英作文が3つの鉄板ルールで瞬間的に書ける実践的な方法とは

3つの鉄板ルールで
英作文が瞬間的に書ける!

実践で学ぶ!
英作文の書き方のコツ

「自分の英作文が本当に合っているか不安」「間違えるのが恥ずかしい」「自信をもって英作文を書けない」という悩みは多くの方がお持ちです。

正しく自然に英作文を書く力を身につけるためには練習の積み重ねが非常に大事です。
しかしどのように学習すればいいかを知らずに、闇雲に練習しても意味がありません。
英文添削の指導実績100万件・英文ライティングのフルーツフルイングリッシュによる英作文の書き方のコツを具体的に解説します!

英作文のコツを知ってスラスラ書ける!

まずは知っておこう

英作文がうまくなるために
必要な3つのこと

1番
重要

英作文の型を知る

英作文の型を知る

基礎や簡単なフレーズをインプットする

基礎や簡単なフレーズを
インプットする

覚えたことを必ずアウトプットする

覚えたことを
必ずアウトプットする

この3つの中でも「英作文の型を知る」のは最も重要です。
もちろん「フレーズのインプット」、「アウトプット」も重要なのですが、「英作文の型を知る」ことを抜きにして英作文は上達しません。
100語以上の文章を書く場合は、まずは型を知っておかなければなりません。
逆に言えば、その型を知っていれば型に沿って文を当てはめていくだけなので、英文を書くのは非常に楽になります。

インプットした基礎や簡単なフレーズを、型の中でアウトプットする
これを繰り返すことが、英作文がうまくなる一番良い方法です。

この1番重要な英作文の型について、次で詳しく解説していきます!

注目!英作文が
瞬間的に書けるようになる!

英作文の
”鉄板ルール”とは

いざ英作文を書き始めると…

全く進展せず停滞してしまった

英作文に悩む人

英語で悩む人

取り留めもなく色々な話題に移ってしまう

収集がつかなくなってしまった

英語学習で悩む人

などという経験はないでしょうか?

それはこのエッセイの鉄板ルールを使うことで解決します。
このルールを使うことで、もう英作文は怖くありません!
受験や入試、TOEICなどの試験などでも必ず役立つはずです。

【実践】Introduction、Body1・2、Conclusionの書き方

まずこのような課題の質問があったとします。

Question

Do you think English conversation should be taught at school? Why or why not?

「英会話を学校で教えるべきだと思いますか?なぜそう思いますか?
またはなぜそう思いませんか?」

この質問に対して、Introduction、Body1・2、Conclusionに沿って自分の意見を述べます。

英作文の鉄板ルール:1

意見を決める(Introduction)

今回の問題は「Do you think〜?」で始めまっているので「Yes」「No」で答えられますが、「Yes, I thin so.」や「No, I don’t.」だけで終わらないようにしましょう。
ライティングの力が問われている試験では

・Learning English grammar and reading is enough.
(学校で教える英語は文法とリーディングで十分である。)
・Yes, I think Learning English grammar and reading is enough.

というように、ある程度の長さがある文で答えましょう。
以下のように質問文を自分の意見に置き換えても問題ありません。

・Yes, I think English conversation should be taught at school.

自分の言葉で書くことが理想ですが、単語や文法に自信がない場合はこの方法を使いましょう。

Introductionの書き出しで良く使う表現7種類がこちらです。

  • I think〜 (〜と思います。)
  • I don’t think〜 (〜と思いません。)
  • I believe〜 (〜と思います。)
  • I agree with〜 (〜に賛成です。)
  • I don’t agree with〜 (〜に賛成しません。)
  • My opinion is〜 (私の意見は〜)
  • In my opinion, (私の意見は〜)

どのような意見を求められても、上記のフレーズで対応できるので覚えておきましょう。

英作文の鉄板ルール:2

「なぜ?」を明示し
理由を2つは書く(Body1,2)

これは日本語でもそうですが、自分の意見の根拠となる理由が多ければ多いほど筋の立った文が書けます。そのため理由を2つ書きます。

  1. 理由:1

    First of all, English is not the only important subject taught at school. (まず、学校で習う教科として大事なのは英語だけではない。)
  2. 理由:2

    Second, not everybody needs to speak English. Some just require a knowledge of how to read and write it. (誰もが英語を話す必要がある訳ではない。知識だけあればいい人もいる。)

もしも『理由が1つしか思い浮かばない!』と言うときは、その理由の掘り下げをしたり、 具体例を書いてみましょう。

  1. 理由1の
    掘り下げ

    Students who are good at English but not good at math at all will have trouble shopping in the future. (英語は得意だが算数は全くできないという生徒は、将来ショッピングで困ることになる。)
  2. 理由2の例
    を挙げる

    For example, a person who graduates with a degree in agriculture and farms his own land may not need to speak English. (例えば、農学部を卒業して自分の土地で農業をする人は、英語を話す必要はないかもしれない。)

ここでは掘り下げ内容、例の内容を長めの一文で書いていますが、
短文で2文以上になっても問題ありません。

基本は「Introduction」の根拠となる理由を2つ書きます。
2つ思い浮かばない時は掘り下げや例を書くと覚えておきましょう。

Body1の書き出しでよく使う表現4つがこちらです。

  • First of all, (まず初めに、)
  • Firstly, (初めに、)
  • In the first place, (そもそも、)
  • Presently, (現在、)

Body2(2つめの理由の場合)の書き出しでよく使う表現7つがこちらです。

  • Second, (2つ目に、)
  • Secondly, (2つ目に、)
  • Next, (次に、)
  • In addition, (加えて、)
  • Additionally, (加えて、)
  • Moreover, (さらに、)
  • Since then, (それから、)

Body2(掘り下げや具体例の場合)の書き出しでよく使う表現4つがこちらです。

  • If〜 (もし〜なら)
  • For example, (例えば、)
  • For instance, (例えば、)
  • そのまま文を書き始める

Body2で掘り下げや具体例を書く場合は「If〜」などを使いますが、
無理に使わなくても良いです。
「If」などが無い方が文の流が自然であれば、そのまま文を書き始めましょう。

英作文の鉄板ルール:3

「結論」で締めくくる(Conclusion)

最後に結論で締めくくります。
Aで理由を述べて自分の意見に根拠を持たせ、最後に再び自分の意見を伝える形にします。

先ほどの例文の続きで結論を書いてみます。

  1. 結論:

    In conclusion, no English conversation classes are necessary at public school. If students wish to study English conversation, they should attend a conversation school in their own time. (結論として、英会話の授業は公立学校ではいらない。英会話を習いたいなら個人でやるべき。)

結論で書く内容は、@(Introduction)で書いた自分の意見の言い換えであったり、どうすべきかの具体的な考えを書きます。

In conclusion, no English conversation classes are necessary at public school.

@Introductionでは「Learning English grammar and reading is enough.」と書き、この言い換え表現として「no English conversation classes are necessary at public school.」を書いています。
言い換え表現を見つけるには、@Introductionで書いた意見を「つまり、どういうことか?」と考えると良いでしょう。(これも頑張ってイメージや英語で考えます。)

「学校で教える英語は文法とリーディングで十分で ある。」
↓ つまり ↓
「英会話の授業は公立学校ではいらない。」

結論を書く時のによく使う言葉6つはこちらです。

  • In conclusion, (結論として、)
  • Consequently, (結果として、)
  • For the reasons above, (上記の理由から、)
  • In short, (要するに、)
  • To sum up, (要するに、)
  • As a result, (結果的に、)

それでは、ここまでの例文の内容をまとめてみましょう!

ここまでの例文まとめ 1

Do you think English conversation should be taught at school? Why or why not?

「英会話を学校で教えるべきだと思いますか?なぜそう思いますか?
またはなぜそう思いませんか?」

- Opinion -

Learning English grammar and reading is enough.

First of all, English is not the only important subject taught at school.

Second, not everybody needs to speak English.
Some just require a knowledge of how to read and write it.

In conclusion, no English conversation classes are necessary at public school.
If students wish to study English conversation,
they should attend a conversation school in their own time.

(単語数:67語)

こちらはBody1,2に掘り下げや具体例も入れたバージョンです▼

ここまでの例文まとめ 2

Do you think English conversation should be taught at school? Why or why not?

「英会話を学校で教えるべきだと思いますか?なぜそう思いますか?
またはなぜそう思いませんか?」

- Opinion -

Learning English grammar and reading is enough.
First of all, English is not the only important subject taught at school.
Students who are good at English but not good at math at all will have trouble shopping in the future.

Second, not everybody needs to speak English. Some just require a knowledge of how to read and write it. For example, a person who graduates with a degree in agriculture and farms his own land may not need to speak English.

In conclusion, no English conversation classes are necessary at public school. If students wish to study English conversation, they should attend a conversation school in their own time.

(単語数:109語)

英作文の鉄板ルール:まとめ

【エッセイ編】
英作文の型まとめ

エッセイ形式では、以下の型で書きます。

  1. 1. 意見を決める(Introduction)
  2. 2. 「なぜ?」を明示し理由を2つは書く(Body1・2)
  3. 3. 「結論」で締めくくる(Conclusion)

「@ Introduction」、「A Body1・2」、「B Conclusion」ごとに、よくある書き出しを使いましょう。
そうすることで「何を書いたら良いのか」が明確になり、文章を書くスピードも上がります。
繰り返しますが、この型は意見を述べる形式の英作文でものすごく役に立ちます。
なので、英検やTOEICなどのライティング試験で合格を掴むためには、まずはこのエッセイの型をきちんと学ぶことからスタートしましょう。

スピードライティング練習帳

今回ご紹介した英作文の書き方の構成など もっと詳しく知りたい方はこちらの「スピードライティング練習帳」が おすすめです!

詳しくはこちら

自分の書いた英作文が
正しいかどうか
知りたいときは

正しい英作文

いざ英作文を書き終えてみても、これが本当に正しいかどうか、誰かにチェックして欲しいと 思うことはありませんか?しかし、英会話の講師、塾の講師、英語の堪能な上司、ネイティブの友人などがいたとしてもなかなか頻繁には頼みづらいものです。

そこでオススメなのが、「英文添削サービス」です!

プロの講師によって、あなたの書いた英作文の何をどう直せばいいかを全部教えてもらえます。
英語の正しさを、丁寧に、正確に、細かいところまで判断してくれる機会はなかなかありません。

英会話レッスンのように、何を指摘されたか、忘れてしまうこともありません。
文章の形で全て残るからです。
そのため何度でも復習することができます。
添削結果がたまれば、それだけであなた専用の教科書ができるようなものです。
この英文添削学習を繰り返せば、英作文にどんどん自信がついてきます。

フルーツフルイングリッシュで
英文添削を始めませんか?

添削指導実績累計100万件以上

フルーツフルイングリッシュは2013年に日本e-Learning大賞 英語ライティング部門賞を受賞し、現在、指導実績は100万件を突破しています!
また、講師の採用率は平均3%!
ネイティブ講師・日本人講師ともに指導経験豊富かつ、現役のプロ翻訳家・通訳者など世界中で活躍している英語のプロたちがそろっています。
クオリティの高い添削を行うだけでなく、ご利用者様が正しい英語を身につけるまで丁寧に指導・サポートをします。
まずは、無料お試しチケットを使って英作文を書いて添削を受けてみませんか?
経験豊富な講師たちがあなたの英語を丁寧に添削します。

今すぐ、無料で英作文の
添削をお試しください!

当社人気No,1

無料

お試し添削チケット×2

日常・ビジネスシーンはもちろん、英検・受験などの試験対策や翻訳校正まで幅広く対応。あなたのも目的・課題に合わせてご使用ください。

\フルーツフルイングリッシュで
出来る英作文は?/

英作文の種類について

「英作文」とは字のとおり「英語で文章を作成すること」です。
フルーツフルイングリッシュではいくつかのパターンの英作文ができます。

自由英作文

自由英作文

あるテーマに沿って自由に英作文をすることができます。もちろんご自身でテーマを決めてもOK。自己紹介文や与えられたテーマに対して自由に書いていただけます。

日英翻訳課題

日英翻訳課題

人気順、カテゴリ順、一行英作文など様々なジャンルから課題が選べます。たとえば「私は○○企業のxxx社で働いています。」を “I work for xxx, a ○○ company.” のように日本語から英語に英作文するものです。

豊富なカテゴリから選べる!
スタンダード

スタンダード

与えられた日本語課題文を英作文して添削

一行英作文

一行英作文

一行のショートセンテンスを英作文して添削

文法

文法

与えられた日本語課題文を英作文して添削

自由作文・テーマ作文

自由作文・テーマ作文

一行のショートセンテンスを英作文して添削

ビジネス英語

ビジネス

与えられた日本語課題文を英作文して添削

受験英作文対策

受験英作文対策

一行のショートセンテンスを英作文して添削

論文・試験対策

論文・試験対策

与えられた日本語課題文を英作文して添削

校正・翻訳

校正・翻訳

一行のショートセンテンスを英作文して添削

この他にもある、英作文の種類

日記添削
日記添削

ある程度英語を書ける方が、たくさん練習してたくさん英作文の添削指導をしてもらうためのサービス。日記以外を書いてもOK!

メール添削
メール添削

英語でメールする相手と状況にぴったりの英語表現を指導してほしい方にオススメのサービス。
先生をメル友に見立てて安心してメール交換&メール添削。

写真添削
写真添削

好きな写真を選んで情景を英語で説明して瞬間的な英語アウトプット力を高める添削サービス。ワンパターンになりがちな英語表現にバリエーションが出ます。

今すぐ、無料で英作文の
添削をお試しください!

当社人気No,1

無料

お試し添削チケット×2

日常・ビジネスシーンはもちろん、英検・受験などの試験対策や翻訳校正まで幅広く対応。あなたのも目的・課題に合わせてご使用ください。