Kazue先生の
担当カリキュラム一覧

image

エグゼクティブ向けの英語ラウンジ ~ 4つのbeで自在に表現する!

このプログラムについて

この講座はビジネスマインドのある方向けに設計しています。

みなさんは英語の勉強に時間と費用を投資しています。その投資をいつまでにどのように回収しますか?また、回収した時点でどのような自分でありたいですか?

例えば、今年一年しっかり勉強して2年後に留学を目指したい方もいれば、3年後の海外勤務を目指している方もいるでしょう。目標を達成するには無理のない計画と、その目標を常日頃から意識し、周りにも伝えることが大事です。

特に、ZoomやSkypeなどテレビ通話が一般化し、コミュニケーションが映像化されている今、自分の主張を簡潔にまとめてビジュアルに表現し、それを的確な言葉で補うという能力は、ビジネスの世界では不可欠ですし、自分の世界を広げる上でも役立ちます。

この講座は、4つのステージに分けて段階的に自分の主張を簡潔かつ的確に相手に伝える訓練をします。1つのステージごとに目標を立て、それに最も適切なフルーツフルイングリッシュの講座を組み入れます。

また、毎日の課題は私がローカライザーとして実際に扱った実在する企業の公開されているプレスリリース、白書などを使います。

毎日私から送るメールは基本的には英語で送ります。返信は日本語でも英語でも構いません。

私は複数の外資系企業に勤めてきました。米系保険会社では営業本部のプロジェクトマネージャーでした。

当時、金融機関でプロジェクト管理手法を取り入れていた企業は珍しく、最新のPM手法をアメリカ本社から学び、「大きな仕事」も「個々のタスク」に切り分け「時間管理」して達成する方法を学びました。

その手法を生かし、皆さんの一年間の学びをプロジェクトととらえ、タスク管理シートを作って進捗のお手伝いをいたします。


サミットとは?

SUMMIT(サミット)とは、あなたのゴールに合わせて講師が用意した専用カリキュラムを3ヶ月単位で学習するマスターマインド&コーチングプログラムです。

高いゴールを達成するため講師があなた専用のカリキュラムを組み、3ヶ月単位で学習していきます。

講師はあなた専属のチューターとなり、1年間を通して付き添いあなたのゴールに合わせて3ヶ月ごとにテーマを変更しながら、前半6か月でインプット、後半6か月でアウトプットを学びます。高いレベルで英語学習をフルサポートしていくための特別なコーチングプログラムです。

※ゴールによって内容は様々なので、ここではカリキュラムのとある一例をご紹介します。

Teacher

担当講師について

フランス系金融機関のディーリングルームに勤務した後、シンガポール留学を経て、誰もがお財布に一枚はもっている国際カードブランドで日本のメンバー金融機関を担当するアカウントマネージャーの職を得ました。沖縄サミット以前の話ですが、当時は技術仕様の違いのため、海外発行のクレジットカードでは国内キャッシングできないという大問題がありました。よくあることですが当時の日本のATM仕様は地球上で唯一互換性のない独自のものだったのです。

そのため、当時国内最大のATMネットワークを有していた某政府系金融機関にかけあい国内ATMで海外発行のクレジットカードが使えるように仕様を変更していただくという大プロジェクトに奔走しました。その過程で、生きたビジネス英語を、しかもビジネスの場はもちろん、政府機関との交渉の場でも使える表現を学ぶことができました。

その後、誰もが知っている検索サイトを経由した後、米系保険会社の営業本部プロジェクトマネージャーのポジションにつきました。そこでは、アメリカ人の幹部の下、新規保険商品を企画し、実際に窓販で販売するまでの一連の流れを他部署と調整しタスク管理をしていました。当時最新のプロジェクト管理手法をアメリカ本社から学び、「大きな仕事」も「個々のタスク」に切り分け「時間管理」して達成する方法を学びました。

その後は、PMの経験を活かし、某国際援助団体の国際開発プロジェクトでエチオピアに行きました。そこでは現地製造業の発展のためカイゼンプロジェクト(カウンターパートはエチオピア国工業省)に関わり、帰国後は経済産業省のモスクワ調査プロジェクトに参加しました。この二件の税金を原資とするプロジェクトに関わり、政府機関向けの英語報告書作成に関わることもできました。

英語と一口にいっても、場面や相手によって実に多様です。このコースを通して、どんな場面にも対応できる、英語力を身に着けていきましょう。

Recommendation

こんな方にオススメのカリキュラムです

    • この講座はビジネスマインドのある、社会的責任を背負った、管理職の方、またはそうなりたい方、を想定しています。

      さらに、好奇心が旺盛で、挑戦を恐れず、仕事が大好きな方であれば大いに活用していただけます。なぜなら、私自身がそうだからです。

      世界には様々なOpportunity(機会)があります。一年後には英語を自在に操り今よりもさらに多くの機会を掴めるレベルに達するまで、お手伝いをいたします。

一年頑張って、
思い通りのキャリアを描きましょう!

では、ビジネスプレゼンテーションを1年後に海外企業との事業提携レベルで出来るようになりたい!という方を念頭に置いて3カ月ごとのカリキュラム案をご案内します。

もちろん、一人一人ゴールが違うので、あなたに合ったものを一緒に考え提案・実現・実践していきますので、あくまで一例としてご理解ください。

STAGE 1:Be Logical

管理職は多忙です。メールを読んでいる暇も惜しいですよね?

私が某国際カードブランドにいた頃、新任の上司が香港から日本に着任しました。叩き上げの金融マンで、それまでの社内のおっとりとした雰囲気が、その日からピリッと変わったのを覚えています。彼、リチャードさんがまず真っ先に全社員に伝えたことは、『メールはダラダラ書かかない。件名を見ただけで内容を理解できるように書く。人間の目は左から右に動くが長くは追えない。一行を常に短く。』でした。

これがなかなか難しい。あなたに置き換えてみてください。例えば、複数部所管の調整事項や、クレームのエスカレーションなどを一行にまとめられますか?私たちも最初はとても苦労しました。そこで出会ったのがロジカルシンキング(論理的思考法)でした。

日本語は言語的特性により、ロジカルシンキングとは遠いところにあると思います。ですから、私たち日本人はロジカルシンキングが苦手です。学校でも教えませんよね?でも、鍛えれば身に着けられます。私たちの脳に新しく『論理的思考』という回路を作るのです。

ここで学ぶロジカルシンキングは、物事を整理する際に非常に役立つ能力です。ビジネスでも日常でも、糸が複雑に絡み合って、途方に暮れるような問題は常に起こりえます。その際に、糸のほどき方がわからないと、ますますこんがらがりますが、ロジカルシンキングの能力があれば、問題を整理して考えることができるので、解決に至る道は短くなります。またあなたのストレスも減ります。

また、英語構文を論理的に考えられるようになるので、英作文にも非常に役立ちます。日本語と英語は構造が違います。よって、思考回路も異なります。当たり前のことです。持って生まれた脳に日本語によって培われた思考回路に新たに『論理的思考』回路を実装しましょう。

Stage1ではロジカルシンキングを徹底的に鍛えます。鍛えて、鍛えて、英語脳を目指します。次に、比較的長い文章を読んで、そのサマリーをまとめる訓練をします。

使用するフルーツフルイングリッシュの教材例

ロジカルシンキング講座
英語脳養成講座

課題

Business Wireニュース、またはあなたの興味がある分野の資料

※上記教材は一例です。講師があなたの英語力・興味を踏まえて提案します。ここに掲載されている全ての教材を使うわけではありません。

プレゼンテーションを使って演習する場合

事前のdeck作成に特化します(私の知る限り、多国籍企業ではプレゼンテーション資料をDeckといいます)。Deckのスライド部分は伝えたいことにポイントを絞り、簡潔に箇条書きにする必要があります。

課題としてあなたの興味に合わせたトピックのBusiness Wireニュースをお送りします。ニュースを読んで読み手にdeliverすべきメッセージを英語で簡潔にまとめてください。また、あなたがまとめたい資料がある場合は、一緒にまとめましょう。

STAGE 2:Be Colorful

私は以前エチオピアの首都アディスアベバや、モスクワでも仕事していました。物事がすべて時間通りに理路整然と運ぶ日本とは全く違います…

アディスアベバでは、エチオピア政府の高官もご参列の会議の準備をしている際に突然停電になり資料が印刷できなかったり…そもそもエチオピアの国庫にドルが不足してプリンターのインクが輸入できずエジプトから送ってもらったり…

モスクワではどの施設に入るにもロシア政府発行の証明書が必要で根回しが大変…

でも、どんな場合でも相手は人間です。丁寧かつ簡潔に事情を説明しこちらの要望を伝えると、可能な限りの協力は得られました。『物は言いよう』という言葉がありますが、交渉力とはいいかえれば表現力だと思います。

Stage2ではStage1で身に着けた「簡潔にまとめる」能力に加えて、あなたの「提案・見解」を色付けし、相手の同意を得る表現を身につけましょう。

相手の注意を維持し最終的に納得させるには、理論展開が明確である必要があります。また、相手の興味をそそる言葉の選び方も重要です。つまり、否定的なことを肯定的に表現する、あるいは相手の期待をコントロールする表現などです。FFの「英語リライト力養成講座」と「表現バリエーション強化講座」で語彙を増やし、表現を増やしましょう。

課題は、某企業が作成したCovid-19がアジア地域経済に与えた影響をまとめた白書を取り上げます。数字が羅列されている白書でともすれば飽きられてしまう内容ですが、そこから得られる知見はあります。その数字だらけの白書からご自身の見解を発表し相手から同意・賛意を得るdeck(スライドおよびノート両方)を作成してみましょう。

また、あなたが職場で対応する資料があれば一緒に作成し、ピッタリな表現を学びましょう。

使用するフルーツフルイングリッシュの教材例

続・英語脳養成講座
脱・日本人英語講座
英語リライト力養成講座

課題

某企業作成2021年第一四半期白書

※上記教材は一例です。講師があなたの英語力・興味を踏まえて提案します。ここに掲載されている全ての教材を使うわけではありません。

STAGE 3:Be Attractive

Stage1と2では書くことに特化してきました。Stage3では焦点を徐々に会話へと移していきましょう。ご自身の意見を「相手を引き付ける」方法で発表できるように取り組みましょう。

学校や職場で人の話を聞く場面はよくありますよね?例えば、小学校の時の校長先生のお話だったり、職場では上司からの今期の目標発表だったり、結婚式のスピーチだったり。話者は大抵、話を短くまとめるようにと言われているものですが、結果的に長くなって誰にも聞いてもらえない…ということも多々ありますよね。

ビジネスの場で、特にお客様向けのプレゼンテーションの場では、相手に興味をもって聞いていただくことが重要です。そのためには、事前に話す内容を準備し、それを明瞭に述べることが必要です。

また、管理職になると英語でちょっとしたスピーチをお願いされる場面もあるかと思いますが、大勢を前にすると緊張するかと思います。緊張するのは間違えるのが怖いからです。怖いのは当たり前です。克服するには慣れしかありません。

Stage3では、「表現バリエーション強化講座」で多様な表現を学びましょう。「英語Misconception克服講座」で英単語の使い分けを学ぶと同時に、間違えることを恐れず緊張を克服しましょう。

課題は、実際のIT企業が自社クライアント向けに制作している、自社新製品の紹介動画(英語、日本語字幕付き)をいくつか見ていただきます。公開されている動画でも必ずしもすべてが全視聴者にわかりやすいわけではないのが現実です。実際に視聴して、ご自分の会話表現に取り入れるべきこと、避けるべきことを確認してみましょう。

使用するフルーツフルイングリッシュの教材例

表現バリエーション強化講座
Misconception克服講座

※上記教材は一例です。講師があなたの英語力・興味を踏まえて提案します。ここに掲載されている全ての教材を使うわけではありません。

STAGE 4:Be a Winner

いよいよ最後のステージです。Stage4ではStage1から3で学んだことを生かして、実際にご自身でテーマを選び、スライド部分とノート部分を作成し、口頭での発表も練習しましょう。備えあれば憂いなしです。事前に練習を重ねておけば、いつでもプレゼンテーションできるようになります。

また、実社会では、プレゼンテーション後に質疑応答がありますよね。このStageではご自身のプレゼンテーションに対する質問を想定し、それに対する回答も準備しましょう。フルーツフルイングリッシュの「英語で!プレゼンテーションキャンプ講座」をさらに進め、失敗を恐れずに、落ち着いてプレゼンテーションできるように繰り返し練習しましょう。

課題は、実際の企業の新製品発表リリースを取り上げ(あなたの所属する会社のものでも問題ございません。講師とは守秘義務契約を結んでおりますが、社外秘情報だけはお客様の方でマスクするなど、所属する企業様へのご配慮、コンプライアンス違反にならない範囲でご利用をお願いします)その製品の営業担当になったつもりで商品を売り込むSales Pitchの準備をしていただきます。また、ご要望があれば、ご自身が選んだテーマで作成していただいてもかまいません。

一年の締めくくりとして、聞き手に「面白かった」「あなたと取引をしたい」と思わせるプレゼンテーションをできるようになりましょう。

使用するフルーツフルイングリッシュの教材例

英語で!プレゼンテーションキャンプ

課題

実際の企業の新商品リリース

※上記教材は一例です。講師があなたの英語力・興味を踏まえて提案します。ここに掲載されている全ての教材を使うわけではありません。

Summit 商品詳細

商品名

Summit コーチング講師Kazue先生

内容
  • 個別面談と学力診断
  • 3カ月のコーチングプログラム
料金

※個別面談・学力診断費用とサミット本体の受講料の2つのお支払いが必要です。

デポジット 5,500円(税込み) 

個別面談・学力診断(1時間半〜2時間)を受けるための受講料としてデポジットが必要です。
受講を決定された場合、この受講料は返金されます(サミットで必要な受講料と清算させていただきます)。

 

サミット本体受講料

個別面談・学力診断が終了した1週間以内に、サミットプログラム本体へのお申し込みフォームをご案内しますので決済の上、お手続きください。
※サミット本体に参加されない場合、個別面談・学力診断料は返金できませんが、自分の実力を正しく知る指針となりますので、お役立て下さい。


 <受講料金> 
目安の受講料は月額7万円〜10万円程度です。ただし、特殊なメンバーシップに参加されている方は、当社の利用状況によって優遇価格が適用される場合が御座います。

定員

募集枠:5名様程度
※定員になり次第締め切ります。

面談お申し込み期間

2021/06/29(火)まで

個別面談・学力診断

お申し込み後、予約画面から、講師の空き時間のなかから、空いている時間を予約してSkype予約を取ってください。6/30(水)までに個別面談実施をお願いします。

※期限を過ぎるとご利用頂けません。
※予約後に、時間帯などの変更を希望される場合は、48時間以内にお手続きください。それ以外の変更は承れません。
※「個別面談・学力診断」にお申し込み頂いても、サミット本体参加が義務となる事はございません。
※お申し込みには、インタレスト登録をされた方のみにお送りしているメールでご案内したキャンペーンIDが必要です。
※サミットプログラム本体のお申し込みは、個別面談が終了した方から可能となり、先着順でご用意した枠が埋まり次第募集終了となります。ご予約いただいた面談日前に、サミット本体の募集が終了となる場合もありますので、あらかじめご承知おきください。

面談期間
  • 【一次募集】2021/06/27(日) 〜 2021/06/30(水)まで ※申し込み期限は2021/06/29(火)まで
  • 【二次募集】2021/07/01(日) 〜 2021/07/09(水)まで ※一次募集で空きがある場合のみ募集

※上記面談期間は準備状況次第で変更となる場合がございます。予めご了承ください。

必要なもの
  • サミット講師とのSkypeミーティングが週に1回ございます。Skypeをご準備ください。
  • メールでのご連絡が頻繁に発生します。メールでのご連絡が可能な環境をご準備ください。
  • 講師が指定する市販教材(※受講者様にご負担いただきます。)
  • 講師が指定したフルーツフルイングリッシュが提供する特別講座などは無料でご提供します(課題提出時の英作文チケット等の追加料金も不要です)。
Kazue先生のサミット
「個別面談・学力診断」に申し込む

※「個別面談・学力診断」にお申し込み頂いても、サミット本体参加が義務となる事はございません。

サミット HOMEへ戻る