担当カリキュラム一覧

Makoto先生の
担当カリキュラム一覧

image

文法と語彙の強化(必須Stage)

自分は盤石な土台の上に立っている、という揺るぎない自信があってこそ最初の一歩が 踏み出せるのです。何度でも足踏みをして確かめながら基礎を固めていきましょう。

下記文章を訳してみてください。

I think that that that that that boy wrote is wrong.

誤植と思われましたか?いえ、違います。

「私は あの少年が書いたあの"that"は間違っていると思う。」という意味になる立派な英文です。

解体して1つ1つ理解してみましょう。

@I think that Athat that Bthat Cthat boy wrote is wrong.

@I think that〜「私は〜と思う」
Athat THAT「あのTHAT」←Bthat(which)Cthat boy wrote「あの男の子が書いた」is wrong.「のは間違いだ」

文法を説明すると;
I think [that節(接続詞)] [that that(指示代名詞「あの」"that")] [that(=which)関係代名詞] [that「あの)」boy] wrote is wrong.

ここまではどこかで目にしてご存知の方も多いかと思いますが、上記文章中thatの用法としてひとつだけ使われていないものがあります。
「とても・それほど」という意味を持つ副詞としての用法です。

He is that smart!「かれはそんなに賢いんだ!」というように使います。
具体的な程度を指して、形容詞や副詞を修飾します。

例えば;
I didn't think the food there was that good.
「あそこの料理はそんなに美味しくなかったな」

I hope she will be that nice.
「彼女がそれほどいい人だといいな」

He is really that good!
「彼って本当にそんなに素晴らしいんだ!」

うっかり関係代名詞かな?接続詞かな?何かの省略?同格?なんて思ってしまいがちですが、後ろにSもVもなく、形容詞が続くことから判断できます。

多彩な英語表現には豊かな文法知識が必須です。この3カ月間のユニットでは、本物の英語運用力を身につけるために、語彙と文法を徹底的にやりなおし、またより深く掘り下げていきます。

教材例

  • 「高校英語やりなおし講座」→
    「やり直し英文法特別講座」

    完全に理解できるまで丁寧におさらいします。

  • 「Sonja先生の例文を使って文法・語彙をマスターしよう!」
    「Erii先生とTobbyの英語構文100マスターブック&アプリ」

    自動化=学んだ知識を刷り込んでいきます。

STAGE2ピース

長文読解ユニット

プロが書いた文章を徹底的に理解し、その手法を学びます。
また同時に、吸収(インプット=読解)した英文を再現(アウトプット=音読・暗唱)していくことにより、英語回路を開通させていきます。のちに続く英会話、英語ライティングを意のままにするために必要な基礎トレーニングとなります。

このユニットでは音読に力を入れていきます。読解なのに音読?と思われましたか?

第二言語は実は頭のなかでブツブツと音読している、ということが証明されています。
このプロセス抜きでは先へは進めません。

そして、効率よく、また正確に読み解いていくためには、英文のルールを知っておくこと、またそれにのっとって情報を適切に処理するテクニックが必要です。

<構造理解>
英文は大きく、Introduction, Body, Conclusionの3部構成となっています。また、この3部それぞれの中で系統立った論理展開がなされます。

<重要ポイントワード>
論理展開に使われる、特定の単語やフレーズを学びます。これを知っておくことが英会話の話者や、その文章を書いた著者の伝えたいことを理解するヒントです。

<スラッシュリーディング>
英文を単語の羅列として捉えるのではなく、いくつかの単語のかたまりとして捉えます。
これらを文型に従って組み立てることによって、返り読みを防ぎ、英文を英語の成り立ちそのままの順序で読み解くことに役立てます。

<スキャニング>
大量のアルファベットや数字の中から、必要な文字だけをパパっと見つける練習です。社名や人名、数字、あるいはmergeやpaymentなどの事象、目的とする情報をピンポイントで素早く文中から見つけ出すことができるようになります。大量の資料から必要な情報だけをピックアップしたり、「あれ?これ、どっかに書いてあったよな?」というような時に文章を読み返す労力を軽減することまでできます。またこのスキルは当然仕事のスピードアップにも直結します。たくさんの資料を調査しないといけない方にはぜひ実装してほしいスキルの一つです。

<キーワード>
文章のテーマ、鍵となる言葉をマークしながら読み進めていくことで、集中力を保ち、ぶれることなく内容が理解できるようになります。

<スキミング>
重要ポイントワードやキーワードに着目して、大筋を読み取るテクニックです。これらを十分に習得しつつ、また内容理解を伴う音読速度を上げていくことによって読解速度を劇的に向上させていきます。

教材例

  • 「読解力トレーニング講座」

    読解のコツを全て教えます。

  • 「はっきり聞こえる英語耳サプリ」

    インプットとアウトプットを積極的に併用することで英語回路をさらに活性化していきます。
    スクリプトの書き起こし=ディクテーションをしたあと、「読解力トレーニング講座」で学んだ読解力を応用して精読します。内容理解が完璧になったところでアウトプットのシュミレーションとなるオーバーラッピング、シャドーイングで耳を開くトレーニングをしながら、脳内での意味処理とアウトプットを合致させてスピーキングの準備段階に入ります。

STAGE2ピース

長文読解 上級編ユニット

このユニットを学び終えると、込み入った文章、文芸表現なども理解できるようになります。そのため、このユニットでは、実際に本を一緒に読み込みます。大好きな作家の本、興味深い本を徹底的に読解し、作者の伝えたいことを隈なくくみ取っていきます。

多くの英語学習者が原書の意味は取れても作品を楽しめないという悩みを持っています。このユニットでは、以下のような練習を通じて、作品の楽しさを読み取る読書術を習得します。

ミステリーがお好きなら :
A policeman was walking on the street. (情景が目に浮かびますね。) It was nearly ten o’clock at night.(時刻に触れていることには意味があるのでしょうか?) When he came to a doorway, he suddenly stopped. A man was standing there(あやしい男の登場です) with an unlighted cigar in his mouth.
“It’s all right, officer,” said the man quickly.(なぜquicklyなのでしょう?) “I’m just waiting for a friend. It’s a promise made twenty years ago.” He struck a match to light his cigar. The light showed a pale face with sharp eyes. “Twenty years ago tonight,” he said and looked at a fine watch that was shining on his wrist. “I parted from an old friend, Jimmy Wells(わざわざ名前を言っているのはなぜでしょう?) I went to the West to make money, and Jimmy stayed here in New York. We promised we would meet here again just twenty years from that date and time.”(なるほど、同じ日の、同じ時刻というところにポイントがあるかも知れません)
“Well, I hope your friend will get here all right,” said the policeman, and walked away slowly.(なぜslowlyなのでしょう?) After a while, a tall man came along. “Is that you, Bob?” he said. “Is that you, Jimmy?” cried the man in the door, and he took the hands of the tall man. “You look good. How was the west?” said the tall man. “Great! I have got everything that I wanted. You’ve changed a lot, Jimmy. I never thought you were so tall.” “Well, let’s go somewhere and talk about old times.” When they came to the bright window of a store, they looked at each other. “You’re not Jimmy!” cried the man from the West. “Twenty years is a long time, but it can’t change a man’s nose.” “It sometimes changes a good man into a bad one,” said the tall man. “You are wanted by the police.(なるほど、これでA manが落ち着かなかった=quickly理由が分かりました) Before we go to the station, here’s a note Patrolman Wells(Wells、ここで、「あっ!」と気付きましたか?) wrote.”
>Bob: I was at the right place on time.(そう、時間に間に合っていたのです) When I knew that you were wanted, I couldn’t do it myself. (slowlyのわけがわかりましたね) –Jimmy

最後のメッセージを効果的に演出するために、いたるところにヒントが散りばめられているのがわかりますか?

筆者が読者に対してどのような効果を期待し、どのような手法を使っているのかを分析することによって、理解がより深まります。このように、長文を楽しく理解してストーリーを読み取る極意を学んでいきましょう。

教材例

  • 本の熟読

    このStageでは実際に生徒さんと講師が厳選した本を使用し、一緒に切磋琢磨しながら熟読していきます。

STAGE2ピース

英作文基礎ユニット

説得力のある文章を書けるようにするための学習ユニットです。文法課題やビジネス課題も取り入れながら、使えていない文法項目を洗い出し、復習しながら着実に実力をUPし、分かりやすく自然なスタイルの長文が書けるように導きます。気に入った新聞記事や小話など、日本語を自然な英語に書き起こす練習とフィードバックを通じて学び進めるライティング能力強化ユニットです。

下記文章を英作文してみましょう。

「最初に告白しなければなりません。」
Firstly, I need to make a confession.

>need toという表現を思いつきましたか?

「20年ほど前にした あることを 私は後悔しています。」
A little over 20 years ago I did something that I regret,

>I did something that I regret.という表現を導き出すことができましたか?

「あまり自慢できないようなことを してしまいました。そのことは、多くの意味で、誰にも知られたくないと思うようなことです。それでも明かさなければならないように感じています。」
I have done something that I'm not particularly proud of. Something that, in many ways, I wish no one would ever know, but I still feel kind of obliged to reveal.

>あまり自慢できない、をどのように表現しますか?
>「そのことは、」の「そのこと」を前文と関連付ける表現ができましたか?
>「それでも」、「ならない」、などのニュアンスを上手に表現できましたか?

ひとえに自然な英語といわれてもとても難しいですね。

日本語と英語ではアプローチが違います。中学高校で学んできた、日本語を英語に訳す、という作業に囚われず、しっかりと自分の中にその日本語を取り込んで、消化してから、英語という違う形態の言語として表現しなおすことができるだけの文法力、語彙力を培います。

教材例

  • 「添削課題」

    1行翻訳ではLV5をmustとします。文法課題やビジネス課題も取り入れながら、使えていない文法項目を洗い出し、復習しながら着実に実力をUPし、長文へと導きます。
    「冠詞攻略講座」「時制攻略講座」「前置詞攻略講座」「関係代名詞特別講座」「助動詞攻略講座」や「復習ドリル」を効率的に活用できるよう、添削結果をチューターがしっかりとモニターします。
    徐々に自由作文で説得力のある文章を書けるように指導していきます。

  • 「「表現バリエーション強化講座」
    「表現バリエーション強化講座ver2」

    日本語から自分が感じ取った理解をどのように英語で表現するのが最も適切か、表現バリエーションを学びます。

STAGE2ピース

英会話・プレゼンテーション強化ユニット

速攻力とプレゼン力を培い、プレゼンテーション会場や、シンポジウムなどで堂々と発言することができるようになります。

“How do you explain when things don't go as we assume?”
「物事がうまく行かなかったときに それをどう説明しますか?」

これはサイモン・シネックによる「優れたリーダーはどのように行動を促すか」というプレゼンの冒頭部分です。

冒頭で疑問を投げかけることで、視聴者の注意を喚起しています。
これが会話でしたら :
“Ah…you know, ah, well, I think I might look back on things that I probably didn’t do properly…”
「あー、えーっと、その、そうですね、たぶんきちんとやらなかったことを振り返ってみるんじゃないかと思いますが…」などと恐ろしく歯切れの悪い返答であっても即座に返さなければなりません。

サイモンは冒頭でもう一つ質問を重ねています。
“Or better, how do you explain when others are able to achieve things that seem to defy all of the assumptions?”
「あるいは常識を全てひっくり返すようなことを 誰かが成し遂げたときに それをどう説明しますか?」

“Well, I will try to find something new and different that they might have done. For example〜”
「そうですね、彼らがやったであろう何か新しくて違うものを探します。例えば〜」

このように、次々と持論を展開していきたいものですね。

サイモンは、
“For example: Why is Apple so innovative? Year after year, after year, after year, they're more innovative than all their competition.”
「例えば どうしてアップルはあれほど革新的なのか? 毎年毎年 他の競合のどこよりも 革新的であり続けているのです。」

と続けることによって、効果的なプレゼンを行っています。
このように、会話力とプレゼンテーションは密接な関係にあります。両方を鍛える形でアウトプット力を圧倒的に強化していきましょう。

教材例

  • 「トランスクライブ英会話サービス フルフル」

    講師との会話という形で、あなたの実際のスピーチに対する講師からの意見を聞ける貴重な機会です。会話は書き起こされますので、不自然なところ、もっと優れた言い回しなどをしっかり復習することができます。

  • 「英語で!プレゼンテーションキャンプ−オンライン版−」

    華麗なるプレゼンテーションの極意を学びます。

STAGE2ピース

感動スピーチユニット

英語の弁論大会などで自分の心の声を正確、かつ効果的に訴えることができるようになります。

-- they have a strong sense of love and belonging
愛情や一体感を強く感じる人がいます。

(うらやましいな)

-- and folks who struggle for it, and folks who are always wondering if they're good enough.
そしてまた、それに苦しんだり 自分はこれでいいんだろうか と悩んだりする人がいます

(そうなんだよね)

There was only one variable that separated the people who have a strong sense of love and belonging and the people who really struggle for it.
愛情や共感を強く感じる人と それを得るために苦しむ人とは あるひとつの点で 違っていました それはこういうことです

(ぜひ知りたい)

And that was, the people who have a strong sense of love and belonging believe they're worthy of love and belonging.
深い愛情や一体感を感じる人は 自分が愛されるに値すると信じているのです

(あっ)

That's it.
それが違いなのです

They believe they're worthy.
自分には価値があると信じているのです

(そうかあ)
And to me, the hard part of the one thing that keeps us out of connection is our fear that we're not worthy of connection,
私が考えるに、人との関係を断たれる辛い部分とは、 自分が関係性を持つのに値しないという恐れです

上記はブレネー・ブラウンの「傷つく心の力」というスピーチの一部ですが、とても考えさせられますね。

( )で聴衆の気持ちを例えてみましたが、このように相手の気持ちに訴えるには、高い文章構成力が求められます。読解力、会話力を身に付けると同時に、発音に磨きをかけ、自信を持って、聴衆との一体感をぜひとも感じられるスピーチを実現させられるよう指導します。

教材例

  • 「長文読解トレーニング講座」

    基本的な文章の成り立ち、効果的な文章の組み立てた方を学びます。

  • 「発音添削サービス」

    説得力あるスピーチは聞き取りやすくなければなりません。 しっかり発音矯正しましょう。

  • 「オンライン英会話サービスふるふる」

    講師と会話しながら、どのような言い回しがインパクトをあたえることができるのか、どのように文章を組み立てると相手に分かりやすいのかを学びます。

  • 「英語で!プレゼンテーションキャンプ−オンライン版−」

    感動的なスピーチには立ち居振る舞いも大切です。マナーも身に付けていきましょう。

STAGE2ピース

表現スキルアップWritingユニット

自分の考え、気持ちを正確に文章で表現できるようになります。

例えば、墨絵を嗜む方が「余白の美」を表現したい場合、どのような表現が相応しいでしょうか。

余白を辞書で引くと、blankと出てきます。
でも、墨絵で注意深くバランスを考え、絵の一部として作られた余白とは、意図して残された空間であり、何も書き込まれていない、という意味のempty spaceやblank spaceではないのではないでしょうか。

英英辞典を見てみましょう
‘empty : Devoid of content; containing nothing or nobody; vacant.
‘blank : (of a surface or background) unrelieved by decorative or other features; bare, empty, or plain.

やはりこれは少し違いますね、ここは、即物的に「何もない部分」と表現するのではなく、もっと抒情的で雰囲気のある言葉を使う方が合っていると思います。

ここでの余白とは、….the ethereal beauty of the space that exists in the work….というような意味合いではないでしょうか。

It is an exciting moment to make a decision on where to place the first stroke in order to make the ethereal beauty of the space in the work.
「余白の美(作品の空間のえもいわれぬ美しさ)を描くために、最初の一筆をどこに置くかを決めるのはわくわくする瞬間です」。

このように、できるだけ自分の表現したいことを的確に、言葉を選んで表現していく、上級のライティングスキルを身に付けていきます。

教材例

  • 「スタイルアップブック」

    まずはエラーを減らしましょう。

  • 「Erii先生とTobbyの表現バリエーション強化講座」

    日本語から自分が感じ取った理解をどのように英語で表現するのが最も適切か、表現バリエーションを学びます。

  • 「Nic先生の英語Misconception克服講座」

    英語の視点から、それぞれの言葉の持つ概念を正確に捉えていきます。いいたいことを的確に表現していきましょう。

  • 「英語脳養成講座」

    英語は日本語とはアプローチが違います。より英語らしい英語を話せるように英語脳を養成しましょう。

  • 「続・英語脳定着講座」

    練習問題をたくさんこなしつつ、英語脳にさらに磨きをかけていきます。

  • 「自由課題添削」

    週単位で語彙・文法のテーマを講師と共に設定し、それらを正確に使えるようにしていきます。

STAGE2ピース

表現スキルアップ Speakingユニット 

自分の考え、気持ちをリアルタイムで正確に伝えられるようになります。そうリアルタイムに。

「何言ってるかよくわかんないんだけど、どうしよう?」
というシチュエーションに陥ったことはありませんか?

相手は熱弁をふるっています。
さあ、どう切り出しましょうか:

“Sorry to interrupt you, but I don't quite understand what you are saying I’m afraid.”
「さえぎってごめんなさい、申し訳ございませんがおっしゃる意味がよくわかりません」

Excuse me to cut in, but I have to say that I'm not with you.
「言葉をさしはさんで申し訳ございません、心苦しいのですがお話についていけていません」

もう一度説明してもらいたいことを伝えるには:

Would you mind explaining it again?
「もう一度説明していただけませんでしょうか?」

I’d very much appreciate if you could slow down a little.
「もう少しゆっくり話していただけると助かります」

このように、相手に失礼の無いように何かを切り出したい、あるいは何かウィットに富んだコメントをしたい、など、その時々の状況に応じて適切な受け答えが瞬時にできるように、多様な表現方法を習得します。

教材例

  • 「英単語使い分け講座」「英単語使い分け講座2」

    使おうとしている単語は適切でしょうか?同じような意味の単語でも使い方が異なります。使いこなしていきましょう。

  • 「Mayuko先生のこれって、英語で何て言うの?」

    日本語を英語にするためには、ドンピシャリの単語を使うだけでは十分ではありません。英語として自然な言い回しをすることによって、日本語の意味を表現できることもあります。多様な表現を使いこなせるようにしましょう。

  • 「英語脳養成講座」

    英語は日本語とはアプローチが違います。より英語らしい英語を話せるように英語脳を養成しましょう。

  • 「発音添削サービス」

    発音に磨きをかけましょう。

  • 「トランスクライブオンライン英会話サービス フルフル」

    講師と会話しながら、どのような言い回しがインパクトをあたえることができるのか、どのように文章を組み立てると相手に分かりやすいのかを学びます。

 スティーブ・ジョブズ編

STAGE1を終えたら、あなたのゴールに合わせて
講師が用意した専用カリキュラムを
3ヶ月単位でこなしていきます。
ゴールによって内容は様々なので、
ここではカリキュラムのとある一例をご紹介します。

ゴール設定例:目指すのは「スティーブ・ジョブズ」編
大まかなゴールまでの流れ
ゴール設定例:目指すのは「スティーブ・ジョブズ」編
STAGE 2 長文読解

プロが書いた文章を徹底的に理解し、その手法を学びましょう。
また同時に、吸収(インプット=読解)した英文を再現(アウトプット=音読・暗唱)していくことにより、
英語回路を開通させていきます。

  • 読解力トレーニング講座

    はっきり聞こえる英語耳サプリ

  • 使用するフルーツフルイングリッシュの教材
    「読解力トレーニング講座」&「はっきり聞こえる英語耳サプリ」

    「読解力トレーニング講座」で、読解のコツを全て教えます。 「はっきり聞こえる英語耳サプリ」では、インプットとアウトプットを積極的に併用することで英語回路をさらに活性化していきます。スクリプトの書き起こし=ディクテーションをしたあと、「読解力トレーニング講座」で学んだ読解力を応用して精読します。内容理解が完璧になったところでアウトプットのシュミレーションとなるオーバーラッピング、シャドーイングで耳を開くトレーニングをしながら、脳内での意味処理とアウトプットを合致させてスピーキングの準備段階に入ります。

※使う教材は例で、個人個人に最適なものを一緒に選択していきます。

STAGE 3 英作文・発音矯正

文章を理解し、聞けるようになったら、今度はあなたから発信する時です。いよいよ文章を作っていきましょう。

  • James先生の発音添削サービス

    はっきり聞こえる英語耳サプリ

  • 使用するフルーツフルイングリッシュの教材
    「添削課題」&「発音添削サービス」&「はっきり聞こえる英語耳サプリ」

    「添削課題」の1行翻訳ではLV5をmustとします。 文法課題やビジネス課題も取り入れながら、使えていない文法項目を洗い出し、復習しながら着実に実力をUPし、長文へと導きます。「冠詞攻略講座」「時制攻略講座」「前置詞攻略講座」「関係代名詞特別講座」「助動詞攻略講座」や「復習ドリル」を効率的に活用できるよう、添削結果をチューターがしっかりとモニターします。徐々に自由作文で説得力のある文章を書けるように指導していきます。

    「発音添削サービス」では、せっかく作った原稿をかっこよく読み上げたいという憧れを実現させます。この講座で発音に磨きを掛けましょう。

    「はっきり聞こえる英語耳サプリ」で、Stage2から引き続き英語に触れる(読む・聴く)絶対量を確保します。

※使う教材は例で、個人個人に最適なものを一緒に選択していきます。

STAGE 4 英会話・プレゼンテーション

最後の仕上げです。
あなたの英語の総力をリアルタイムで応用できるよう、実戦トレーニングの始まりです。

  • オンライン英会話フルフル

    はっきり聞こえる英語耳サプリ

  • 使用するフルーツフルイングリッシュの教材
    「オンライン英会話サービス フルフル」&「英語で!プレゼンテーションキャンプ−オンライン版−」

    「オンライン英会話サービス フルフル」では、講師との会話という形で、あなたの実際のスピーチに対する講師からの意見を聞ける貴重な機会です。会話は書き起こされますので、不自然なところ、もっと優れた言い回しなどをしっかり復習することができます。

    さあ、スティーブ・ジョブズ氏はすぐそこです!
    「英語で!プレゼンテーションキャンプ−オンライン版−」では、端正込めて練り上げたあなた自身の心の声を、華麗に披露するための極意を体得しましょう!

※使う教材は例で、個人個人に最適なものを一緒に選択していきます。

目指したスティーブ・ジョブズへの高みへ!受講前のあなたと比べてどうなったか、講師と確認しましょう!

※各ステージの終わりには、マスターマインドグループ全員で成果発表会があります。
周囲の成長を目の当たりにしながらあなたも負けないように頑張れるようになります。

お客様の声

受講者

I.Rさん

こちらの講座を受けることにしたきっかけ、理由をおきかせいただけますか?

これまで仕事上の必要に迫られて英会話レッスンなどに行ってきましたが、大きな成果は得られなかったことがあります。
恐らく、正確に自分の弱点を評価し、正しいやり方で学習を進めないと難しいと思っていました。そこにちょうど現れたのがこの講座でした。
実は、来年定年を迎えるような歳なので、どうしようかとも思ってはいたのですが、今後の人生何があるかわかりませんし、やってみようと思ったことも理由の一つです。

お仕事や英語を使う場面で、講座の内容がどのように役立ったか教えてください。

目標として、自分の言いたいことを英語で明確に伝え、ディスカッションできるようになると考えていましたが、そこまでには距離はあるものの、以前に比べると意思の疎通はよくなったと感じています。
以前は、英語に対するコンプレックスが強かったことがあり、それが話すことを抑え、成長の妨げになっていたと思うのですが、その点が改善されてきたように感じています。

講座に関するご感想をご自由にお聞かせください。

講座を開始して間もなく仕事が忙しくなってしまったのですが、やれば自分の弱点がはっきりする、自分用の改善プランを提案してもらえる、わからないことはいつでも質問できることなど、毎日継続する仕組みがあり、個人的にとてもモチベーションアップにつながったと思っています。

この講座はどういった方にお勧めしたいですか?

どうすれば自分自身の英語力アップにつながるか、不安のある方でしょうか。

受講者

O.Yさん

こちらの講座を受けることにしたきっかけ、理由をおきかせいただけますか?

1年半イギリスに語学留学経験が有り、その後も普段から英語を仕事で使っているので、それなりに英語を使えていました。
ただ英語を使えているからこそ普段からそこまで困っていることは無く、逆に自分の英語力を今後どう高めれば良いのかに悩んでいました。
その時に見つけたのがサミットでした。
再度海外留学するつもりで1年間やってみようと決めましたが、もし、だめなら3ヶ月で辞めれば良いし位の軽い気持ちではじめました。

お仕事や英語を使う場面で、講座の内容がどのように役立ったか教えてください。

英語は聞くほうが楽で英文を読むのが苦手だったのですが、読解力トレーニングや構文解析トレーニングで英文を楽に読めるようになりました。
また、仕事で英語を使ってオンラインテキストチャットをする機会が多いのですが、その時に今まで自分で使っていなかった表現を使っていたり、説明するのが楽になってると感じました。
あと、そのチャット相手がノンネイティブなので、逆に相手のミスが気になったりもしました。。。

講座に関するご感想をご自由にお聞かせください。

好きな講座を自分の好きなスピードでこなしていけるのが一番助かりました。
普段、FEの講座は6ヶ月で1つの講座をやると思います。そうなると2週間に1回しか課題の提出が出来ない為、集中して勉強したいのに次の課題を待たなくてはいけなく、モチベーションが続かないことが結構ありました。それを自由にコントロールできるのが一番良かったです。
また、テキストの内容で理解出来ない箇所があった場合に随時まこと先生に相談でき、学習を止めることなく進めて行けたのもとても助かったポイントです。

この講座はどういった方にお勧めしたいですか?

英語初心者で集中的に英語力をアップさせたい人にもお勧めですが、自分の経験からいくと現時点である程度英語が使えているが、次の高い壁を超えたいという人にお勧めします。

Summit 商品詳細

Summit 商品詳細

商品名

Summit コーチング講師I.Makoto先生

内容
  • 個別面談と、学力診断
  • 3カ月のコーチングプログラム
料金

個別面談・学力診断費用とサミット本体の受講料の2つのお支払いが必要です。

デポジット 5,500円(税込み) 

個別面談・学力診断(1時間半〜30分)を受けるための受講料としてデポジットが必要です。
受講を決定された場合、この受講料は返金されます(サミットで必要な受講料と清算させていただきます)。

 

サミット本体受講料

個別面談・学力診断が終了した1週間以内に、サミットプログラム本体へのお申し込みフォームをご案内しますので決済の上、お手続きください
※サミット本体に参加されない場合、個別面談・学力診断料は返金できませんが、自分の実力を正しく知る指針となりますので、お役立て下さい。


 <お支払い回数> 
以下から選んでいただけます。
一括払い〜4回払いで選択していただけます。
目安の受講料は月額7万円〜10万円程度です。ただし、特殊なメンバーシップに参加されている方は、当社の利用状況によって優遇価格が適用される場合が御座います。

定員

募集枠:3名様程度
※定員になり次第締め切ります。

お申し込み期間

2021/10/23(土)〜2021/10/29(金)までの7日間

個別面談・学力診断

お申し込み後、予約画面から、講師の空き時間のなかから、空いている時間を予約してSkype予約を取って、個別面談実施をお願いします。

※期限を過ぎるとご利用頂けません。
※予約後に、時間帯などの変更を希望される場合は、48時間以内にお手続きください。それ以外の変更は承れません。
※サミットプログラム本体のお申し込みは、個別面談が終了した方から可能となり、先着順でご用意した枠が埋まり次第募集終了となります。ご予約いただいた面談日前に、サミット本体の募集が終了となる場合もありますので、あらかじめご承知おきください。
※面談は2時間程度を予定しております。今期の面談は主に平日9:30〜14:00の設定となります。あらかじめご了承ください。
面談期間

2021/10/25(月)〜2021/10/31(日) ※購入後、面談を予約して下さい
※本体プログラム「サミット」に参加決定される場合は、面談後、開始日を30日以内で設定していただけますが、それ以降のスタートは承れません。

必要なもの
  • サミット講師とのSkypeミーティングが週に1回ございます。Skypeをご準備ください。
  • メールでのご連絡が頻繁に発生します。メールでのご連絡が可能な環境をご準備ください。
I.Makoto先生のサミット
「個別面談・学力診断」に申し込む

※「個別面談・学力診断」にお申し込み頂いても、サミット本体参加が義務となる事はございません。

サミット HOMEへ戻る