この講座はあなたのためのものです

 

身近なことを表現したいのに、全く英語が出てこない・・・でも実は知っている単語ばかり・・・

これ以上英会話を続けてもダメかなぁ・・・根本的なものが足りないのでは?と不安なんです

文法と単語をこれほど沢山知っているのに、全然活かせてないと思う・・・悲しい

 

こんな悩みを感じているなら、続きを読んでください。この講座はきっとあなたの悩みを解消してくれるはずです。

これまでのように一人で黙々と勉強したり、単語を覚えるのはもう終わりです。あなたの悩みをスッキリ解消します。英会話でアウトプットできるレベルになる練習の仕組みを英会話講師なしで実現しました。インタラクティブで対話しながらあなたの英語の悩みを解消する全く新しい英語学習システムが、今ここに誕生しました。

実は、ほとんどの方は
大切なものをまだ学んでいません・・・

大人に必要な13年分の語彙力を身につけます

大人の会話を成立させるのに不可欠なもの。それは子供時代に学ぶフレーズなんです。

今の英語学習に加えて、学んでほしいことがあります。それは、ネイティブが子供時代に身につける語彙とコロケーションです。

 

文法で組み合わせた表現が正しいとは限らない

あなたは文法も単語も知っています。なのに文法ルールを頼りに、単語を組み合わせた文が、自然な文になっているかは残念ながら自分では分かりません。

正しいか分からないものを学ぶのではなく、最初から自然な言葉の組み合わせを学びます。つまりコロケーションを必要な分だけ学んでしまおう!そして学んだフレーズは話せるようになってしまおう!というのがこの講座の趣旨なんです。

スキマ時間で十分です。さらにうれしいことに、今より難しい事は学びません。新しい事も学びません。すでに知っている言葉を使えるようにするだけなので実は簡単です。それにあなたには今回、あなたの練習相手をしてくれるAI(人高知能)「練習あいてくん」をご用意しました。

すごく簡単で効果も高いが量も多い。だからこの講座

子供の時に学ぶはずだった表現

私たち平均的な日本人は、だいたい中学生(13歳)になってから本格的に英語を学びますが、ネイティブはその前に13年間英語にどっぷりつかっています。

わたしたち日本人は、この13年間の英語知識がない状態で英語を学び始めます。

新しく学んだ「文法」と「限られた単語」を組み合わせて文を作るしかありません。自然な英語を使うのはどうしても難しくなります。

だからこの13年間の語彙を学ぶことが重要です。長い道のりなのですが、救いがあります。新しく学ぶ単語や文法はありません。知っている単語の本来の使い方を学べばいいのです。

 

これができない方は、受講すべき方です!

ここでご紹介するのは、当社スタッフ、カスタマーサポートの山本が英会話レッスンを受けたときに、最初言えなかったフレーズ。できるようになるまでレッスンを5回もしました。あなたは言えますか?まずはセルフチェックしてください。分からないドリルはあまり考えず、「模範作文」ボタンを押してください。

 

できましたか?こんな簡単なことが言えなければ、会話ができないのも当たり前です。どうしてこんなことも分からないのか?それは、ただ単に知らないだけ。単語だけ知っていてもダメなんです。その「正しい組み合わせ方」を学ぶ必要があります。

ただし山本はたったこれだけのフレーズを覚えるのに英会話レッスンを5回も繰り返しました。これほど時間がかかるようでは、英語が喋れるようになるのに時間がかかりすぎますよね・・・。そこで私たちは短期間で、大人の英会話に必要なコロケーションを覚える仕組みをご用意しました。覚えるだけじゃなくって、英会話でアウトプットできるレベルになる練習の仕組みを、英会話講師なしで実現しました。

2種類の学習ドリルで飽きずに学ぶ!

子供用ドリル

1つめは「こども用ドリル」です。子供用ドリルは小学1年生〜小学6年生の指導要綱(文部科学省)に準拠した表現を扱います。小学生1年生から小学6年生までの国語のドリルにあるような例文で英語をアウトプットする練習をします。

TOEIC900点以上のスタッフが試しましたが3割ほどの表現は正しくアウトプットできませんでした。

ありふれた表現、日常的な表現こそ知らないものばかりで、「こんなふうに言うんだ!」という驚きの連続です。英語を学び始めた時の感動に近いかもしれません。

逆に、このレベルの表現を使いこなせていないということを私たちはしっかり直視すべきです。習得できれば多岐にわたる英語表現とコロケーションが身につきます。

大人用ドリル

もう1種類のドリルは実用的なものです。小1〜小6の子供用ドリルで学ぶことは、実はビジネスシーンでも役立ちます。それぞれの学年のこども用ドリルの語彙をビジネスシーンで使うとしたらこんな表現ができる、というのを学べるのが大人用ドリルです。すぐに職場で使っていただけるものばかりです。

小一向けでも知らないものばかりではないですか?

一見簡単そうですが、正しく表現できるでしょうか?こんなフレーズを小学校に上がる前のフレーズを含む、小1〜小6分まで含めて13年間分をネイティブが学ぶものをそのまま学んでいきます。

ここでは小1用の子供用ドリル、そして大人用ドリルからそれぞれ各10問を見ていきましょう。この講座全体では2400程度のフレーズ/コロケーションを覚えます。

【使い方】

英作文ドリルは名詞動作の3つに分類されています。

名詞
冠詞などに意識が行くように、冠詞つきで回答してください。
自分で使うことを想定して、I(私)が主語の文で作文してください。
動作
文脈情報がない中で英語にすると不自然な文になるため、動詞から書き始めてください。

各学年(小1〜小6)毎に子供用ドリルと、大人用ドリルをセットで学んでいきいます。

『小1のドリル』を終えると、
こんな表現ができるようになります!

【小1で学ぶフレーズで書けるようになる文章】
I used to climb up trees and go out on the branches in the summer. I was so close to nature when I was a child. I used to stay in the lodge that my family owned and made friends with freshwater fish. I used to cut wood and make fires with it and roast marshmallows and make hot chocolate. It was such a great experience, and I want my kids to share it. That's why I will be taking them camping this Thursday.
【小1で学ぶフレーズで出来るようになる会話】
  • 「I don't have any money and I have to pay rent this week!」
  • 「No way! You have been working so hard !」
  • 「I know, but even now, at the end of the month, I still don't have enough!」
  • 「Have you been eating out or going drinking?」
  • 「No, not really. I sometimes drink coffee at a cafe, and I had a dinner party on Friday, but that's it.」
  • 「And you had 7 meetings yesterday, too」
  • 「I know …. I do so much in a day…」

さらに学ぶとどんどんレベルアップ

『小2のドリル』で出来ることを見る 『小2のドリル』で出来ることを隠す

『小2のドリル』を終えると、
こんな表現ができるようになります!

【小2で学ぶフレーズで書けるようになる文章】
I go out to see my friends on weekends because during the week I work in a factory. My friend is multi-talented, so he teaches me how to play tennis, football, and baseball! I’m always amazed by how much stuff he has. He doesn’t seem to be bothered by the little things in life.
【小2で学ぶフレーズで出来るようになる会話】
  • What do you normally do on the weekend?
  • I play outside with my brothers.
  • What do you do when it is raining?
  • Oh! I make crafts. My mom says I have talent!
『小3のドリル』で出来ることを見る 『小3のドリル』で出来ることを隠す

『小3のドリル』を終えると、
こんな表現ができるようになります!

【小3で学ぶフレーズで書けるようになる文章】
Looking back on the past, when I lived near the station, things were so much better. As I lived in the middle of the city, I was able to buy necessary goods at the store but now I live in the countryside where I have to order products online.
【小3で学ぶフレーズで出来るようになる会話】
  • Class will start soon.
  • Oh no! I’m going to get in trouble because I forgot to bring my books.
  • That's too bad…
『小4のドリル』で出来ることを見る 『小4のドリル』で出来ることを隠す

『小4のドリル』を終えると、
こんな表現ができるようになります!

【小4で学ぶフレーズで書けるようになる文章】
My mom told me that tonight’s lights-out is at 10:00, but tomorrow is a public holiday, so I want to stay up late! Then, I thought, "I’m going to stop sticking to the rules all the time and break them once in a while. I’m going to have a party on a massive farm with my friends."
【小4で学ぶフレーズで出来るようになる会話】
  • I love the lunch menu at this place.
  • It’s open during bank holidays, too.
  • That's so convenient.
  • Now that you mention it, do you know what else is convenient?
  • No. What?
  • That it’s nearby! You know, living near the station can be so convenient.
  • I bet so.
『小5のドリル』で出来ることを見る 『小5のドリル』で出来ることを隠す

『小5のドリル』を終えると、
こんな表現ができるようになります!

【小5で学ぶフレーズで書けるようになる文章】
He is a doctor of physics. It has been a while since he last visited Kyoto, as he lives abroad. When he stayed in Tokyo, he had a beautiful bed prepared for him with a warm duvet, but when he got to Kyoto the duvet was hard as a rock and had a hole in it, too. He was so shocked he was lost for words. Maybe being a doctor is not enough to get nice treatment…
【小5で学ぶフレーズで出来るようになる会話】
  • Long time no see. How have you been?
  • I’ve been well, thank you.
  • I have been thinking about my plans for the future.
  • I want to be a lawyer!
  • That’s great but your studies will take forever.
  • I know, but I think it will be worth it! Let’s have lunch here; it’s quite nice.
  • Yeah sure!
『小6のドリル』で出来ることを見る 『小6のドリル』で出来ることを隠す

『小6のドリル』を終えると、
こんな表現ができるようになります!

【小6で学ぶフレーズで書けるようになる文章】
As the sun was setting and the sky was turning red, I was walking along the seaside and could feel the sea breeze, and it was wonderful. Then I realized that I had lost track of time, and my family was waiting on me for dinner. If I had not gone home then, my dinner would have been thrown away, which would be such a waste.
【小6で学ぶフレーズで書けるようになる文章】
I got a request to finish settling the account. The company bought a lot of stocks over the last 5 years. The number of employees increased drastically which meant that more people were uying stocks. This massive increase is a source of energy for this company.

いかがでしょうか?すぐに思い付かない表現はありましたか?

関係代名詞や、完了時制といった、高度な英文法も必要なことにお気づきでしたか?

 

簡単なフレーズなのにネイティブ感覚が身につきます

「道をまがる」という表現を見てみましょう。

「Turn left/Turn right」となっていました。英語では「どちらか分らないけど漠然と道を曲がる」といった表現は存在しません。どのように曲がるのか指定がない表現は英語としては成り立たないです。

日本人が英語を使う時、一番邪魔になるのが「日本語の感覚」です。「道をまがる」を正確に英語にしたい・・・と思うため、こんな簡単な英語ですら正しく表現できないのです。

解決策は、基本的なフレーズを全部、英語らしい表現に塗り替えていくことです。この講座が目指しているのは、英語らしい表現を改めて身につけることなのです。ネイティブな自然な表現を再度インストールし直します。そのためこの講座のドリルでは日本語で言いにくい表現をたくさん取り扱っていきます。簡単な英作文ドリルをやっているだけなのに、いつのまにか英語脳が身につくのがこの講座で学ぶメリットです。

大量の練習はドリル&AI会話形式!

ドリルとAIで、インタラクティブに学ぶ!

まずはドリルでたくさんの表現を慣れ親しんだ形でインプットします。たくさんのものを大量に覚えるには、ドリルは大変効率の良いメソッドです。ですが、覚えたことを繰り返し定着させるにはドリルはこの時代には、役不足かもしれません。もっといい方法が登場したからです。それがAI(人工知能)を使った対話形式で行うインタラクティブな学び方です。

この講座では、AIを使って対話形式の練習を行っていきます。AIが「これはなんていう?」という問いかけ方式で話しかけてくれるので、あなたはそのままAIに向かってドリルで学んだことをつぶやいてください。

AIはあなたの応答を読み取って、フレーズをマッチ、さらに正しい発音で発言出来ているかもチェックします。会話は正しい発音で言えなければ相手に伝わりませんから、@正しくフレーズが発言できているか? Aしかも正しい発音で言えているか?をチェックして採点してフィードバックします。

AIなので、あなたは遠慮する必要がありません。AIは飽きずに、粘り強くあなたに付き合ってくれます。どんどん質問を繰り返してくれますし、ランダムに出題したり、正解率の低い問題だけを問いかけてもらったりすることもできます。しかも、イギリス発音でチェックしてほしい場合はブリティッシュイングリッシュ方式で、アメリカ英語がいい場合はアメリカンイングリッシュで正解をチェックしますので、あなたの思うような「英語」の勉強ができます。

最先端の対話式のアウトプット練習をご紹介します

AIの「練習あいてくん」があなたのアウトプット練習をサポートします。まずは、ドリルのなかからランダムで「練習あいてくん」がお題を出題してくれます。声で問いかけてくれて、それにあなたが応答するスタイルの練習なので、お料理をしながらなど、ながら学習もできます。

「練習あいてくん」 のお題を答えたら3つのAIが診断スタート!

まずは「練習あいてくん」があなたの発音をもとに、モデルとなっているドリルの模範解答とあなたの英文をチェック!「おしい!」「完璧だよ!」など画面に判定結果を表示しながら正解を教えてくれます。どんどん次の問題に進んでもいいですが、ここであなたのアウトプット練習をさらに深いものにしてくれる3つのAIをご紹介しましょう!

SpeechAce

まずはSpeechAceです!あなたの音声をネイティブの音声とマッチングし、発音記号で違いを表示します!何をどう直せばいいか瞬間てきにわかるので、発音矯正をするのにオススメです!

DeepL

次にDeepL。DeepLは、ドリルの模範作文の他に、このお題の日本語であればどんな英訳が可能なのか提案してくれます。こんな表現もできるのか、とフルーツフルイングリッシュの講師がチョイスした表現以外の表現をインプットしておきましょう!

chatGPT

次に今世界中に話題沸騰中のChatGPTが、あなたの読み上げた英文を添削、解説付きで表示します。あなたはドリルで学んで、模範となる英文をインプットして、それを覚えようとアウトプット練習するわけですが、毎回例文通りに表現できるわけではないとおもいますし、たまには模範から外れた英文もチェックしてほしいでしょう。

そんなときChatGPTがあなたの英文をベースにその場であなたの英文を添削、解説付きでどうすべきかをご提案します。(AIのためアウトプットされた英文の正しさは当社では保証しかねます。参考としてご利用頂く用途でご提供いたします。予めご了承ください)

もしChatGPTの解説が英文ではなく日本語をご希望の場合は、さきほどのDeepLが翻訳しあなたの理解を助けるお手伝いします。

いかがですか?このような最先端のAIがあなたの英語学習を支援いたします!

※イラストはイメージです。実装されるAI・画面デザインは開発計画時のものであり変更になったり、実装される仕様が変わる場合がございます。予めご了承ください。

AI練習あいてくんのデモを確認してみよう!

実際にAI練習あいてくんの動画デモをご用意しました。

AI練習あいてくんを試してみよう!

AI練習あいてくんは、ドリルで学んだコロケーションを対話形式で練習します。まずは3問練習問題をだします。

本来は穴埋めドリルと英作文ドリルで学んでいただいた後で練習していただくものですが、ここでは少しやり方を変えます。最初に以下の英文を覚えてください。その後「練習あいてくん」が質問しますので、問いかけに答える形で練習してみましょう!

各学年(小1〜小6)毎に子供用ドリルと、大人用ドリルをセットで学んでいきいます。

練習ドリル1

練習ドリル2

練習ドリル3

開発者プロフィール

PROFILE

Stephen先生

Stephen先生プロフィール

大器晩成: Mastering a skill is not a sprint; it’s a marathon! I think this is especially true for language learners.

出身
USA
学歴
Rogers State University – BS Business Administration
職歴
After graduating college I worked as a personal tutor helping local college students with a variety of subjects, including essay writing skills, presentation skills, math, finance, and statistics. After moving to Japan, I gained experience in the 英会話 industry and taught English to a wide range of students, including both complete beginners as well as businessmen with 900+ TOEIC scores. I also have experience with providing essay and email corrections in English.
趣味
Reading fiction and history books both English and Japanese and brewing hand-drip coffee with my Hario V60

先生から一言

Hello! I have been teaching ever since I finished college. Early on, I focused on teaching local college students skills to help them succeed in their business classes, but I soon fell in love with language learning. Only a few years after I started studying Japanese, I moved to Japan and started teaching English as a second language. I have been using Japanese at work for several years now, but I still try to make time to study it every day. Learning a language is like “running a marathon.” Since it takes so long, it’s easy to get tired and want to quit. It happens to everyone at some point, but if you feel yourself getting tired, it’s a good idea to think about how far you have come. “Hey, I know that word! I learned it the other day!” “Wow, I would not have understood this movie last year, but I understand it now!” “Yes! That phone call went perfectly! They understood exactly what I said.” “I’m so glad I was able to meet locals and have real conversations with them in English this vacation!” Take time to recognize these moments when they happen, and remember how you felt! The good feelings you get when you remember these successes will help you stay excited about practicing English!

補足情報

アメリカ出身のStephen先生は、日本語スキルが大変高く、英語でも日本語でも英語を教えたことのある教職経験豊かな先生です。わからないことがあっても遠慮なくどんどん質問できる、とても優しい先生です!

サービス説明

商品名
コロケーションマスターLite
※「 コロケーションマスターLite 」はコロケーションマスターから英作文課題やRPGゲーム要素を取り除き、シンプルに語彙を学ぶ教材、オンラインドリル、AI練習あいてくんの3つに特化して値段を抑えたシンプルかつ廉価バージョンです。アンケートにてご要望が多かったためご用意しました。
内容
  • 英作文ドリル<全12冊:全120チャプター:2400コロケーションを網羅>
    ┗大人ドリル Vol1〜Vol6
    ┗子供ドリル Vol1〜Vol6
    ・テキストはPDFでの配布です。
    ・講座には大人ドリルと子供ドリル、両方が含まれています。
  • オンラインドリル
    ・ドリルに出てきた表現をオンラインで習得するためのもの。
    ・書き写しモード、穴埋めモード、英作文モードを搭載。
  • 練習あいてくん(人工知能)
    ・ドリルに出てきた表現を楽しく復習するための対話式の人工知能です。やらなくても講座は進行できます。
料金

,RPE
,RPE
,RPE
,RPE
初めて講座を使うかたのキャンペーン価格
受講料金 66,000円

49,500円<税込>


<お支払い回数> 以下から選んでいただけます。

【一括払い】
受講料金 66,000円 x1回払い →  49,500円<税込> x1回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時のみ

【分割払い(2回)】
受講料金 33,660円 x2回払い →  25,245円<税込> x2回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 50,490円

【分割払い(3回)】
受講料金 22,660円 x3回払い →  16,995円<税込> x3回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 50,985円

【分割払い(6回)】
受講料金 11,660円 x6回払い →  8,745円<税込> x6回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 52,470円

※分割払いの場合、途中で参加されなくなった場合でもお支払いの停止はできません。

【お申し込み期間】
2024/06/21(金) まで

お申し込み期間

販売中

受講期間

購入日翌日から、ご自分のペースで受講いただけます。
講座に有効期限はありません。

※教材はPDF(電子媒体)での配布です。教材、オンラインドリル、AI練習あいてくん、すべてオンラインでご利用頂けますので、海外にお住まいの方でも気軽に受講ください。

よくあるご質問

毎日の学習量はどれぐらいですか?

目安としては20分程度です。毎日1チャプター(ドリル20問)を学んでいただきたいと考えています。1チャプターは20分程度で終了します。

毎日学習を続けると最短でどのぐらいの期間で全ての学習が終了しますか?

最短120日で終了します。子供向けドリル60チャプター、大人向けドリル60チャプターをご用意しております。1日1チャプターで120日。半分のペースで進めても240日です。ご利用期限はございませんのでじっくり取り組むことも可能です。※初回開講時は開講日より1日に子供ドリルと大人ドリル、各1チャプターづつ配信します。

コロケーションを覚えることで英会話力は上がりますか?

覚えるしかないものなので使えるものが増えるほど、英語力が上がることになります。
例えば『デザートは別腹』という表現。コロケーションを知っていれば自然に表現できますが、知らなければお手上げです。いくつかいい方がありますが、よく使う表現にroomがあります。

“I still have room for dessert.”
と言えば、
『デザートを食べる余地がまだある』
という意味になり、『デザートは別腹』を表せます。
roomを「何かを食べる余地」という意味で使うなんて使い方を知らないと思いつきませんよね。そう、知らないと使えないのが『コロケーション』です。

覚えるしかないコロケーション!知ってるもの勝ちなのもコロケーション!どうしてそういう言い方をするか?が理屈で説明できない「こういう言い方をするんだよね〜覚えるしかないよ」というのが「コロケーション」。だから覚えただけ英語力は上がります。

すでにある既存のコロケーション講座「コロケーションドリル&アプリ講座」と学ぶコロケーションは同じですか?

異なります。
「コロケーションドリル&アプリ講座」では、Morgan先生の日常生活を切り取って、アメリカ人講師のモーガン先生と日本人のご家族の間で交されるコロケーションを取り扱いました。 一方でこの講座では、より広範囲なコロケーションを学びます。家庭内で使う表現だけにとどまらず、もっと基礎的な表現から社会生活全般で使うコロケーションを学んでいきます。より広範囲をカバーし、日常生活の会話に困らないレベルの語彙・コロケーションをみにつけます。

ドリルは販売ページにあるようなイメージでいいのでしょうか?

はい、そのイメージです。今は回答を見るボタンがあるだけですが、実際は講座専用ページ(サイト上)で英文を入力して練習していくイメージです。不正解、正解もその場で分ります。

お支払い方法

以下のお支払い方法がご利用いただけます。

  • 銀行振込
  • コンビニ
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

お申し込みはこちらから

このボタンを押してお申し込み手続きに進んでください。

このボタンを押してお申し込み手続きに進んでください。