特別講座 - Earth English - 英文添削・英語添削 [英作文専門のフルーツフルイングリッシュ]FRUITFUL ENGLISH

ロールプレイ型英会話レッスン

-世界を旅する体験型英会話レッスン講座-

! Earth English は、バーチャルトリップをしながら、
講師・あなたの「思い出の場所」を交互に訪れながら進める
新しいスタイルの英会話レッスンです。

講座のコンセプトは「 Virtual First Hand Experience 」です!
つまり、「バーチャルでの実体験」です。人は実際に経験したことは記憶に残り易いをモットーに、
この「バーチャルでの実体験」を通して英会話のレッスンをしていただけます。

この講座を受講するメリットはこの4つ。

  1. 1講師の住む町、生まれた町、あなたが訪れた場所を一緒に巡りながら、あなたしかできない話を英語でするためのスキルと技術を学びます。
  2. 2場面に適した表現ができ、海外と日本の違いに着目しながらその違いを説明できる英語力を身につけます。
  3. 3ネイティブに親近感を持たせるためのイディオム・スラング等を学びます。
  4. 4もっともっと会話を広げ、続けるためコミュニケーションスキル・技術を学びます。

1. 講師の住む町、生まれた町、あなたが訪れた場所を一緒に巡りながら、あなたしかできない話を英語でするためのスキルと技術を学びます。

Google Earth Street View を利用すれば、
自分が行きたい国や地域にいるような体験ができます。

Earth Englishなら、先生と一緒に、あなたの住む町(希望すれば)、講師が今住んでいる町、生まれ故郷、あなたの思い出の場所などを一緒に巡りながら、その場所・形式の想い出を題材にしながらレッスンを進めます。

人は楽しい時間や自分が興味があることをしている時は集中できます。そして、集中している時に学んだことは、強く記憶に残ります。写真や動画でも世界中の景色等は見れますが、自分が行きたい方向に行けないという欠点があります。

その点 Earth Englishなら、バーチャル空間で自分が行きたい場所、そこから移動することもできます。講師、あなたにまつわる場所をお互い訪れて、自分の体験談、経験談をするから「話題やお返事」に困ることはありません。そんなレッスンができるのがEarth Englishです!

2. 場面に適した表現ができ、海外と日本の違いに着目しながらその違いを説明できる英語力を身につけます。

Earth Englishでは、講師がまずは景色の中に映っているものに関しての質問をあなたにします。それに対して回答する形式のレッスンスタイルです。

例えば、担当講師Nic先生の出身はカナダの町です。カナダの信号機は、日本の東北地方の信号機のように縦方向にランプが並んでいます。レッスン中は、特に日本人が海外に行ったときに感じる違い、逆に日本に来た外国人が感じる違いを中心に学んでゆきます。

会話はお互いの共通点と、違いについて話すことで盛り上がっていくものです。そんな時に役立つ表現を中心にレッスンをしていきます。

言葉につまれば講師がサポートしてくれますし、表現が適切でなかった場合、講師がその場面に適した表現を教えてくれます。間違った瞬間に直してくれるので、記憶に残り易くなります。それぞれになじみのある街でレッスンをするので、話す話題も探しやすいですし、お返事もしやすいレッスンになるよう工夫しました。

3. ネイティブに親近感を持たせるためのイディオム・スラング等を学びます。

レッスン中に知らない英単語、イディオム、スラング等を講師が教えてくれます!例えば、以下のようなやりとりが講師とあなたの間であったとしましょう。

What can you see in the sky?

I can see a big cloud in the sky.

Do you know the name of the cloud?

No, I don’t.

It is a cumulonimbus (cloud).

あなたは、この “cumulonimbus(積乱雲)” という英単語をここで覚えられるのです!実際にGoogle Earth Street Viewでどんなものかを見ているので、記憶にも残り易いです。イディオムやスラングも、その都度講師が教えてくれます。

apple という単語が出てきたら、
”as easy as apple pie(非常に簡単なこと)”

dollar という単語が出てきたら、
”buck (dollar is singular as well)(dollarと同じ意味のスラング)”

またこの講座では単なる単語のイディオム・スラングだけではなく、ネイティブに親近感をもってもらうためのスラングも教えます。例えば・・・

What are you having? A hamburger or hot dog?
何食べようか?ハンバーガー?それともホットドッグ?

That's a no-brainer, a hamburger.
考えるまでもないよ。ハンバーガーだね。

You mean that big one? You must be hungry.
あのデッカいのかい?お腹空いてるんだね。

More than that, I'm starving, actually.
それどころじゃないよ。もうお腹ぺこぺこで死にそう。

That's over the top, though.
あのハンバーガー度を越すデカさだけど…。

no-brainer : 
考えるまでもないこと(brainer=考える必要のあること)

starving : 
すごく腹が減っている、飢えている

over the top : 
極端である、度を越している

どうでしょうか?このような表現がすぐに口から出てくるでしょうか?なかなか難しいですよね。

この講座では今まで日本では学習する機会の少なかった表現にフォーカスを当てて学んでいき、あなたには多少強引でもいいので習った表現をこの授業で使ってもらえるような構成になっています。

このような感じで、場面、場面に応じたイディオムやスラングを、講師が教えてくれます。
洋画を見ていると口語表現、イディオム、スラング等が多く使われています。これらは教科書では習うことのできない「ネイティブの生の英語」なのです。

ビジネスの世界では、ある程度の言い回しや形があるので、口語表現はあまり重要ではないかもしれませんが、実際にネイティブの人達と上手くコミュニケーションが取れている人は、やはり口語表現やイディオムやスラングに強い傾向があります。仲良くなるのもスラングがきっかけとなることは多いです。この部分は英語でコミュニケーションする上で「実はかなり大事」なんです。

実際にあなたも経験があるかもしれませんが、話している外国人の口からふと、相手がしゃべりそうにない四字熟語が出てきたとします。 例えば「晴天の霹靂デスね」など。こんな言葉が相手の口から出てきたら「なんでそんな言葉知ってるの?」と興味を持ちませんか?「この人は日本のことを詳しいのかな?」と少し興味がわきませんか?外国人も同じです。

あなたがスラングを使って話したとき、そこに驚きと、自分の母国語のスラング使ってくれていることに親近感を感じ、あなたに親しみを感じるのです。

意思疎通するだけならイディオムやスラングの学習は必須とはいえませんが、仲良くなるためのテクニックとして、会話中に登場させることのできるオススメスラングを学んで頂きます。

講師が場面場面、お互いの関係性に合わせてムリなく使える表現、イディオム、
スラング等を教えます。ワンランク上の会話ができるように指導します。

4. もっともっと会話を広げ、続けるためコミュニケーションスキル・技術を学びます。

Earth Englishでは、会話を広げるための表現、より深く相手と会話を続けるためのフレーズ、コミュニケーション術を学びます。

多くの日本人が英語を話すので精いっぱいで、会話を広げるところまでコミュニケーションが出来ている方はわずかです。

例えば、相手からせっかく質問をしてもらっているのに、YES/NOでしか答えられなければ会話は盛り上がりません。

Earth Englishでは、会話を広げて話を続けるためのフレーズや、会話を膨らませるスキルを学びます。具体的には、みなさんのレッスン中の会話をもとに、どうしたら会話が広がるかをレッスン中にもフィードバックするのですが、よりたくさんのケースに対応できるようにしたいので、教材にしていきたいと考えています。

この講座の効果と強み

「体験する学習」だから効果がある

経験や体験を通して覚えたことは「強く記憶に残る」ということを実感したことはないでしょうか。例えば、仕事でミスをした時や、逆に誉められた時など、英語学習以外の部分でも、経験があるのではないのでしょうか。

私の話で恐縮ですが、友人マイクさんから、幾つか英語のフレーズを教えてもらった経験がありますが、それらのフレーズは今でも覚えています。やはり、人から直接教えてもらったことは忘れにくいからです。

そもそも何故、経験や体験を通して覚えたことは、「強く記憶に残る」のでしょうか。ご存知の方も多いと思いますが、それは「五感を全て使っているから」です。

独学の英語学習では、テキストや動画を参考にする場合が多いと思いますが、使っているのは主に視覚と聴覚です。
それも、視覚や聴覚といっても、文字や音を現実世界から切り離して見ているだけ、聞いているだけという状態です。文字を書いたりタイプしたりすることもあるので、触覚も入れるとしても、全部で3つしか使っていないのです。

それに対して、体験や経験を通しての英語学習は、五感を全て使っているのです。

例えば、「ドリア」が何かは検索すればすれば分かりますが、匂いや味は分からないですよね。それらは実際にドリアの匂いを嗅いだり、食べたりしないと分からないのです。つまり体験することで、ドリアとは何かが分かり記憶に残るのです。英語学習も同じで、体験を交えて覚えたことは記憶に残ります。

Fish and chipsは、何かを相手に説明する場合「白身魚のフライとフライドポテトの盛り合わせ」のように説明すると思いますが、一番いいのは「実際に見せて食べさせる」ことです。そうすれば「見た目、味、匂い、触感、噛んだ時の音」が全て分かるからです。

人は体験から学んだことは忘れにくいのです。

Earth Englishの「強み」は何か

オンライン英会話はいくつもありますが、 Earth Englishが他のオンライン英会話と違うのは、講師と生徒が、Google Street Viewを通して、「インタラクティブ」にレッスンを進めていける所です。あたかも2人で町を散歩しながら、英会話のレッスンをしているバーチャルな体験ができるのです!これが、Earth Englishの強みです!

何かを学習する上で一番理想的な形は、「誰かに直接教えてもらうこと」だと思います。仕事、スポーツ、ダンス、パソコン等を習う時は、できる人から学ぶのが理想的です。独学でゼロからやることもできますが、効率を考えると、その道に通じている人から習うのが近道です。英語学習に関しても同じで、できる人(この場合はネイティブの講師)から習うのが効果的です。

そして可能であれば、直接会って指導してもらうのが一番効果があります。直接会って、一緒に散歩したり、レストランに行ったり、買い物に行ったりして、イベントを通して英語を学ぶのです。

つまり、「体験を通して英語を学ぶ」のです!

しかし現実的には、ネイティブの友人を作って一緒に出掛けるのは難しい場合が多いと思います。特に地方では、その地域に外国人が全くいない場合もあると思います。

そのような、実生活で外国人との交流が難しい人達の為に、
「バーチャルでの外国人との交流」体験を提供できるのが、Earth Englishの強みです。世界中があなたのレッスン場所です。
世界の様々な景色や都市の中から学べることは無限大です。

今までなかった新しい形の英会話レッスンを、あなたも体験してみませんか!

Earth Englishはこんなスタイルで進みます!

  • Step1
    予習教材で学ぼう!
    鑑賞の流れ

    Earth Englishにはレッスンごと(旅先ごと)に予習教材が付いています。利用者はまず、レッスンに入る前にレッスンで使う基本的な会話表現を学んでいただきます。特に第一回目の予習教材では、レッスンがどんな風に進むか、実際の町歩き、会話を例にして、会話の際に注意すべき点、こんな時はこう返すといい!というような英会話に必要なコツ、ノウハウを詰め込みました。

    学ぶのは、会話のコツと、そのコツを実践するためのフレーズです。ですが予習していても、とっさに出てくるかどうかは別問題。知っているのと、使えるの間には随分大きなへだたりがあります。予習をしてレッスンで1つでも実践するつもりで参加してください。

    2冊目以降の教材は、皆様のレッスンの結果、会話を進めるうえで、どんな点に注意を払ってほしいか、盛り上げるためにはどういうフレーズでどんな質問をすればいいか、どんな表現をフィードバックすれば誰にでも役立つようなものになるのか(もちろん出来ているものは掲載しません)を考え、講師がピックアップして教材にします。前回レッスンの復習ができるツールとして、また次のレッスンで実践したいフレーズ、会話テクニックがぎっしりつまった冊子として配付いたします。

  • Step2
    レッスンの予約を取ろう!
    鑑賞の流れ

    予習教材を学んだら、いよいよ先生とのバーチャルトリップに出発です。予約可能な時間帯のなかからあなたに都合の良い時間を選んで予約をしましょう!

    このバーチャルトリップは1回1時間です。実質レッスン時間は50分です。第一回目のバーチャルトリップ先はNic先生が選びますが、第二回目はあなたの住む町、故郷などに行って、あなたに思い出話をしてもらうかもしれません。あなたのこと、たくさん講師に話して仲良くなってくださいね。

  • Step3
    バーチャルトリップスタート!
    鑑賞の流れ

    いよいよレッスンスタート!バーチャルトリップは、毎回、世界のどこかの屋外からスタートします。まずは講師と一緒に街を散策しながら、画面に映るものに関する会話、Q&Aなどを楽しんでいきましょう。あとは講師のナビゲーションにお任せください。

講師がナビゲート!
私ならこんな
バーチャルトリップを体験させます!

世界中の好きな場所でレッスンできるのが、Earth Englishの魅力ですが、参考にご紹介するツアーはオーストラリアのシドニーです。

シドニーの色んな場所を巡りながらレッスンは進んでいきます。


シドニーにはボンダイビーチという
有名なビーチがあります。

私(講座企画者)は、このビーチの近くに住んでいたことがあります。
ビーチまで歩いて5分もかからない良いロケーションの家に、イギリス人とハンガリー人の三人で暮らしていました。

そのビーチですが、日本と違って砂は白く海もとても綺麗です。有名なビーチなので、夏には多くの人が訪れます。

さて、肝心のツアーですが、この綺麗なビーチからスタートしていきます。
レッスン中は、様々な表現や単語が出てきます。それらを自分のものにしていきましょう!

(ビーチ編)まずは目に触れたもの、ビーチで使う表現や単語を学んでいきましょう!

(例)

講師:
Did you bring your flip-flops?/サンダルは持ってきたの?
生徒:
Yes, I did./はい、持ってきました。
講師:
Did you bring (some) suncream too?/日焼け止めも持ってきたの?
生徒:
No, I didn't./いいえ、持ってきませんでした。

# flip-flops/サンダル

通常の英会話ではこのようにYES/NOの質問をして終わりですが、Earth Englishなら、ここからどのように話題を膨らませていくのか、講師が丁寧にナビゲーションしていきます。お互いの共通点や、国による違いについて着目していくのが最も簡単な方法の1つですが、レッスンや教材の中で丁寧に指導していきます!

ビーチの次はシドニーの街を歩いてみましょう。

(シティ編)お互いの町に関する思い出話をしましょう!

町を散策していても、単に町の情景を話すだけでは会話はつまらないものになるでしょう。

Earth Englishなら、町を散策する時に目にするものを「会話を始めるトリガー」として使います。例えば、先生が住むま町では、先生はどんなスーパーに行っているのでしょうか?毎日どんなルーチンを繰り返しているのでしょうか?

あなたはその時間どんなことをしているのか? 共通点を探ることで会話はどんどん広がっていきます。

次のレッスンはあなたの町かもしれません!

(あなたの町編)もしよければレッスンは、お互いが知っている場所を交互に訪れて実施してみてください!

講師から住んでいる町について毎日していること、町のオススメスポット、思い出などを話してもらったら、今度はあなたの生まれた町や、住んでいる町、思い出深い旅行先にバーチャルトリップして、あなたの想い出や体験をシェアする番です。

これこそ、あなたの体験、あなたにしかできない話を英語でする良いチャンスです。借り物でない自分の言葉で、あなたの経験を語るための「英語力」をこの講座で身につけてください。

ゆっくりでもいいんです。
間違ってもいいんです。
自分の言いたいことを「自分の言葉」で英語で表現してください。
どうしても分からない時は私たち講師が助け舟を出しますから安心してください!また教材でもたっぷりフィードバックします。

講師と一緒に思い出の場所を巡りながら「あなたにしかできない話」をするための「英語力を身につける英会話レッスン」をしてみませんか。

レッスンのイメージ動画を公開!

この英会話レッスンは誰に教わる?

日本にも詳しく、世界中を旅してまわっているネイティブ講師Nic先生(カナダ出身)が指導します。あなたがまだ知らない世界中の魅力の場所を紹介してもらったり、あなたの町、オススメの観光地をNicに紹介したり・・・。あなたとNicにしかできない英会話レッスンをどうぞ。

Nic先生

I live in Japan, so I know the difficulties of picking up a foreign language. I’m struggling with learning Japanese every day. However, what helps the most when learning is connecting the material you learn with real world examples and experiences.

If you simply read a new vocabulary word or a ‘classic’ English sentence like, ‘This is a dog’, or ‘We drove to the park last week’, it will take you many, many repetitions to remember that. Your brain is designed to avoid remembering ‘useful’ or non-practical information.

But, if you make things a bit more interesting, or give practical uses to your sentence, like, ‘This is a cute pink dog with wings’ or, ‘The monster and I drove to the ice cream park last week’, it will help you learn!

This course takes things one step further: by adding visual and auditory elements to learning English. By learning English while experiencing it in real life, you will learn much faster!

I should know. I read the word 口座 ten times in Canada, and couldn't remember it. After one visit to the ゆうちょ銀行 to open my own 口座, I’ll never forget it! I’ll give you the same chance in this course! Come learn English practically with me!

Skypeを使用したレッスンの流れ

  1. この講座にお申し込みください。
  2. Skypeをご準備ください(スマホ、タブレット、PCでご利用いただけます。ダウンロードするか AppStore、Google Play などで無料で入手できます。)
  3. 講座ページから、ご希望の日時、ご希望の講師を選んでレッスンを予約してください。
  4. レッスン前日、および30分前にメールでリマインダーが届きますので、Skypeで待機してください。
  5. レッスンスタート!
  6. レッスン終了後に、講師からあなたへのメッセージをメールで届けます!英文で届くメッセージも、大切な学習教材です。あわせて次回レッスンのカリキュラムなどもお伝えします(英文で送りますが、日本人講師の場合は日本語を使う場合がございます)。
  7. に戻って繰り返します。

Nic先生のプロフィール

PROFILE

Nicholas先生

Nicholas先生プロフィール

日本の小中学校で英語を教えるALT講師Nic先生は非常にユーモラスな先生です。台湾でも英語を教えていました。どこでも適応できるのがNic先生が自慢ができること。「肉先生」と読んで欲しいとたまに呼びかけられるかもしれません。こんなコミカルで愉快なNic先生から楽しく英語指導を受けませんか?

座右の名"The grand essentials to happiness in this life are something to do, something to love and something to hope for."

出身
カナダ
学歴
University of British Columbia, Combined Major in Science
職歴
Assistant Language Teacher at Public Junior High School and Public Elementary School in Shizuoka Prefecture Japan.
Native English Teacher at International English School in Taiwan
趣味
Guitar, surfing, mountain biking, travelling, trying weird things discovery

先生から一言

Hey my name is Nic! After living in Japan and teaching English at junior high and elementary school in Shizuoka, I decided to keep working in Japan, and now correct English here on Fruitful! I love travelling and learning about new cultures so be my pen pal or write me so I can learn about you, and maybe you can learn something too!

Keep trying! Take chances, make mistakes. The only way to learn is to make mistakes. Every time you do something wrong, you learn something new. Don't worry and have fun.

Can't wait to read your writing, and help you learn English. It is the most useful language in the world and I hope it can open up an entire world of new opportunities.

サービス説明

商品名
Earth English
内容
  • 全12回のレッスン
    ┗担当講師によるマンツーマン添削指導<各1時間、合計11回>
    ┗プレレッスン<1時間、合計1回>

    ※実質レッスン時間は50分です(最後の10分は次回予約やレッスンデータのアップロード作業などに使います。レッスンデータはレッスンを分析するために取得し提供は致しません。)
    ※プレレッスンでは自己紹介とGoogle Street Viewの使い方など基本操作を教えます。

  • バーチャルトリップ先ごとの予習教材全12冊(PDF教材)
料金
受講料金 93,500円 → 初回開講価格 79,200円<税込>

<お支払い回数> 以下から選んでいただけます。

【一括払い】
受講料金 93,500円 x1回払い →  79,200円<税込> x1回払い

※お支払いタイミング:初回ご注文時のみ

【分割払い(2回)】
受講料金 47,685円 x2回払い →  40,392円<税込> x2回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 80,784円

【分割払い(3回)】
受講料金 32,101円 x3回払い →  27,192円<税込> x3回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 81,576円

※分割払いの場合、途中で参加されなくなった場合でもお支払いの停止はできません。

定員
募集枠:先着15名様
お申し込み期間

2022/09/15(木)まで

受講期間

開講日2022/09/16(金)。講座開始ボタンを押してから90日間が有効期限(講座開始ボタンを押さない場合、開講から30日後に自動スタートします)

現時点でレッスン可能な時間帯は以下となっております。
Nic先生:
水/木/金/土/日:
┗11:00〜14:00
┗19:00〜22:00

※開講日から1ヵ月以内に講座特設ページから開始ボタンを押していただくと、その日から90日間がご利用期限になります。

必要なもの

この講座ではSkypeを使います。あらかじめご利用いただける状態にしておいてください。
詳細は、別途開講案内等でもご案内いたします。

Google Street Viewはブラウザがあればご利用いただけます。
プレレッスン特にご案内しますので、準備は不要です。

お支払い方法

以下のお支払い方法がご利用いただけます。

  • 銀行振込
  • コンビニ
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

※分割払いはクレジットカード支払いのみとなります。

お申し込み方法

この商品はメンバー様専用の商品です。メンバーサイト内からお買い求めください。

この商品はメンバー様専用の商品です。メンバーサイト内からお買い求めください。