Brad先生のキャリア・チャンスを掴む 英語履歴書の書き方講座

外資系・海外就職を目指すあなたに一生役立つ必修講座ができました!

  • 英語を使った仕事がしたい
  • 外資系企業や海外で働きたい
  • 自分の経歴や実力を効果的にアピールしたい
  • 英語面接でも自分の能力を伝えられるよう備えたい

あなたの中にこうした想いがあるならば、真剣に取り組むべき最初のステップが、『英語履歴書』と『カバーレター』の作成です。

これらにはライバルの応募者に勝てる、あなたが選ばれる履歴書にするために、自身の経歴・魅力を存分にアピールする「効果的な書き方」がある事をご存知でしょうか?

英文履歴書には、日本語の履歴書のようなかっちりと決められた型はありません。
しかしながら、英語履歴書ならではの書き方やフォーマットが存在します。

その上で何をどう書くか、あなたの魅力を最大限にアピールするために、必ず押さえておくべきポイントも多々あるのです。(スペルミスや拙い英語はもってのほか。)

基本を習わず曖昧な書き方をした結果、実力をアピールできず結局書類審査で見送り・・・となる前に、あなたのキャリアと人生を変える、英語履歴書の書き方を一度きちんと学んでみませんか?

ここでは応募書類の書き方だけでなく、書類を送り面接を終えるまでのプロセスもカバーします。応募書類を送る際にはどんなメール文を使えば効果的なのか、面接を受けたあと、結果が届くまでどんな流れで採用審査が進行していくのか、そして合格通知をもらったらどのように返事を書くと良いか。
このような流れもイメージしながら学んでいただけます。

講座の最後では、最も重要な面接に備えます。
英語を母国語としないあなたにとって、面接が一番ハードルが高いと感じるかもしれません。
面接では何をどう伝えるのか、自分の能力をどう表現するのか、そして予想しなかった質問にもきちんと答えられるか、などがポイントとなります。

この講座では、講師との模擬面接セッションを2回設けています。上記で挙げたいくつかの観点を踏まえ、自信を持って自分をアピールできるよう、しっかりと準備をしておきましょう。

日本の履歴書とは全く別モノ!英文履歴書ってどう違うの?

「英文履歴書を提出してください。」と言われたら、あなたはどんな書類を準備すれば良いのかすぐにパッと思い浮かびますか?もし思い浮かばなければ、いま一度ここで日本語履歴書と英語履歴書の違いを簡単に知っておきましょう。

英語の履歴書は、アメリカではResume、ヨーロッパやオーストラリアなどではCV(Curriculum Vitae)と呼ばれます。

ご存知の通り、日本で必要となる応募書類は履歴書と職務経歴書の二つに分かれていますよね。しかし外資系企業や海外就職の際に必要となる英語履歴書(レジュメ)は、日本の履歴書と職務経歴書の情報を合算したような、ひとつの書類です。

そこへカバーレター(Cover Letter)と呼ばれる、志望動機やアピールを記載した採用担当宛ての添え状を必ず同封して送ります。

履歴書の中にはもちろん名前や住所、学歴といった基本プロフィールも含まれますが、 最も核となるのが、あなたの過去のキャリア、つまり職歴や経歴・スキルをまとめて要約した職務経歴のセクションです。

ここで、英文履歴書とカバーレターには、どんな項目が入るのかが分かる簡単な例をお見せします。

講座内では、これらの項目ごとに具体的な書き方やコツをより詳しく解説します。
注)画像の例は、あくまで代表的な項目をご紹介するための一例となりますこと、ご理解ください。

[画像クリックで拡大できます]

CV / Resume

  1. 氏名・連絡先などの個人情報を記載します
  2. OBJECTIVE:

    希望の職種やポジションと、志望理由を記載します
  3. SUMMARY:

    経歴やスキルの要約を記載します
  4. EDUCATION:

    学歴には主に学士号以上の学歴を記載します
  5. WORK EXPERIENCE:

    職歴には会社名は在籍期間、業務内容や成果を記載します
  6. SKILL:

    あなたの資格やスキル、を記載します

※そのほか、講座内でもご紹介しますが、REFERENCE(照会先・推薦者)などを含むこともよくあります

Cover Letter

  1. 希望や職種・応募の経緯を記載します
  2. キャリアのアピールポイントや資格、スキルなどの要約を記載します
  3. お礼や面接の依頼、履歴書を同封している旨のお知らせを記載します

これらはどちらも、英文履歴書・カバーレター特有の「書き方」に沿って作りあげる事が大切。残念ながら日本語の履歴書や職務経歴書をそのまま英語にしたものでは通用しないので注意が必要です。

例えば、日本語の履歴書は学校名や企業名、年齢や顔写真などキャリア以外の情報も採用のポイントとなりますよね。一方で英語の履歴書では、あなたのこれまでの具体的な活動内容が採用の際に重視されます。これまでのキャリアやスキル、経歴をアピールする際は、何をどのようなプロセスで行い、どんな結果を納めてきたか。このような点をしっかりと記載することが必要です。

上記はほんの一例ですが、カバーレターも履歴書も、書き方やアピール方法であなたの書類が採用担当者の目に留まるか否かを左右する大切な書類。 きちんと正しい書き方を学び、最大限の自己アピールを盛り込むことが大事です。

まずは採用担当者に会いたい!と思わせる英文履歴書に!

採用担当者は、送られてくる数多くの履歴書を目にしなければなりません。

あなたのライバル達も、当然英文履歴書にかなりの力を入れて取り組んでいます。
とりあえず作って送ろうレベルの履歴書では、目の肥えた採用担当者にはすぐに見透かされる上、おそらく準備万端で応募してきたライバルに簡単に勝てるものにはならないでしょう。

とはいえいざ履歴書を書こうと思っても、何をどう書いたら良いのか分からないという方がほとんどではないでしょうか?

事実、多くの人は履歴書に自分の経歴を書くとき、パニックに陥ってしまいます。

こんな風に、
“I entered numbers into columns on a spreadsheet all day, every day.”
(スプレッドシートの列に1日中、毎日数字を入力しました。)
と書くだけなら簡単ですが、これでは当然興味を持ってもらえる履歴書にはなりません。

あなたの履歴書は多数の応募の中から、目を引く内容でなくてはならないのです。
何を書くかに勝り、あなたのアピールポイントを「どう書くか」が最大のポイント。

そこで採用担当者に会いたいと思わせる英文履歴書を作るためにポイントとなる、「STAR」フレームワークについて少しここでご紹介します!

STARフレームワークであなたの転職を成功に導く

採用者が知りたいあなたの情報が何かご存じですか?

それはあなたが現職でどのように判断し行動できるかを判断できる情報です。
準備ができていない応募者にはあまり知られていないアピール手法として、「STAR」フレームワークというものがあります。

知っているか知らないかで大きく印象が異なるこのスターフレームワークを身に着けてください。

STARフレームワークの『STAR』は、[S] - SITUATION 、[T] - TASK、[A] - ACTION、[R] - RESULT の頭文字から成り立っている言葉です。

「STAR」では、あなたの経歴を4つの要素に分けて整理し、どんな経験をどう成し遂げて来たのか、またその結果どうなったのか、といったプロセスを明確に提示します。

SITUATION(状況) どんな状況や難題に直面したか
TASK(タスク) どんなタスクや課題が待っていたか
ACTION(行動) その状況下の中で課題を解決するため、またはタスクを成し遂げるため、あなたは何をしたか
RESULT(結果) 結果はどうだったか

STARを適用すると先ほどの「スプレッドシートの列に1日中、毎日数字を入力しました」という例文もこう書き換えることができます。

STAR適用前

I entered numbers into columns on a spreadsheet all day, every day.

 

STAR適用後

[S] Despite simultaneously managing the concierge desk,
[T] I maintained data-entry requirements
[A] by careful time-management during a long shift
[R] to ensure exceptional levels of data accuracy.

いかがでしょうか?
STARフレームワークに沿って書くことで、あなたが向き合った挑戦や葛藤、そして成功も伝えることが出来るのです。

STARを活用することも、あなたが狙うキャリアを勝ち取るため重要ポイントのひとつ。ここでは簡単な紹介でしたが、講座内でもきっちりと抑えます。ぜひほかの応募者と一線を画す履歴書に仕上げていきましょう!

人生で最も重要なことだから、Brad先生も真剣に向き合います!

講座を担当するのは、ビジネス英語の指導経験が豊富なBrad先生。
先生は現役で人事採用に関わる業務に携わっています。

そう、採用側の立場としてこれまでも数々の候補者を見てきているのです。そんなBrad先生も英文履歴書に真剣に取り組むことが重要と強く語っています。

下記はBrad先生からのコメントです。

Brad先生からのコメント

まず最初にお伝えしたいのは、私はこのコースを単なるあなたへの「励まし」だけで終わらせるつもりはありません。履歴書を作成し提示することは、私たちのキャリアの中で最も難しいことの1つです。

私は急成長中の流通企業で、スーパーバイザーとして求人されているポジションに応募した人たちを審査し選出する作業に携わっています。大学ではマーケティングと企業の人材マネージメントについて学びました。普段はとても大らかな私も、大事な履歴書をおざなりにすることは出来ないのです。それは実際の採用では、とても厳しい目線で書類選考が行われることを知っているから。

分かりやすい一例が、最初に採用担当者が目を通すカバーレターです。

私の現場では、まずこのカバーレターにざっと目を通し、文法の間違いがあるものは履歴書の中身を見ることなく不採用にします。採用する側は、数ある応募書類の中から選び抜くためにはそのくらい厳しく見ていく必要があるのです。

実際の採用の現場を見てきたからこそ、真剣に履歴書作成に取り組む事の大切さを肌で感じているBrad先生。その先生があなたがこれからキャリア・チャンスを掴めるよう作り上げたのがこの履歴書講座です!

講座では英文履歴書を書くための必要な知識を学びながら、実践課題を通じて実際の応募に必要な書類一式を作り上げていきます。さらに書類完成後の最後2回の課題は講師とマンツーマンの模擬面接も行います。面接で自分をどう表現するか、何をどのように伝えるかを本番さながらに練習していきます。

一度作り上げた履歴書は一生ものです。

講座が終わる頃にはこれから先も長く使える知識と成果物があなたの手元に残ります。当然キャリアを積み重ねるごとにアップデートや修正は必要になりますが、最も大変な最初の1枚をこの講座の中で作り上げることで、一人で取り組むよりもずっと楽にに質の高い履歴書を作り上げる事ができます。

もし今回が全くゼロからのスタートでも大丈夫。

  1. 英文履歴書とカバーレター作り
  2. 企業へのコンタクト〜面接までの過程、面接後の採用結果を受けるまでの流れ
  3. 面接対策

このように、講座では外資系や海外の企業への応募に必要な書類の作成、応募方法、面接までの一連の流れを、ステップバイステップで学んで頂けます。

※Brad先生との当講座では「イギリス英語」が使用されます。
※テキストは英語版です。終講時に日本語版テキストを配布いたしますので、まずは英語のみで挑戦してみましょう。

この講座で学べる事

  • 英語履歴書と日本語履歴書の書き方やアピール方法の違いを知る事ができます
  • 採用側が見ているポイント抑え、書類に盛り込むことができます
  • 自分は何をどうしてきて、どのような結果を企業に提供してきたのか、明確に整理して書くことができます
  • 英語履歴書とカバーレターのフォーマットやルールを学ぶことができます
  • 使うべき単語やフレーズと避けるべき単語やフレーズを使い分ける事ができます
  • 履歴書に必要な情報と不要な情報の取捨選択ができるようになります
  • キャリアとあなた自身を最大限アピールする方法を知る事ができます
  • 英文書類に必要なフォーマルな英語表現が学べます
  • 作成する履歴書とカバーレターを使い、本番さながらの模擬面接を受ける事ができます
    *模擬面接の内容は録音され、書き起こし、添削いたしますので、面接内容を視覚からも確認修正できます

英語履歴書の書き方講座の流れ

STEP1日本語と英語履歴書の違いについて、詳しく知ろう!

[ Step1: Knowledge ]

はじめに、ネイティブであるBrad先生の視点から見た、日本語と英語履歴書の違いを学びます。

よく知られているものの例で言うと、写真や生年月日。日本の履歴書では必ず記載をしますが、英語履歴書では不要な項目の一つです。それは応募者の年齢は重要ではないと考えられているため。

このように良く知られている違いから、あまり知られていない違いまで、はじめに知っておくべき基本知識を学びます。

STEP2履歴書の書き方を学び、作成をはじめよう!

[ Step2: Resume ]

ここからは本題の履歴書の書き方です。まずは教材で履歴書の作り方を学びます。この章では実際の履歴書自体に焦点を当て、書き方を一から学んでいきます。

例えば

● 英文履歴書のフォーマット
● 使用する単語と避けるべき単語
● 必要な情報と不要な情報

など、あなたが履歴書を書く際に知っておくべき大事な箇所を挙げながら、ひとつひとつ解説していきます。加えて表現の細部まで伝え方にこだわる事で、あなたの強みや経歴をより魅力的にアピール方法や書き方についてもお伝えします。

<STEP2の課題>

  1. 教材で学んだあとは課題です。ここからが実践の場。STEP2の課題では、いよいよあなた自身の履歴書作成に取り組みます。
  2.  
  3. 取り組んだ履歴書は、講師へ提出します。あなたの書いた英文履歴書をネイティブ講師が添削しながら、より高精度で競争力のある表現の修正・提案をしていきます。

STEP3あなたの魅力を引き出すカバーレターを作成しよう!

[ Step3: Cover Letter ]

履歴書が完成したら、次の焦点はカバーレターです。
履歴書同様、はじめにカバーレターの作成方法を教材で学びます。

ここで先にお伝えしたいのが、カバーレターの作成は、間違いなく履歴書自体よりもはるかに難しい!ということです。

カバーレターでは人一倍あなたの個性やスタイルを輝かせられなければなりません。

文章で自分を表現するのは、英語を母国語としない人にはとても難しいもの。誰もが自分のことを雄弁出来る訳ではないので、カバーレターの作成はネイティブスピーカーにでさえ簡単ではありません。

ここでは、フォーマルな英語の使い方を交えながらカバーレターの書き方を指導します。

大事なビジネスレターに使うような、フォーマルな英語を習得するのは通常、難易度が高いのですが、Brad先生が過去20年の指導経験から培ったテクニックを用い、英語学習者でも使えるよう指導します。

<STEP3の課題>

  1. STEP2と同様に教材で学んだあとは課題に取り組みます。
    ここでは、教材で学んだことを実践しながらカバーレターを自身で書いていきます。
  2.  
  3. 取り組んだカバーレターを講師へ提出します。ここでもあなたの書いたカバーレターをネイティブ講師が添削しながら、採用担当者の心を掴めるよう、あなたの魅力を最大限引き出す表現へと改善していきます。

STEP4採用の応募プロセスとメールでの応対方法を知ろう!

[ Step4: E-mail ]

企業への応募は、履歴書とカバーレターが完成したら終わりではありません。

応募には、企業とのコンタクトの取り方、履歴書の送り方、採用担当者からの連絡にどう応えるかといった、一連の流れも重要ですよね。

実際に、応募プロセスを通して知っておくべきマナーや手法も存在します。STEP4では、応募プロセスの中で大事な下記の4点を中心に学んで行きます。

● 電話や書面で初めて企業にアプローチや問い合わせをする方法
● カバーレターのレビューと履歴書の作成方法の簡単なおさらい
● 企業からあなたにへコンタクトが届くいくつかの方法
● ポジティブなオファーが届いたら、どのように応えるか

<STEP4の課題>

STEP4の課題は、最初に送るメールを実際に書いていきます。

企業に初めてコンタクトする際、実践でも使えるメールです。ここでももちろん、あなたが書いたメールを講師が添削します。

STEP5面接に備えよう!

[ Step5: Job Interview ]

書類が完成したら、最後は面接の準備です。

自分をどう表現するか、何を言うか、どのように言うかなどを重点的に学びます。面接では自信を持って挑まなければならないため、おそらく最も難しい一つになるはずです。

実際の面接官は英語教師ではないので、あなたの間違いや言いたいことを推測してはくれません。時には予測できない質問を投げかてくることも。様々な質問への答え方や対応方法を学んでいきましょう。
第一回の模擬面接では会話の内容を録音し、文字に書き起こします。

書き起こされたものを添削してお返ししますので、面接での言葉遣いが正しかったか、どのように訂正すれば良いのか、文章で確認することができます。書き起こされた言葉遣いを添削された結果を生かし、第2回目の模擬面接レッスンに臨んでください。

<STEP5の課題>

面接パートの課題では、Skypeで講師との模擬面接を2回行います。

講師が面接官となり、前項で作り上げた履歴書とカバーレターの情報をもとにあなたへインタビューを行います。実際の面接を想定し、あなたのキャリアや専門分野に関する質問を投げかけます。

事前準備をしておくことで、本番の面接でも自信を持って望めるようトレーニングをしていきましょう。

Skypeを使用したレッスンの流れ

  1. この講座にお申し込みください。
  2. Skypeをご準備ください(スマホ、タブレット、PCでご利用いただけます。ダウンロードするか AppStore、Google Play などで無料で入手できます。)
  3. 講座ページから、ご希望の日時、ご希望の講師を選んでレッスンを予約してください。
  4. レッスン前日、および30分前にメールでリマインダーが届きますので、Skypeで待機してください。
  5. レッスンスタート!
  6. レッスン終了後に、講師からあなたへのメッセージをメールで届けます!英文で届くメッセージも、大切な学習教材です。あわせて次回レッスンのカリキュラムなどもお伝えします(英文で送りますが、日本人講師の場合は日本語を使う場合がございます)。
  7. Bに戻って繰り返します。

担当講師プロフィール

PROFILE

Brad先生プロフィール

日本での英語指導経験も豊富にあり、TOEIC、TOEFL、IELTSなどの指導教材作成に関わった経験もあります。人事採用のマネージャーの元でお仕事をされていたため、 採用側ならでは着目点や選考基準、受かりやすい書類作成のノウハウを熟知しています。非常にきめの細かい添削も人気で、なぜ間違っているのかという理由をしっかりと説明することができる講師です。

座右の銘はCarpe diem (seize the day)

出身
Australia
学歴
Charles Sturt University, Business (Marketing)
職歴
Logistics (Trucking Supervisor)
Warehousing (Freight Distribution)
English Teacher at well-known Eikaiwai - 大阪府の京橋、樟葉、本町、& 日本橋
趣味
Exercising, reading & writing novels, films, video games, board games
先生から一言

I work in a rapidly growing distribution company where I assist by screening candidate applications. This includes assessing cover letters, checking through resumes, and meeting these applicants for interview. Following this, I deal with ongoing monitoring and assessment of these new staff in all areas from OH&S, accuracy, and even customer service.

During university, my study was split between marketing/advertising and HR management. During this time, of course, I was educated on many theoretical aspects of recruitment. As we look at in the RSM course, education is important but it is not as valuable as experience!

When the English school I worked for in Japan closed its doors for the last time, I found myself job-hunting in a foreign country. This was a challenge I hadn’t planned for ? but one I had to face nonetheless. I know what it’s like to be trying to arrange interviews and job opportunities in a second language ? it’s a tough fight, but one that you can win with good advice and perseverance.

Once I returned to Australia, I started my career again and again. I’m a fickle fellow with a strong sense of curiosity ? I like to see new things and try new jobs, but I always find myself moved to mentor positions where I judge the aptitude of applicants for promotion or recruitment!

Most recently, I became a supervisor in a freight company with a national distribution network. A significant aspect of this role was ‘vetting’ applicants for positions ? everything from freight-handlers to truck drivers to receptionists. In time, it has become clear that those with effective, accurate cover letters and resumes manage to leap the first hurdle. The second hurdle is the actual interview, which comes down to not only preparing mentally, but also having the poise and manners of a winning candidate.

I’ve been on both sides of the table when it comes to job applications, many times ? I know what it’s like to be both the interviewer and the interviewee, and I know what the interviewer is looking for.

PROFILE

Cameron先生プロフィール

英会話から文章の添削まで幅広い英語指導経験があり、塾や大学でも指導する講師。日本人がやりがちなミスが何かをしっかりと理解しているので、解説もわかりやすいと人気です。英会話指導経験も豊富で、非常にフレンドリーで話しやすい講師ですので、英会話レッスンにもお勧めです。

座右の銘は「Do to others what you want them to do to you.」

※Cameron先生は課題添削&模擬インタビューのみ行います。

出身
ニュージーランド
学歴
Major: Electrical Engineering
職歴
Head teacher ad local English school in Sapporo

Business English teacher for a large English school in Japan

English teacher at a university in Sapporo.
趣味
Photography, Cars, Whisky, I am able to fix most problems on most vehicles

先生から一言

After 9 years of volunteer teaching with groups and one to one teaching, I appreciate and understand the need for teachers to be well prepared, trained, enthusiastic and willing. Students feed off their teachers knowledge and are motivated by their desire to help.

I can help you in so many ways to achieve your goals with the English language, whether it be for business, school, overseas travel, career or just to improve everyday conversation.

With a great attitude, determination and persistence, together, we can achieve your goals.

I really do look forward to meeting you soon.

Tips from me!

Remember SVO in English sentences. Try not to over complicate what you are wanting to say. Take advantage of the corrections you receive from the FE instructors. Have fun while learning English.

サービス説明

商品名
Brad先生のキャリア・チャンスを掴む英語履歴書の書き方講座
内容
  • マンツーマン添削指導<全3回>
    ※課題はワードまたはテキストで提出してください。
  • オンライン模擬面接セッション:全2回(1回20分)
    ※2回のうち、第一回目は面接内容をトランスクライブし添削します。
  • テキスト<全4冊>
    「英語履歴書の書き方講座 Chapter 1」
    「英語履歴書の書き方講座 Chapter 2」
    「英語履歴書の書き方講座 Chapter 3」
    「英語履歴書の書き方講座 Chapter 4」
    ※テキストはPDFでの配布です。
    ※テキストは英語です。終講時に日本語版テキストを配布いたします。
  • 質問し放題オプションを無料付与
    ※月額3,080円(税込)×4ヶ月分、12,320円相当額
    ※添削結果について疑問がある個所を無制限で質問できます。
    ※当講座の課題にのみ有効です。
  • 終講レポート
    ・講座終講時に各課題の作文例、ポイント解説、よくある間違いを中心にまとめたレポートを配布します。
料金

受講料金 60,500円<税込>

<お支払い回数> 以下から選んでいただけます。

【一括払い】
受講料金 60,500円<税込> x1回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時のみ

【分割払い(2回)】
受講料金 30,855円<税込> x2回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 61,710円

【分割払い(5回)】
受講料金 12,705円<税込> x5回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 63,525円

※分割払いの場合、途中で参加されなくなった場合でもお支払いの停止はできません。

※この料金のほかに通常の自由作文を利用する際の英作文チケットが必要です。
※必要となるチケット枚数は3課題で合計12枚程度です。
※講座で出題される作文を既定分量より多めに作文された場合はこの枚数以上のチケットが必要となります。


定員

募集枠:先着40名様(早割募集定員:20名様)

※定員になり次第締め切ります。

お申し込み期間

2021/03/18(木)まで

受講期間

2021/03/19(金)〜2021/08/27(金)まで

第1回 3/26(金) 添削課題@
第2回 4/23(金) 添削課題A
第3回 5/21(金) 添削課題B
第4回 6月 オンライン模擬面接セッション@
第5回 7月 オンライン模擬面接セッションA

※「質問し放題」特典での質問は講座開講期間中のみ受け付けます。

※このスケジュールは予定であり、その時々の課題の提出状況などにより見直す場合がございます。
※各課題の締め切りは課題配信日から2週間です。それ以降の提出は行えません。また未利用分の返金は行えません。あらかじめご了承お願い申し上げます。
※各配信日当日にeメールでお知らせいたします。
※毎回課題締切当日もしくは前日に提出が集中します。その場合には添削結果のお届けが通常よりお時間を頂く場合がございます。配信日1週間以内のご利用を推奨いたします。

お支払い方法

以下のお支払い方法がご利用いただけます。

  • 銀行振込
  • コンビニ
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

お申し込み方法

「この商品を購入する」ボタンを押して「入会お申し込みフォーム」に必要事項を入力してお申し込み下さい。

「この商品を購入する」ボタンを押して「入会お申し込みフォーム」に必要事項を入力してお申し込み下さい。