特別講座 - フォニックス&発音矯正講座 - 英文添削・英語添削 [英作文専門のフルーツフルイングリッシュ]FRUITFUL ENGLISH

「フォニックス」ってなに?

フォニックス

日本語は「ね」と「こ」という平仮名が読めれば「ねこ」という単語が読めますね。でも英語はそうはいきません。ABCの歌を歌えるようになって、「C」「A」「T」というアルファベットを読めるようになっても、「cat」という単語は読めません。

「C」には/k/という音、「A」には/a/、「T」には/t/という音があるということを知らなければいけないのです。

英語を公用語とする国では、このようにどのアルファベットがどういう音を持っているかを幼稚園や小学校で教えます。これが「フォニックス」です。

ローマ字フォニックス
どう違うの?

「ローマ字もフォニックスみたいものじゃない?

ローマ字を知っていれば「K」はカ行の音を作るとか「B」はバ行ってわかるし」と思われるかもしれません。それも一理あります。

でもフォニックスはそれだけじゃないのです。

Ai先生の体験談

Ai
Ai先生

「わたしは以前、英会話講師として、幼稚園、小学生にフォニックスを指導していました。その時に「ローマ字が邪魔になっているな」と感じたことがあります。

ローマ字を習う前にフォニックスで学習していた生徒さんにはすんなり読めて、ローマ字を学校で習ってからフォニックスに入った生徒さんにはなかなか読めなかった単語があったのです。

これを読んでいるあなたなら絶対知っていて、よく使う動詞なのですが、なんだと思いますか?それは「make」です。

ローマ字読みをすると「マケ」ですよね。ローマ字の知識しかなければ「メイク」はなかなか出てこないでしょう。アルファベット一文字に対応する音は必ずしも一つではありません。

フォニックスではアルファベットの「a」は/e?/という音も持っているということを学びます。それだけではありません。「make」という単語の中では「a」は/e?/という音で読まれるということを判断できる特別なルールも学びます。

フォニックスは正しい発音を身に付けられるだけでなく、初めて聞いた語を書いたり、初めて見た単語を読んだりするのにも役立つのです。」

フォニックスだけではない、
この講座だけの独自の発音矯正プログラム

この講座で学んでいたくのは発音の基本のフォニックスだけではありません。日本人の大人の英語学習者が、どんな長い英文でも、正しい発音で英文を発声できるように、フォニックスから始まる段階的な発音練習プログラムを開発いたしました。

フォニックスから始まる段階発音レッスン

受講者には、各レッスンで次の3つのステップで学んでいきます。

STEP1 フォニックスを学ぶ

まず私たちが誤ってはじめてしまったローマ字発音を正すために、文字単位でフォニックスの練習をしていきます。

Ant(あり)であれば、A、N、TAの音をそれぞれどのように発音するのが正しいのか、また音と音の並びの組み合わせでどのような音に変わっていくのか練習をしていきます。

あえて日本語で言いますが、

Aは、あ、あ、あ、あ(ネイティブの発音で練習していきます!)
Nは、ん、ん、ん、ん(ネイティブの発音で練習していきます!)
Tは、とぅ、とぅ、とぅす、とぅす(ネイティブの発音で練習していきます!)

と順番に。

次に、それぞれの文字を組み合わせるとどんな音になるのかなどなど、発展練習していきます。

フォニックスを学ぶ
え?簡単ですか?本当に?

例えば「a」。「エー」ですよね。でも、「A」だけで音が5種類もあることを知っていましたか?

日本語は母音が5つでシンプルですが、「あ」だけで5種類の発音があるんです。殆どの人はこの事実を見てみぬふりをしています。そして、いくら正しい文法知識を使って話してもあなたの口から出る音が・・・相手にわからない・・・もしくはすごく「変!」という問題が生まれるのです。

フォニックスを繰り返して練習することで、文字の組み合わせで音を発音できるようになれば、知らない単語に出会ったときでも、ネイティブがしているようにまず間違いなく正しい音に近い発声ができるようになります。すくなくとも、ローマ字読みで大きく間違った読み方をするというリスクはかなり下がります。

STEP2 単語と単語を組み合わせて発音しよう

次に、単語と単語を組み合わせていきましょう。1回のレッスンでフォニックス練習が終わったら、フォニックスばかりをやるのではなく次に発展練習に進みます。これが幼稚園児向けのフォニックスと違うところです。

すぐにでも英語の正しい発音・発声が必要なあなたを、短期間で実践レベルの発音ができるようにするために、フォニックスに続けて、そのフォニックスを使って応用練習する、単語と単語の組み合わせ発声練習に進みます。

これはどういうことでしょうか?

たとえばget away。

「ゲット」と「アウェイ」。1つ1つの単語はこのように発声しますが、2つの単語が並んだとき、正しくは「ゲタウェイ」となります。

日本人の英語の発声にはほとんどこの配慮がありません。

ゲット・アウェイと読んでしまうので、正しい発音に慣れているやネイティブや、アジア圏のノンネイティブの人達には何を言っているかが伝わりにくい、もしくは現実を正確に表現するなら、残酷ではありますが、殆どの場合、あなたが何を言っているかわからないのです。

フォニックスの後、この単語単語の組み合わせによる発音の変化を学んでいきます。

さらに、音の変化が6パターン主にある(同化、連結、短縮、脱落、弱形、弾音化)を全て学びます。

単語と単語を組み合わせ

STEP3 文章全体を発音してみよう!

ここまででだいぶ発声は良くなるはずですが、あなたが欲しいのは、一文まるまる正しい発音にしていくことだと思います。単語の組み合わせによる発音の変化を学んだら、今度は文章の発声に入っていきましょう。

Sam gets away with it.

主語を加えて意味あるよくあるフレーズの発声練習を通して、文章を音のリズムの形で覚えていきます。一文の発声練習には文章の型を覚えてもらう事が応用につながることから、日常使いをよくする文章の形を中心にピックアップしてお届けします。

毎回、英文字によるフォニックス練習、英単語の組み合わせによる発声練習、文章全体の発声練習を1ユニットとして組み合わせ基本から応用まで1回のレッスンで完結させます。

そして次の発声テーマに取り組むというスタイルでフォニックス44パターン(母音や単音で26、子音を含めると44)、発音の使い分けが難しい13パターン、単語の組み合わせ発声変化リエゾン・リンキングをマスターするための全パターンを網羅する合計24回のマンツーマンレッスンにパッケージしてご提供します。

あなたの典型的な日本人カタカナ発音を、この講座でたったの6ヵ月でまるで別人のような英語発音にしてみせます!

フォニックス、誰が学ぶべき?

私の英語、ぶっちゃけ
カタカナ発音です!と分っている方

特にこれまで発音を勉強してこなかった方には効果てきめんです。日本人の多くが、そもそもフォニックスとは何か?が分っていないこと。学校の先生が正しい発音ができないので音は学校教育では無視され続けており、今でも無視され続けていること。だからこそ、この講座で1ステップづつ学んで下さい。

それほど難しいことではないので、コツさえわかればやればすぐにできるようになります!(ただそのコツを一人で習得するのは至難の業!だからこの講座が生まれました)

学ぶ場所、機会、教材が
ほぼ皆無!という状況に嘆いている方

発音の教材は、動画教材などは巷に溢れていますが、動画を視聴するだけでできるようになるほど簡単なものではありません。というか一人で練習するには、むしろ、退屈すぎて続かないでしょう。

だからこそ、マンツーマンであなたを逃げられない環境に追いやってマスターさせるこの講座で1ステップづつ学んで下さい。1時間我慢して練習すれば、どんどん上達していきますからね。(ただレッスンは講師が英会話で雑談をいれつつ、楽しくナビゲートしますので1時間はあっという間かも!?)

発音(特に母音)に
自信がないあなたに。

「bowl」と「ball」、あなたは自信を持って発音しわけられますか?

フォニックスでは、なんとなくごまかして発音している二重母音などもバッチリ扱います。

「hall」と言ったのに「え?hole?」と聞き返された悲しい経験があります。発音で意外と苦労するのは実は「f」や「th」より母音です。フォニックスを学んで、「つ、通じるかな・・・」というドキドキにはお別れです!

子どもに英語を教えたいあなた

指導者として、親として、子どもに英語を教えるときに、フォニックスの知識は役立ちます。英語ネイティブの子どもたちが学んでいる方法なのですから!

※ネイティブの子どもたちはもちろんフォニックスだけを学んでいるわけでなく、日常生活の中で英語を見聞きする機会も当然あります。フォニックスを学ぶことで、点と点が結びついて線になるような経験もしているでしょう。あなたが指導するときにも、フォニックスだけではなくその他インプットの機会を与えることも必要です。フォニックス以外の、英語を日常に取り入れるヒントも扱います。

おまけコンテンツ

フォニックスの各レッスンの最後には、その回で学んだ発音を忘れた時のために、すぐに思いだせ、復習できる自習用の短めのスクリプト、模範音声を準備しています。模範音声には「あるもの」をつけています。

それは典型的な「日本人の間違った発音」と、「日本人の正しい発音」の差が分るサンプルです。あえて日本人同士の良い例、悪い例をつけることで、日本人の模範をまねしながら、段階的にネイティブに舌の動きを近づけるという練習です。耳になじみやすい分、どう発声すればいいかが練習しやすくなるのです。

中には、難しい発音をマネする、べらんめい口調が適切な時などあります(笑)。そんな時は日本語でいう「xxx」というフレーズに近い音ですよ!とヒントを貰うことで発音がし易くなりますよね?これだったらすごく身近で覚えやすくないですか?

あなたは日本語の音でどんな音に近いのかを感覚的に把握することができます。もちろん正攻法のネイティブの発音もつけていますので、安心してくださいね!

Skypeを使用したレッスンの流れ

Skypeを使用したレッスンの流れ
  1. この講座にお申し込みください。
  2. Skypeをご準備ください(スマホ、タブレット、PCでご利用いただけます。ダウンロードするか AppStore、Google Play などで無料で入手できます。)
  3. 講座ページから、ご希望の日時、ご希望の講師を選んでレッスンを予約してください。
  4. レッスン前日、および30分前にメールでリマインダーが届きますので、Skypeで待機してください。
  5. レッスンスタート!
  6. レッスン終了後に、講師からあなたへのメッセージをメールで届けます!英文で届くメッセージも、大切な学習教材です。あわせて次回レッスンのカリキュラムなどもお伝えします(英文で送りますが、日本人講師の場合は日本語を使う場合がございます)。
  7. Bに戻って繰り返します。

よくあるご質問

レッスンの時間帯はどのようになるでしょうか?

基本的に下記の時間帯を予定しております。

平日17:00-24:00(月〜金)
※ただし、週によって予定が変動する場合があります。実際の予約可能時間は、予約カレンダーでご確認いただけます。

専属コーチプロフィール

PROFILE

Sonja先生

Sonja先生プロフィール

日本語能力試験N1(最難関レベル)を保持する日本語が堪能な講師。英語を幼少期から自分で勉強してきたため、英語をどのように学ぶのがいいのか、英語学習者が陥りやすい間違いもしっかりと把握しています!非常にフレンドリーで親しみやすい講師として人気です。

出身
Croatia
学歴
Major: Japanese Language (Bachelors)
International Public Policy (Masters)
職歴
Did a lot of different part-time jobs during my time as a student in Japan:
〜 waitressing in an izakaya
〜 making pastries in a factory
〜 English teacher for all ages, from kindergarten to the elderly
〜 tobacco promoter
〜 TA in university
趣味
Music (singing, dancing, Kpop), Sports (cycling, hiking, rock climbing),
Languages (currently studying Chinese and Korean)

先生から一言

こんにちは!ソニャと言います。クロアチア出身です。

子供の時は内向的で、英語の本を読みまくり、インターネットで英語を使ってセーラームーンのことについてたくさん調べて、英語をマスターできました。

日本に2011年に留学のため来て、国立大学で学部と大学院を卒業しました。バイトはいろんなことを興味津々でやって、専攻は言語学・政治学でしたので、様々な方々と、様々なことについて議論することや経験することに没頭する日々を送っていました。 外国語を勉強するということは、INPUT・OUTPUTを常に気にすることですね。

どのような言い方を英語でするのかをINPUTでしなければわかりませんし、まなんだことをどんどんOUTPUTした上でより深く理解し、確実に覚えます。興味あることについて読んだり、ビデオ見たりした時、「英語を覚えなきゃ」という意識がなくなり、自然に理解してしまうことがポイントです。

是非、このような学び方に時間をかけるようにしましょう!

補足情報

高校から言語専門の学校に通い、言語学習のコツが何かを理解しています。日本語能力試験(JLPT)で最高レベルのN1を持ち、日本語も非常に堪能な講師。弊社の経験豊富なネイティブ講師が見ても準ネイティブだとは気づかなかったほどの英語レベルです。 純粋な英語ネイティブではありませんが、上記の理由から十分に英語指導を行える人材として準ネイティブとして採用いたしました。

サービス説明

商品名
フォニックス&発音矯正講座
内容
  • マンツーマンオンラインレッスン1回50分(全24回)

    ※レッスンはSonja先生ご本人が対応します(英語・日本語併用レッスン)
    ※対面レッスンのみなので、課題はありません。

  • 復習用の発声練習教材とガイド動画のセット(マイページで閲覧)が各レッスンに1つ特典として付きます。

    ※テキストはPDFでの配布です。

料金

受講料金 179,300円 → 初回開講早割募集価格 159,500円<税込>

<お支払い回数> 以下から選んでいただけます。

【一括払い】
受講料金 179,300円 x1回払い →  159,500円<税込> x1回払い

※お支払いタイミング:初回ご注文時のみ

【分割払い(2回)】
受講料金 91,443円 x2回払い →  81,345円<税込> x2回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 162,690円

【分割払い(3回)】
受講料金 61,559円 x3回払い →  54,761円<税込> x3回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 164,283円

【分割払い(6回)】
受講料金 31,675円 x6回払い →  28,177円<税込> x6回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 169,062円

※分割払いの場合、途中で参加されなくなった場合でもお支払いの停止はできません。

※講座では英作文チケット、英会話レッスン回数券などは必要ありません。受講料だけでご利用いただけます。


定員

募集枠:先着10名様

※定員になり次第締め切ります。

お申し込み期間

2022/06/02(木)まで

受講期間

開講日から1ヵ月以内に開始してください。
開始後、このプログラム専用ページから(購入後にメールにてお届けします)、開始日を1ヵ月以内で設定してください。
指定しない場合、開講日から30日後で自動開始となります。
レッスンスケジュールは、原則、平日夜の時間帯です。
※対面レッスンのみなので、課題はありません。

必要なもの

この講座ではSkypeを使います。あらかじめご利用いただける状態にしておいてください。詳細は、別途開講案内等でもご案内いたします。

お支払い方法

以下のお支払い方法がご利用いただけます。

  • 銀行振込
  • コンビニ
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

お申し込み方法

この商品はメンバー様専用の商品です。メンバーサイト内からお買い求めください。

この商品はメンバー様専用の商品です。メンバーサイト内からお買い求めください。