特別講座 - Roddy先生の「イギリス英語」特別講座 - 英作文のフルーツフルイングリッシュ
Roddy先生の「イギリス英語」特別講座

Roddy先生の「イギリス英語」特別講座

この講座の特徴

日本の中学や高校で主に教えられているのはアメリカ英語です。

イギリス出身のRoddy先生から、5つの観点でイギリス英語とアメリカ英語の違いを指導してもらいます。典型的なイギリス英語とアメリカ英語の違いを、7回のマンツーマン添削課題、2回のSkypeセッションを通して学んでいきます。

<イギリス英語とアメリカ英語の違い5つの観点>

  • @ スペリング
  • A 文法
  • B 語彙
  • C イディオム
  • D 文化

もしあなたがイギリスに興味があったり、イギリスに留学したり、イギリスで、もしくはイギリス人と仕事をするのであれば、イギリス英語を身につけておいても損はありません。

将来イギリスに渡航したい、イギリス英語を学びたい!という想いがあるなら、オススメの講座です。

この講座で出来るようになること

  • イギリス英語に慣れ親しむ。
  • あなたの英文をイギリス人に自然に響くような英文にできます。
  • イギリス英語独特の単語・フレーズを学びます。
  • アメリカ英語、イギリス英語を見分けるコツを学びます。逆にここを押さえればイギリス英語とアメリカ英語を使い分けられるようになります。
  • イギリスへの留学や出張に備えられます。

日本では触れる機会が少ないイギリス英語を気軽に学べる講座!

日本の中学や高校で教えられている英語は、一部の例外を除いて原則アメリカ英語です。そのため日本ではあまりイギリス英語を学ぶ機会が少ないと言えます。

イギリスに留学したい人、イギリスに住んでいる人、イギリスにあこがれイギリス英語を勉強したい人にとっては、イギリス人から直接イギリス英語を学ぶのが最も効率がよいのですがチャンスが少ないのが実情です。

イギリス英語とアメリカ英語は大きく分けて、スペリング、文法、語彙、イディオム、文化の5つの違いで説明することができます。今回この5つの違いを、予習テキストと全7回の英作文課題を通してRoddy先生に直接指導してもらえます。

イギリス英語を体感してもらうこと、また、英語を使えるようになるにはインプットも含め、極力英語に長時間触れることが必要ですので、今回の講座のテキストや指導もRoddy先生による言葉で、全てイギリス英語で学んでいただけます。

アジア英語のルーツでもあり、世界52か国で広く使われるイギリス英語

現在世界でもっとも英語を使っている人口が多いのは、英語発祥の地であるイギリスでも世界経済ナンバー1のアメリカではなくアジアの人たちです。もっとも世界で英語を使っているのは実は私達日本人と同じ地域に住む隣人なのです。

今後インド英語が世界標準英語になるとされていますが、インド英語のルーツをたどるとイギリス英語にたどり着きます。

イギリス英語は、イギリス連邦52か国で広く使われており、イギリスをはじめオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、インド、シンガポール、マレーシア、そして今後成長が見込まれるアフリカの多くの国々で話されています。(カナダは現在イギリス連邦非加盟ですが、カナダ英語はイギリス英語がルーツ)

イギリスでイギリス英語を使うという本来の目的に加えて、あなたが日本の学校で慣れ親しんだアメリカ英語に加えて、イギリス英語を理解することは日々新しく生まれている現在のたくさんの英語を話す人とコミュニケーションするうえでより正確に彼らを理解する一助にもなるかもしれません。

もしあなたがヨーロッパ圏だけでなく、今後成長が著しいアジア圏の人々やアフリカ圏の人々と英語を使ってコミュニケーションするなら、イギリス英語に通じていることも一つのメリットになるかもしれません。

まずはスペルの違いからスタート

第1回目の課題ではイギリス英語の単語になれるところからスタートします。

基本的にスペルはアメリカ英語を使ってもイギリス人にも誤解なく伝えることができますが、沢山ある単語をある程度カバーできる変換ルールで非常に便利で実用的なものを学びます。

文法の違いを理解しましょう

英語でもっとも出現頻度の多い時制は現在時制と現在完了時制ですが、イギリス英語とアメリカ英語ではこの時制のルールが異なります。

アメリカ英語では普通に正しいとされる時制がイギリス英語では文法ミスと認識されるなど重要な違いがいくつか存在します。

時制はあなたの言いたいことを正確に伝えるうえでキモとなる大切な文法要素ですのでしっかりと違いを理解しておきましょう。

アメリカ英語との主要な文法の違いに触れつつ、仮に間違ってしまっても許容できるレベルのものなのか、それとも重要なもので間違えられないものなのかをしっかりと理解しておきましょう。間違っても問題のない些末な違いから、間違えられない重要なものまで、優先度をつけながら学べるようになっています。

さらにビジネスシーンとプライベートシーンであなたが遭遇しそうなものにフォーカスして、アメリカ英語とイギリス英語での際立った違いで覚えておきたいものだけを整理しています。

テキストで学んだら添削課題で、重要な文法事項が理解できているかRoddy先生に直接チェックしてもらいましょう。

語彙・イディオムの違いを理解しましょう

イギリス英語で苦労するとすれば語彙の違いかもしれません。スペルは同じなのに、意味するものが全く違うという現象は、誤解をもっとも生じやすいものです。

もし間違えてアメリカ英語をイギリス人に使ったらどう聞こえるのかという興味深いコンテンツを合わせて読むことであなたはもっと慎重に単語を使えるようになるでしょう。

ハリウッド映画やアメリカ発のドラマの影響でアメリカ英語でも受け入れられるものも多くなっていますが、まだまだイギリス人にとって誤解を生じるものが存在します。

単に単語の違いを理解するだけではなく、生活やビジネスに密着している使い間違えたら危険なものだけをピックアップしてお届けします。きっと単語の違いという膨大な作業を前にしているあなたの苦労を減らしてくれることでしょう。

文化の違いで生じる言葉の違いを理解しましょう

イギリス英語とアメリカ英語の違いを理解するうえで単語や文法の違いに着目するのも一つの学習方法ですが、ルーツを同じくする言葉が時間を経て大きく違ってくるのは文化の違いによります。

文化の違いに注目することでイギリス英語、アメリカ英語で注意すべきポイントが浮かび上がってきます。たとえばこの分野の単語は違っているから調べるというアクションが積極的に取れるようになるわけです。

日本の製造業が得意とする車に関する言葉はアメリカ・イギリスの英語の中でもっとも違いが顕著な業界です。もしあなたが車にかかわる仕事をしていて世界を相手に英語を使う必要があるなら、これらの業界による違いを押さえておくことは重要なことかもしれません。

他にも教育や衣・食・住文化の違いで出てくる違いなどについても理解を深めます。

Roddy先生からイギリス英語習得のコツを紹介

イギリス英語とアメリカ英語には300年の進化の歴史があり、それを一朝一夕でマスターするのは不可能に近い作業ですが、アメリカ英語をベースに学んできたわたしたちがイギリス英語に効率的に近づくにはどのように勉強していったり情報を探していけばいいのでしょうか?

長年日本人の英語学習者を指導してきたRoddy先生がイギリス英語の学び方やアメリカ英語からイギリス英語への修正のコツをアドバイスします。講座が終わった後自分一人でどのようにイギリス英語を学んで行けばいいのか、今後の学習の進め方の参考にしてください。

それでは予習テキストとRoddy先生の全7回の添削講座、2回のSkypeセッションで直接イギリス英語に触れる期間限定の4ヵ月の特別講座を有効にご活用ください!

受講生だけに与えられる3つの特典

この講座の受講生には、講座期間中の学習が有意義なものになるため通常の特別講座にはない実践的な特典を準備しました。

特典 01

Roddy先生とマンツーマンSkypeセッション

Roddy先生とマンツーマンで話ができる1回30分のSkypeセッションを講座期間中に全2回、受けることができます。

このSkypeセッションは、あなたとRoddy先生がマンツーマンで楽しみながら、この講座で学んだイギリス英語を使って、コミュニケーションをすることが目的です。

例えば、テキストや、講座の添削結果で分からなかったことを質問したり、Roddy先生とイギリスの事について質問したり、趣味について語ったりと、あなたの好きなように使っていただけます。

何から話し始めていいか悩んでいる場合でも、Roddy先生がリードして、フォローしてもらいながら進めることができるのでご安心ください。

※Skypeを使ったレッスンになりますので、セッション前にSkypeの準備をお願いいたします。(Skypeレッスンの予約方法は開講後に詳細をご案内いたします。)

※Skypeセッションでは、イギリス英語でのコミュニケーションを目的としており、添削指導は行いません。ネイティブと直接イギリス英語でやり取りできる機会としてご理解ください。

特典 02

質問し放題

添削結果について疑問がある場合は通常月額3,080円で提供している質問し放題オプションを講座期間中毎月お付けします。(総額12,320円相当)
確実に1回1回疑問を解消しながら先に進むことができます。

※この講座で提出した課題に対してのみ有効です。
※いただいた質問は、講師が他の受講生の学習に役立つと判断した場合、終講レポート等に掲載させていただく場合がございます。

特典 03

担当講師と直接コンタクトがとれる講座専用SNSに特別ご招待

受講生とRoddy先生だけが参加できる講座専用SNSに特別にご招待いたします。そこで出た質問にはRoddy先生が直接お答えします。すべてのやりとりは受講者全員でシェアされますので、いろんな方からの質疑応答を確認いただくことで、より学びが深まります。

※講座専用SNSに投稿された質問にはできるだけ早くお答えする予定ですがリアルタイム返信ではありませんのでご了承ください。

※この講座の学習目的から逸脱したご利用はご遠慮ください。

Roddy先生プロフィール

PROFILE

Roddy先生プロフィール

日本に住んで19年。プロ翻訳家。日本語と英語の両方に精通するため、日本人に分かりやすい説明方法で人気のインストラクターです。企業専属のビジネス英語の講師として指導した経歴もあり、ビジネス英語の指導に特に強みを持っている先生です。

出身
イギリス
学歴
英語圏で世界5番目に古い大学であるイギリス スコットランドにあるアバディーン大学を卒業。専攻は人文地理学。
趣味
サッカー、ハイキング、自然散策、料理など
先生から一言

Hi, my name is Roddy and I’m from Britain. I have lived in Japan for 11 years and am a freelance writer, proof reader and translator. Having spent the last ten years studying Japanese, I know just how hard it is to learn a language. I hope I can help you in the same way that others helped me.

The only way to improve is to keep writing. Write every day, and make mistakes- don’t worry about them, but learn from them.

I hope I’m able to help you achieve your English goals whether big or small.

サービス説明

商品名
Roddy先生の「イギリス英語」特別講座
内容
  • マンツーマン添削指導<全7回>
  • Skypeセッション(1回30分)<全2回>
  • テキスト<全1冊>
    「イギリス英語ナビブック」
    ※テキストはPDFでの配布です。
  • 質問し放題オプションを無料付与
    ※月額3,080円×4ヶ月分、12,320円相当額
    ※添削結果について疑問がある個所を無制限で質問できます。
    ※当講座の課題にのみ有効です。
  • 担当講師との講座専用SNS利用権(4ヶ月間)
    ※受講者が担当講師と質問などをやりとりし全員とシェアできる専用のチャットルームにご招待します。

※「添削+解説のみ」で「添削のみ」はご利用いただけません。

※この講座は、2012年〜2019年に開講した同名講座と指導内容は同じです。

料金

受講料金 39,600円<税込>

<お支払い回数> 以下から選んでいただけます。

【一括払い】
受講料金 39,600円<税込> x1回払い

※お支払いタイミング:初回ご注文時のみ

【分割払い(2回)】
受講料金 20,196円<税込> x2回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 40,392円

【分割払い(4回)】
受講料金 10,296円<税込> x4回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 41,184円

※分割払いの場合、途中で参加されなくなった場合でもお支払いの停止はできません。


(テキスト+添削7回+マンツーマンライブ英語チャット3回)

※この料金のほかに通常の自由作文を利用する際の英作文チケットが必要です。必要となるチケット枚数は14枚程度です。
※講座で出題される課題の1回あたりの必要チケット枚数は2枚です。
※講座で出題される自由作文を既定分量より多めに作文された場合はこの枚数以上のチケットが必要となります。


定員

募集枠:先着20名様

※定員になり次第締め切ります。

お申し込み期間

2022/06/26(日)まで

受講期間

2022/06/27(月)〜2022/10/23(日)まで

開講日 2022/06/27(月)
 ※教材「イギリス英語ナビブック」配布予定

第1回 7/4(月)

第2回 7/18(月)

第3回 8/1(月)

第4回 8/15(月)

第5回 8/29(月)

第6回 9/12(月)

第7回 9/26(月)


※教材はPDF(電子媒体)での配布です。すべてオンラインでご利用頂けますので、海外にお住まいの方でもお気軽にご参加ください。

※このスケジュールは予定であり、その時々の課題の提出状況などにより見直す場合がございます。
※各課題の締め切りは課題配信日から2週間です。それ以降の提出は行えません。また未利用分の返金は行えません。あらかじめご了承お願い申し上げます。
※各配信日当日にeメールでお知らせいたします。
※毎回課題締切当日もしくは前日に提出が集中します。その場合には添削結果のお届けが通常よりお時間を頂く場合がございます。

お支払い方法

以下のお支払い方法がご利用いただけます。

  • 銀行振込
  • コンビニ
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

お申し込み方法

この商品はメンバー様専用の商品です。メンバーサイト内からお買い求めください。

お客様の声

お客様の声 #01

今まで全然知らなかったことが多く、驚きながら学べた!

この講座の受講目的は?

イギリスと特化してあったので、興味がわきました。

受講してみて良かった点は?

イギリスの日常を垣間見られたことです。

講座について教えてください。

  • 役だちそうですか?
    イギリスの日常生活を少しだけ理解できたことです。
  • 添削内容について
    満足しています。 課題自体がイギリスの文化を学ぶことなので、今までとは違う視点でライティングに臨めたことはよかったです。
  • 予習テキストについて
    今まで、全然知らなかったことが多かったので、驚きながら学びました

5段階で評価するなら?

5:最高に満足

講師へ一言

Hello, Thank you so much for your informative comments and advice. I enjoyed writing, imagining some scenes in British life. Different aspects of life in the U.K. encourage me to know about its culture more. I really appreciate your offering me practical and interesting topics. Best regards, Sumiko

お客様の声 #02

イギリス英語の語彙を増やすことができました!

この講座の受講目的は?

イギリスの文化に興味があったため。

受講してみて良かった点は?

イギリス英語の語彙を増やすことができました。

講座について教えてください。

  • 役だちそうですか?
    イギリス英語のボキャブラリーがテキストに一覧になっていたのでわかりやすかったです。
  • 添削内容について
    課題もそこまで難しくなく、イギリス文化に関連したものだったので、気軽に楽しむことができました。
  • 予習テキストについて
    アメリカ英語との対比、通じるかどうかなどが書いてあったのでわかりやすかった。

5段階で評価するなら?

5:最高に満足

講師へ一言

Thank you for correcting my assignments. I realized British English is totally different from the US English. Also, I think British English sounds beautiful, so I would like to keep studying it.

お客様の声 #03

I gradually understand English and the people there!

この講座の受講目的は?

I think British English originated from English. Japanese Emperor's members stay in the British for their English study. Also, my close friend lives there with her husband, who is British. I feel Britain is more familiar than other countries.

受講してみて良かった点は?

Actually, I thought it was too early for me to do this class, especially in chat. However, I gradually understand English and the people there.

講座について教えてください。

  • 役だちそうですか?
    I understand the differences of words between the U.S. and Britain. I have an interest in the tenses difference between them. Moreover, when I meet with the British, I need to imagine they are proud of themselves. I should speak in honorific words, not to make them angry.
  • 添削内容について
    It was very easy to understand because he understands Japanese well. Moreover, his writing doesn't have useless parts.
  • 予習テキストについて
    Well, I actually read it several times. I could read it smoothly. Thank you.

5段階で評価するなら?

5:最高に満足

講師へ一言

Hi! I am in the middle of learning your special course for British English. It is almost in the latter, and I am gradually understanding British English. My friend's daughter graduated from 'London University.' My friend was yearning for her daughter's studying abroad, and she graduated. However, my friend, who was my boss, passed away one and a half years ago from illness, aged 53. I believe she had a strong will which made her daughter study there, especially. (She was an English teacher for children when she was younger.)

お申し込みはこちらから

この商品はメンバー様専用の商品です。メンバーサイト内からお買い求めください。

この商品はメンバー様専用の商品です。メンバーサイト内からお買い求めください。