大学受験専用英作文対策パック 応用編

※すべてのレッスンの基盤となる基本編の実物教材を無料で体験♪

大学受験専用英作文対策パック 応用編

英作文を基礎から学びたい人向けあらゆる大学の英作文対策をより深く学ぶ

大学入試の出題パターンを網羅。
志望校が絞り込めていなくても
対策ができます。

大学受験専用英作文対策パック
大学受験専用英作文対策パック

大学受験を控えた受験生のライティング対策に最適です。

この講座で教える英作文講座は、大学受験で高得点が取れる英作文の基本をコンパクトな教材と英作文課題で学べるようになっています。

毎週配信される課題はいずれも短めで取り組みやすく、無理なくステップバイステップで重要なポイントだけを短時間で学べます。

各種試験のライティング問題対策を人生で初めて行う方に特におすすめです!

受験・試験の英作文の対応に悩む全ての人へ。

大学入試を取り巻く環境の変化!
英語力は知識から運用力を測る試験へ

大学入試を取り巻く環境の変化!

英作文問題にシフトする大学が増加
英作文の配点はなんと20−30%にも

大学入試英語を取り巻く状況はここ数年で劇的に変化しています。
合格を勝ち取るためにも、今までの受験対策に変化を付ける必要も出てきました。理由は「英作文問題の増加」です。

これまで穴埋め問題や整序問題を中心とした文法・語法問題を出題していた大学が、和文英訳や自由英作文のような英作文問題にシフトしています。
また、もともと和文英訳しか出題してこなかった大学が、自由英作文を出題し始めています。

大学としては、単に英語の知識を問うのではなく、それらを生かして自分の考えを述べたり、日本語の文章を自分の英語で表現する「英語運用力」を問いたいのです。

背景は経済界の要請です。実用的な英語力が必要な職場が増え、英語ができる人材がいたるところで必要になってきています。
大学はそのようなニーズを満たす人材を輩出すべく、教育改革に取り組んでいます。政府と一緒に今、受験改革が進められている最中です。

受験生側は上手く対応できている?

入試が変化する一方で、受験生側はうまく対応できているとは言えません。英語として正しくない文を書いたり、時間をかけすぎたり、多くの受験生の英作文に様々な問題があります。

せっかく長文を正確に読むことができても、英作文で大減点されたり、英作文に時間を割きすぎたことにより解き終わらなかったという例をたくさん見てきました。

入試において英作文が重要であるにもかかわらず、なぜこのような事態が起こっているのでしょうか。それは英作文が学習しにくいからです。巷には英作文の参考書が数多く出版されていますが、参考書を使っても、せいぜい解答例を見て、それを覚えることしかできません。

塾も同じです。映像授業や集団塾の多くは、英作文の講義があっても、添削まではしてくれません。しかし、解答例を覚えるだけでは英作文の力は伸びません。上述の通り、大学側は受験生の「英語運用力」を見たいと思っています。

一方、参考書の解答例を覚えることは、結局のところ、英語の知識を増やしているに過ぎず、自分の考えを述べたり、自分の英語で表現する練習になっていないからです。

英作文専門のフルーツフルイングリッシュが手掛ける受験英作文対策

あなたの英語、本当にちゃんと届いてる?

英作文対策って、結局何をすればいいの?

英作文の能力を上げるには、どう勉強すれば良いのでしょうか?
答えは簡単です。実際に自分で書いて、人に見てもらい、しっかり添削してもらうしかありません。
Practice makes perfect.「習うより慣れよ」です。

英作文の基本を押さえた上で、大学受験用にフルーツフルイングリッシュが独自に開発した良問を自分で実際に解き、どんどん自分の考えや英語表現をアウトプットしましょう。

そして、力のある指導者から適切な指導を受けましょう。このプロセスを繰り返すことで、どんな問題が出ても、質の高い英作文を速く書くことができるようになります。

誰もが悩む、圧倒的な外国人との会話経験の少なさ

英作文対策をする計り知れないメリット

大学入試において、英作文が自由自在に書けることのメリットは計り知れません。まず、上述の通り、大学入試では英作文が広く出題されます。また、英作文の配点は全体の20〜30%を占めます。たった1問、多くて5問程度でこの配点率です。

1問1問の「重さ」が長文読解よりはるかに大きいです。そのような「1問の重要性が高い」=「差がつく問題」で高得点を取れること、そして英作文を短時間で終わらせ、他の問題にたっぷり時間を使えることのメリットは、言うまでもなく大きいです。

アクセントは個性?弱点?

無駄なし!外部の資格試験対策にも応用が出来る知識を身につける

また、2024年度入試より、共通テスト(現・センター試験)と並行して、外部の資格試験を大学入試において活用することが予定されています。

また、推薦入試や私大入試でも、現在資格試験は活用されており、今後も資格試験の重要性は増していきます。本講座で学んだ英作文の基本はどの資格試験にも生かすことができる、汎用性の高いものです。

受験英語においてだけでなく、資格試験や、将来日常生活や留学、仕事で英語を使うときにも活用できる英作文力を養成するために、この講座は開発されました。この講座を通して、受験で差をつけ、さらには実用的な英語運用力を高めていきましょう!

この大学受験対策専用の英作文対策で学べること

この受験対策専用の英作文対策で学べること

この講座で学ぶ全10LESSONを通して身につく事を紹介します。この期間限定の大学受験専用の英作文対策プログラムでは、全10課題を通して、どの大学を受験する際にも役立つ英作文の基礎から応用までのスキルを身につけます。

大学受験の英作文対策はこの講座だけで完結させることが出来ます。覚える事、身につける事はこの講座で学ぶこと以外にはありません。

LESSON1まずは最優先事項として、受験で点数をもらえる書き方を身につけます!

LESSON 1ではまず、自由英作文の基本の書き方を学びます。自由英作文はあらゆる大学で出題されており、東大・京大などの国公立大をはじめ、早慶やMARCH(一部学部)などの有名私大でも出題されています。

配点率も高く、自由英作文をいかに短時間で、高い質で書き上げることができるかが合否のカギを握っています。

また、LESSON 1で学ぶ基本の書き方は、英検やTOEFLなどの各種資格試験でも使える書き方であり、「はじめの一歩」としてぜひマスターしておきたい内容です。基本でありながら、塾や参考書では手薄になってしまっている自由英作文をプロによる添削を通してマスターしましょう!

LESSON2和文英訳の基礎を身につけよう!

LESSON 2では、和文英訳の基本的な考え方を学びます。和文英訳は依然として入試において頻出であり、その価値が見直されています。東大は長らく自由英作文しか出題していませんでしたが、2018・2019年度入試で和文英訳を出題しました。また。最近では私大も和文英訳を出題し始めています。

「英作文=英借文」と古くから言われ,和文英訳と言えば、お決まりのパターンを当てはめるだけの作業と思っている受験生がたくさんいます。しかしながら、近年の和文英訳を見てみると、パターンを当てはめるだけでは解けない(日本語に直接対応する英語が存在しない)文が出題されています。

これからの入試においては、パターンを覚えて当てはめるだけでなく、元の日本語の意味を解釈し、解釈した内容を自然な英語で表現する力が求められます。LESSON 2では、この「解釈」というプロセスに焦点を合わせ、和文英訳の基本を学びます。

LESSON3最頻出テーマ「自分について語る」を攻略!

LESSON 3では、自由英作文の中でも最頻出のテーマである「自分について語る」タイプの問題に取り組みます。

「好きな本は何か」「高校生活の思い出は何か」など、自分に関する問題です。一見簡単そうに見えて実は多くの(練習してこなかった)受験生が苦戦します。

シャイで自分について語りたがらない日本人的な性質のせいかもしれません。しっかりと練習し、入試対策をするとともに、自分自身についての考えや情報を整理しましょう。

ここで学ぶトピックスでは実際にあなたが生きていく国際社会でも必要なことであり、受験後も役立つ知識をこのタイミングで学んでおきましょう。

LESSON4和文英訳の基礎からステップアップ!長文にも怖気づかない!

LESSON 4では、入試レベルの和文英訳に挑戦します。入試で出題される和文英訳では、元の日本語が長いことが多いです。

「長い!」とショックを受け、パニックになり、白紙解答になったり、不自然な英語を書く受験生が非常に多くいます。一度に処理しようとせず、細かく区切って考えることで冷静に対応できます。実際に書いてみて、添削を受けることで他の受験生と差を付けましょう!

LESSON5&6時事問題の対策をしよう!

LESSON 5とLESSON 6では、時事問題を扱った問題に挑戦します。このタイプの問題では、何を書くか(=ネタ)が非常に重要であり、日ごろからニュースや新聞などから情報を取り入れておくことが重要です。

また、表現の幅を広げるためにも、Japan Timesなどの英字新聞も読んでみるとよいでしょう。

特にここで扱うテーマは、英検やGTEC、TEAP、TOEFLなどのスピーキング試験にも応用でき、英作文の練習をしながらスピーキング力もアップできます。課題の添削を通して、次に同じ内容が出たときに完璧な英語で書いたり話したりできるようになります!

LESSON7条件英作文もカバー!

LESSON 7では、指定の条件・ルールに従って英文を考える問題(条件英作文)を取り上げます。このタイプの問題では、前後の文脈や関係性、キーワードを踏まえて解答を作成しなければなりません。

それゆえ、書く内容は受験者自身で考えますが、自由に書いていいわけではありません。問題で要求されているポイントが何か、どこに着目して解答を作成すべきかを考えながら解きましょう。

LESSON8最もライバルに差がつく写真・グラフ問題。
他社が扱わない理由

LESSON 8では、写真・グラフ問題を扱います。対策した受験生とそうでない受験生とで最も差が出る問題です。にもかかわらず、塾や参考書でもあまり熱心には取り上げられない分野です。

また、写真・グラフ問題は、TEAPやGTEC、IELTSにおいても出題されます。基本的な書き方を学んだ上で、実際に書いてみましょう。

LESSON9ここまで来れば怖いものなし。最難関大学レベルまでカバー

LESSON 9では、和文英訳で最も難しい種類の問題に挑戦します。ここで扱う考え方や書き方をマスターすれば、もう怖いものなしです。

有名私大の和文英訳はもちろん、最難関の東大・京大で出題される和文英訳にも対応できるようになります。このレベルの問題について深く学び、しかもプロからしっかりと指導を受けられる機会はなかなかありません。

LESSON10実世界でも重要視される要約問題にもやはりコツがある

LESSON 10では、要約問題を扱います。英語での表現力に加えて、読解力や要約する力が求められる難しい問題です。話の中心(論点)は何か、それをどう表現したら分かりやすいかを考えながら解きましょう。ここでもやはり準備していない受験生では知りようがないコツを教えます。

まとめ

以上の10回のLESSONを通して、入試で頻出の英作文をすべて網羅することができ、東大・京大などの難関国立大から中堅国公立大、私大に至るまで、あらゆる大学の入試に対応できるようになります。

英作文専用のフルーツフルイングリッシュが手掛けるこの大学受験専用の講座で、英作文の力を爆発的に上げましょう!!

受講生だけに与えられる2つの特典

この講座には、学習が有意義なものにするための2つの特典を準備しました。

特典 01

質問し放題

添削結果について疑問がある場合は通常月額3,080円で提供している質問し放題オプションを開講期間中お付けします(総額9,240円相当)。確実に1回1回疑問を解消しながら先に進むことができます。
※この講座で提出した課題に対してのみ有効です。

特典 02

担当講師と直接コンタクトがとれる講座専用SNSに特別ご招待

受講生だけが参加できる講座専用SNSに特別にご招待いたします。日頃、英語について悩んでいることがあれば何でもご相談ください。また講座で配布するマニュアルについてもご質問を受け付けます。質問には担当講師が直接お答えします。すべてのやりとりは受講者全員でシェアされますので、いろんな方からの質疑応答を確認いただくことで、より学びが深まります。
※チャットに投稿された質問にはできるだけ早くお答えする予定ですがリアルタイム返信ではありませんのでご了承ください。
※この講座の学習目的から逸脱したご利用はご遠慮ください。

無料でお試し教材を体験しよう

[ 実際の教材を無料体験できます♪ ]

大学で実際に出題された過去の問題や短めのレッスン内で書き方のコツや答え方の原則などギュッと凝縮して解説。高校の英語カリキュラムに正式導入された、当教材が実際にどのような感じかぜひ無料で体験してください。

※すべてのレッスンの基盤となる『基礎編』から『レッスン@』を丸ごと!ご紹介。

先生からの推薦

Rina先生推薦!

この講座のテキストを読んで、そのクオリティの高さに感動しました。

こんなステキなテキストを作ってくれたHayato先生ってナニモノ?!

と思ったら、超優秀、予備校の先生!納得です。

 

大学受験専用パックという名前ではありますが、この講座でカバーされている内容をしっかりとマスターすれば、英検やTOEICをはじめとした各種のライティング問題に十分対応する力が身につきます。

 

基本エッセイの組み立て方、難しい表現や長い文章を楽に翻訳するコツなど、全部で10回のテキストと課題で一つ一つ丁寧にこなしていきます。

テキストでは、それぞれのタイプの問題ではどんなことが求められていて、どのようにアプローチをすればいいかが、非常に的確・詳細に説明されています。

また、テキスト終了後に取り組んでいただいた課題は、私を含めた日本人講師が毎回丁寧にアドバイスをしますので、確実にコツをつかめます。

 

文法力はあるのにエッセイ・論文などのライティングで点が取れない方は、この講座でコンパクトに英作文対策を進めましょう。

この講座で皆さんを合格に導くお手伝いをするのを楽しみにしています!

 

Rina

Hayato先生プロフィール

PROFILE

Hayato先生

Hayato先生プロフィール

予備校での指導経験も豊富で、受験英語はもちろんのこと、ネイティブが使うこなれた英語など幅広く指導することのできる講師です。丁寧でわかりやすく、次に生かせられるようなしっかりとした解説をしてくれます。
座右の銘は「楽しく生きる」です。

出身
日本
学歴
京都大学
職歴
予備校講師、翻訳者
趣味
呑み歩き

先生から一言

予備校にて、東大京大クラスから、基礎クラス、資格試験クラスまで幅広く指導しています。初心者から上級者まで、それぞれのレベルでの悩み・つまずきに応じて、丁寧な指導を心がけています。また、翻訳者としても活動中です。

まずはたくさん書くことが大切です。書く中で、自分にあったスタイル(表現方法)を見つけ、それを磨いていきましょう。

母語以外の言語を習得するのは、たいへん素晴らしく、やりがいのある経験です。英語を身につけることで、生き方・考え方の幅が広がります。

単なる語学習得ではなく、言語学習を通した「人としての成長」を感じてもらえればと思います。

サービス説明

商品名
大学受験専用英作文対策パック 応用編
添削回数
全10回(3ヶ月間)※課題には自分のペースで取り組んで頂けます。
内容
  • テキスト(全1冊)
    *教材はPDFにてご提供します
  • マンツーマン添削指導<全10回>

    レッスン1…80語程度
    レッスン2…(10〜20語)x4問程度
    レッスン3…80語程度
    レッスン4…(20〜30語)x3問程度
    レッスン5…100語程度
    レッスン6…(20〜30語)x3問程度
    レッスン7…50語程度x2問程度
    レッスン8…80語程度
    レッスン9…(20〜30語)x3問程度
    レッスン10…50〜60語
    ※課題は1課題100ワード程度になるように出題します。
    ※課題内容は予定であり変更したり、差し替える場合がございます。

  • 質問し放題オプションを無料付与
    ※月額2,800円×3ヶ月分、8,400円相当額
    ※添削結果について疑問がある個所を無制限で質問できます。
    ※当講座の課題にのみ有効です。
受講スケジュール

購入日から、120日間

2021/3/31まで
2021年度の受験生を募集中です。
※「質問し放題」特典での質問は講座開講期間中のみ受け付けます。

受講料金

受講料金 27,500円<税込>
この講座では英作文チケットは不要です。すべて受講料金内でご利用いただけます。

<お支払い回数> 以下から選んでいただけます。

【一括払い】
受講料金 27,500円<税込> x1回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時のみ

【分割払い(2回)】
受講料金 14,025円<税込> x2回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後60日ごと
※お支払い総額: 28,050円

【分割払い(4回)】
受講料金 7,150円<税込> x4回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後30日ごと
※お支払い総額: 28,600円

※分割払いの場合、途中で参加されなくなった場合でもお支払いの停止はできません。

お支払い方法

以下のお支払い方法がご利用いただけます。

  • 銀行振込
  • コンビニ
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

お申し込み方法

「この商品を購入する」ボタンを押して「入会お申し込みフォーム」に必要事項を入力してお申し込み下さい。

まず英作文対策を始めるなら!

  • 基礎編

    英作文が初めての受験生に、
    書き方の基本をレクチャー!

  • 応用編

    大学入試の出題パターンを網羅。
    志望校が絞り込めていなくても
    対策ができます。

志望校が決まったら・・・受験大学別パックを受講!

  • 東大編
  • 京大阪大編
  • 難関私立大編

クリックで各パックの紹介ページへ移動します。

「この商品を購入する」ボタンを押して「入会お申し込みフォーム」に必要事項を入力してお申し込み下さい。