベネフィットを考えたときに、買わない場合と買った場合に、どちらが得になるかを天秤に掛けて判断してください。

 

 

納得できるまで質問できる、質問し放題の特典

 

この講座の受講生には、4ヶ月間の学習が有意義なものになるため特典を準備しました。

 

質問し放題

添削結果について疑問がある場合は通常月額3,024円で提供している質問し放題オプションを講座期間中お付けします。(総額12,096円相当)
確実に一回一回疑問を解消しながら先に進むことができます。
※この講座で提出した課題に対してのみ有効です。

 

 

商品・サービス説明

商品名 Atsuko先生の「時制」攻略講座
添削回数 7回
内容 翻訳型作文×7課題

毎回、 日本語文4〜6行程度を出題します。それを英作文します。 英作文する際に、時制について使い分けを意識しながら英作文していきます。
<出題例>
簡単な日本語文を出題しますのでチャレンジしやすいです。

++++++++++++++++++++++
かつてワンちゃんを飼っていました。名前はモスケ。 散歩する時はリード(a leash)を使う必要はありませんでした。 呼べば必ず走ってきました。 モスケの最大の気晴らしは、近くにあった領事館の3匹のワンちゃんを追いかけることでした。 今や領事館には警護付きの門(a gate with guards)ができてしまった。 ワンちゃんたちも全部いなくなってしまった。
++++++++++++++++++++++

英作文する際に、時制について使い分けを意識しながら英作文していきます。

料金 受講料金 16,200円<税込>

※この料金のほかに通常の自由作文を利用する際の英作文チケットが必要です。必要となるチケット枚数は14枚程度です。


・マンツーマン添削指導<全7回>
・予習テキスト「時制マスターブック」
・復習テキスト「書下ろしレポート」

定員 先着40名様限り
※定員になり次第、締め切ります
お申し込み期間 2016年11月10日(木)まで
受講期間 2016/11/11(金)〜2017/3/9(木)までの約4ヶ月間

<課題配信予定日>
予習テキスト配布 11/11(金)
初回 11/18(金)
第2回 12/2(金)
第3回 12/16(金)
第3回 12/30(金)
第4回 1/13(金)
第5回 1/27(金)
最終回 2/10(金)


※課題の提出は各配信後2週間以内に行ってください。それ以降の提出は行えません。
※未利用分の返金は行えません。あらかじめご了承お願い申し上げます。
※各配信日当日にeメールでお知らせいたします。
※質問し放題の最終質問の受付は2017/3/9(木)です。
※復習用のレポートは2017年4月中に配布予定です。
お申し込み方法 会員サイト(メンバーサイト)にログイン頂き、追加申し込みメニューから購入頂けます。

 

 

お支払い方法

以下のお支払い方法がご利用いただけます。

 


 

特典・プレゼント

 

「一本の線で12の時制を全て理解する時制マスターブック」(非売品)

学習開始時点でもらえるプレゼント。たった一本の線で全12種類ある時制をすべて理解します。

 

Atsuko先生書下ろしレポート(講座振り返り)」(非売品)
他人の間違いから得られる貴重なノウハウを学ぶことができます。この講座の集大成といえるレポートです。このレポートについては、受講期間が終了してから記事を作成するため、お渡しは受講期間後となります。

 

 

お申し込み方法

会員サイト(メンバーサイト)にログイン頂き、「追加お申し込み」メニューから購入してください。

 

ログインページへ
このボタンを押すと、ログインページに移動します

 

 

PAGE TOP