(本文約150ページ)
 

通訳から学ぶ
英語瞬発力アップ術

いきなりですが、クイズです

『そのツッコミが面白すぎる』

この言葉を今すぐ英訳してください。
考える時間は 2秒。しかも 辞書は使えない状況です。

考え中

※答えはこのページ内で解説しています

通訳者に求められるスキル

先ほどのクイズを辞書を使わずに、2秒で答えられたでしょうか?いきなりですと、難しいですよね。

しかし通訳者はこのクイズの連続のようなものです。 通訳者は、話し手が話し終わってから2,3 秒以内に通訳を始めるのがベストだと言われています。意味は分かるけれど、実際に訳そうと思うと難しい単語や表現は多くあります。 そんな単語や表現とも毎日格闘しているのが通訳者です。

いかに今知っている単語だけで、伝えたい意味を伝えることができるかが重要です。

そのため通訳者には、このようなスキルが求められます。

語学力 語彙、スキーピング、リスニング、ライティングなど総合的な語学力を意味します

瞬発力 辞書に頼すらずに言い換える力です

記憶力 話者が話した重要なポイントを忘れてはいけません

分析力 話者の話すメッセージ全体の分析・話者の意図や発話の場面、聞き手の期待値などを分析する力です

理解力 ただ直訳するのではなく、相手の言っていることをしっかりと理解して言葉を使い分けます

普段の英語にも瞬発力が必要

通訳者でなくとも、通常の会話をする時や仕事で英文のメールを書く時など、『言葉が出てこない…』と詰まってしまう経験はありませんか?

スピーキングも上達できるように英会話をやったり、話す機会を設けようと努力している。

なのに、
いざとなったらスムーズに単語も文章も出てこない!

一番の問題は、使いたい単語、使いたい文章が、自分の思うタイミングで出てこない、
つまり「瞬発力」がないことなんです。

仕事で1通のメールを書くのに何十分も悩む余裕はないはずですし、英会話をするときにも1文1文じっくり考えて話す時間なんてないですよね。 もし考える時間的余裕があったとしても、それは今すぐ使える「瞬発力のある英語」ではありません。

コミュニケーションをスムーズに図るためには、使いたい英語がすぐに出てこなければなりません。 そのために必要な瞬発力は意識したり、トレーニングを積まないと身につかないのです。

語彙力がないから伝わらないの?

英語学習をされている方の中には、「自分の英語力に自信がない」「語彙力がないため書けない」という方がいます。そのように考える人達はとてももったいないです。 なぜもったいないと感じるかというと、こう考える方の多くは、実は語彙力があり、しっかり自信を持っていいレベルの英語力だからです。

なぜ必要以上に自信がなくなってしまうのでしょう?
なぜ語彙力がないと思ってしまうのでしょう?

それはおそらく、単語や表現をA(日本語)= B(英語)と置き換えられないために「自分にはうまく英訳できない」と考えてしまうのでしょう。知らないと思った時点で、英訳を断念したくなるかもしれません・・・。

知らないため「私には訳せない」「辞書を引かないと!」と思っていませんか?

直訳する必要はない

わからない単語や表現が出てきたら、即座に辞書を引く必要があるでしょうか? いいえ、そんなことはないのです。

むしろ、まずは自分の力で英訳してみることが大事です。そしてそれを習慣化します。
これを続けることで自分の持つ語彙力で伝える習慣がついてきます。

すぐには出てこない単語や文章を、どうにか自分で表現するには、頭を柔軟にして、色々な角度から文章を考え、必要に応じてできた文章を修正していく必要があります。 このステップに慣れてくると「文章が全く思いつかない・・・」と悩むことはなくなります。

そして自分の力で英訳した後で、辞書を引いて確認してみるのはいかがでしょう。 そうすることで、書く力をつけながら語彙力を延ばすこともできます。

最初から辞書に頼ったり、わからないから書くのをやめる(または省く)というのはもうやめましょう! 訳すスピードも上がってくるはずです。

クイズの回答例

『そのツッコミが面白すぎる』

さて先ほどのクイズの回答例です。

Your comment is just perfect!

もしくは…

Your response is so hilarious!

こうやって回答例を見ると、「この単語知っている!」「あれ、こういう訳し方でいいの?」と思われるかもしれません。

そうなんです!実は既に知っている英単語でも、十分通じるのです。

しかし、直訳しようとして、言葉に詰まって時間がかかってしまっては、せっかくの会話も台無しになってしまいます。だからこそ、英語の瞬発力を身につければ、きっとより英語が楽しくなること間違いありません。

瞬発力を身に着けるためのトレーニング

現役通訳のNatsuki先生による「通訳から学ぶ 英語瞬発力アップ術」では、練習問題を通じて、考え方・トレーニング方法・テクニックなどを詳しく解説します。

  1. STEP
    1

    わからない単語も知っている単語で言い換える

    日本語から英語表現を考えようとすると、どうしても「この単語英語でどう表現するのかわからない…」というものが出てきます。わからないからと言ってその単語自体を会話や書く文章から省いてしまっては、伝えたいことが十分に伝わらない可能性がありますし、そうなってしまうと自分の日本語と英語では大きなギャップが生まれます。

    そんなギャップを最小限にするためにどうやって知っている単語で乗り切るのか、どのような訓練をすればいいのかを学びましょう。

  2. STEP
    2

    逆転の発想などを使って様々な文章構造の文章を考える

    「自分で考えることの大切さに気づくための訓練」と言ってもいいかもしれません。日本語から英文を考えたり、自分が使いこんで慣れている英文ばかり使っていると、ほかにも表現がある、違う考え方もあるということを忘れがちです。

    例えば、「Thomasだけがこのプロジェクトで私を手伝ってくれた」を英語にするとこうなります。

    Only Thomas helped me with this project.

    でも同じ日本語を違う視点から考えるとどうでしょうか?
    Thomas以外は何していたの?
    Thomasは絶対に主語にしないといけないの?
    ほかの文章構造は?

    簡単そうな文章でも文章構造の選択肢は様々。考え方のコツを学びましょう。

  3. STEP
    3

    目に入るものをすぐに英語に直してみる

    瞬発力がない人の問題点の1つは単語力。単語帳を片手に覚えていくのもいいですが、いつ使うかわからない単語ばかり覚えても意味はありません。本当は、自分の周りにあるものやニュースで聞いたもの、通勤中に見かけたものから単語を吸収していくのが最も効果的です。最低限の時間で効率的に語彙力アップするための練習法をお伝えします。

  4. STEP
    4

    リスニング力強化のためのディクテーション

    英語学習者ならやったことがある人も多い「ディクテーション」。リスニング力だけではなく、理解力、文法向上にも力を発揮してくれます!文章がどのような構造になっているのか、どういった文章にすると自然なのかというのを感覚でつかむためにも重要な練習ですので、オリジナル教材を使い練習しましょう。

  5. STEP
    5

    理解力を高めるためのサイトトランスレーション

    英語での英会話。話している間は何となく理解しているつもりだったのに、話し終えると「えーと、何て言ってたっけ…」なんてなることがあるかもしれません。英文を読んでいるときもそうです。サイトトランスレーションは簡単に言うと、「英文を頭からどんどん訳していく」というもの。文章を一定の塊で区切って、1つの塊ごとに意味を理解していくというトレーニングを行い、より素早く内容を理解できるようになります。

  6. STEP
    6

    意味を瞬時に理解するために不要な情報と必要な情報を見極めるための分析

    日本語でもそうですが、会話や読む文章に使われている単語すべてが同等に重要ということは絶対にありません。重要なものもあれば、なくても意味にさほど影響を与えないものまで様々です。不要なものに囚われすぎて無駄に時間を費すことのないよう、何が必要で何が不要なのかを即座に分析する練習をしましょう。

  7. STEP
    7

    表現力をつけるために関連用語や派生語を確認する

    1つの単語から学べることは1つではありません。例えば、「弁護士」を意味するattorneyという単語。辞書で日本語の意味を調べるだけでは学びはそこでストップしてしまいますが、「弁護士」に使われるほかの単語lawyerとの違いを調べるだけでもほかに学べることがあります。表現力や理解力を効率的につけるには、1つから複数のことを同時に学ぶのがおススメです。どのように学ぶのかをご説明します。

  8. STEP
    8

    リテンション・リプロダクションの練習

    同時通訳の練習の一環として行う、リテンションとリプロダクション。自分の理解力を試すものでもあり、リスニング力、会話、発音など複数のことを同時に練習することができる難易度の高い練習法をご紹介します。

  9. STEP
    9

    文章を意味の塊で区切るサラミテクニック

    サイトトランスレーションや同時通訳でも使うサラミテクニック。文章全体を1つとして考えるのではなく、意味のあるまとまりに区切ることで読解力が高まります。

  10. STEP
    10

    自分の理解度を図ることにも役立つ要約

    相手の話したことや書いたことをわかっていたつもりでも実は勘違いしていた、わかっていなかったという経験がある人も多いはず。自分の理解していることを「要約」としてまとめることで自分の理解度を測ることができますので、そのやり方を学びましょう。

  11. STEP
    11

    「複雑な文章=英語力が高い」というわけではないため、シンプルな文章を心がける

    意味はわかるけど読みづらい、間違いではないけどなんとなく複雑すぎる、そんな指摘を受けることが多い日本人。間違いではないはずなのにネイティブからすると指摘だらけの文章になってしまうのは、ネイティブ好みの「シンプルな表現になっていない」ということです。どのようにすればネイティブ好みの文章に近づけるのかしっかり学びます。

  12. STEP
    12

    英語のアウトプットを増やすためにもシャドーイングの練習

    瞬発力のある英語をつけるには慣れが一番重要です。話す・書くという実際の練習をしないことには、いくら文法を身につけても、語彙力を高めても意味はありません。なかなか英語を話す機会がないという人に特におすすめしたいシャドーイングの練習をオリジナルの教材を使って行います。

失敗を活かすかどうかが肝心

英語ライフ

経験を積んだ通訳者でも失敗することがあります。

ある通訳者は、通訳の仕事を終えた後に、手帳に自分のパフォーマンスを評価しています。 うまくできなかった日は結構凹むそうで、失敗した個所を思い返しては、別のしっくりくる表現を考えたり、どういうタイミングにすればよかったかなど反省点を考えるそうです。 そして自信を持ちすぎない方が、慎重な通訳ができていいと言っています。

プロの通訳者も、このように自分の英語を振り返っていると聞くと、安心しますね。

瞬発力アップの練習も何度も重ね、失敗を恐れずに、英語を使いましょう。 失敗もたくさん経験するでしょう。 「あ〜、こういう風に言えば良かった」と思うこともあるでしょう。

しかしまずは、その経験を褒めるべきです。 自分の知っている単語で文章を作ったことを褒めるべきです。 自分の力で会話の流れを止めずにコミュニケーションをとったのですから。

そして英語で失敗したとしても、それで終わりにしないようにすべきです。 思い切って今ある語彙力で英語を使った後だからこそ、新しい英語を吸収しやすくなることでしょう。

『通訳から学ぶ 英語瞬発力アップ術』では、自分の力で英訳するためのテクニック、その練習方法、復習ポイントを総合的に学ぶことができます。

ぜひ英語の瞬発力を身に着けて、より楽しい英語ライフを送りましょう!

講座開発者 Natsuki先生プロフィール

PROFILE

若くして単身オーストラリアに渡豪されたNatsuki先生も、はや現地生活が数十年。最初は苦手だった英語もTOEIC990点となり、今は主に政府機関での同時通訳家として活躍されています。英語が大の苦手だったNatsuki先生はどのように現地での生活に溶け込み、乗り越えていったのでしょうか。そんなNatsuki先生に彼女自身が歩んだ英語学習・英語アウトプット法について直接アドバイスをもらいませんか?

出身
日本
学歴
シドニー工科大学ビジネス学部IT・会計学科学士号
マコーリー大学言語学課通訳・翻訳学科修士号
TOEIC990(満点)
NAATI(オーストラリアの通訳翻訳国家資格)プロフェッショナルレベル通訳者
職歴
翻訳者・通訳者として主にIT企業や政府機関にて同時・逐次通訳を担当。また、オーストラリアの政府認定専門学校にて翻訳・通訳コースの講師を務める。
趣味
料理、ワイナリー巡り、映画鑑賞
裁縫(子供服は基本的にどれでも作れます!)
先生から一言

高校卒業後、オーストラリアに渡り早数十年。それでも日本をこよなく愛し、毎年帰国を楽しみにしており、日本の新発売(お菓子でもなんでも!)に目がありません。現在は通訳・翻訳の仕事を主にしていますが、「言葉を学ぶ・教える」ということにも非常に興味があり、学習の毎日です。至福のひと時は、日本で買った新発売チョコレートと赤ワインを夜な夜な楽しむことでしょうか・・・。

英語、特にライティング英語の上達法は、毎日短い文章であったとしても書き続けることです。このフルーツフルイングリッシュでは書いたものを添削してもらえるので、自分が書いた文章に間違いがあれば、それをしっかり復習するとより身に付くと思います。また、新出単語や表現があった場合は、それが自然に出てくるまで何度も使うことです。そうすることで、考えずともスーッとその表現が使えるようになるはずです。

そして英語上達の鍵は、間違えることを恐れず、基礎を抑えるということだと思います。体系的に学び基礎を固めることで、ある程度のコミュニケーションを図ることができるようになり、英語を学ぶ楽しさを味わいながら、またその上を目指すことができると思います。言語は一夜にして習得できるものではありませんので、モチベーションを保つのは重要です。「今日はこの単語(文法)を使ってみよう!」と自分に小さな課題を設けることも、モチベーションを高めるのにいいのではないでしょうか。

以前は英語でのコミュニケーションがほとんど取れなかった私でも、時間を掛けてじっくり勉強することで今は日英翻訳・通訳を主な仕事としています。皆さんそれぞれ英語学習の目的は違うとは思いますが、言語は日々変化するものですし、コミュニケーションをとる相手によって表現を変える必要があるかもしれません。どんな場面でもできるだけスムーズに自分の思いを表現できるよう、皆さんと一緒に学びながらお手伝いができればと思っています。

サービス説明

商品名
Natsuki先生の通訳から学ぶ「英語瞬発力アップ術」
ページ数
本文約150ページ
内容
Natsuki先生による個別の添削指導はありません。
デジタルコンテンツ(PDF)のみの販売になります。

  • 第1章 辞書を引かずに自分の力で文章を考える!
  • 第2章 クイックレスポンス!
  • 第3章 リスニング力強化
  • 第4章 分析力、好奇心、探求心+サイトラ
  • 第5章 表現力を磨く2つの方法
  • 第6章 ディクテーション・分析
  • 第7章 リテンション・リプロダクション
  • 第8章 サラミテクニック!
  • 第9章 サマラインジング
  • 第10章 シンプルな文章にするコツ
  • 第11章 シャドーイング
  • 第12章 1分間のアウトプット練習!
料金
定価3,850円<税込>
お申し込み期間
販売中
注意事項
  • 商品の特性上、一度購入された商品の返却は一切出来かねますので予めご了承をお願い申し上げます。
  • 購入後、メンバーサイトのダウンロードページ(「テキスト」メニュー)よりダウンロードしてご利用下さい。
  • 商品の特性上、一度購入頂いたバージョンから予告なく内容の改変、削除、追記を行う場合がございます。あらかじめご承認の上ご購入をお願いします。
  • 商品発送のeメールお届けから1ヵ月以内にダウンロードしてご利用下さい。
  • 購入したコンテンツの全部または一部の配布、オンライン上へのアップロードなど、その媒体を問わず、購入者ご本人様以外の第三者への提供は行えません。また利用用途は個人の英語学習目的と限定させていただいております。
  • 法人でご利用のお客様は一部を購入して社内用にコピー配布して利用することはできません。法人でお買い求めの場合は、カスタマーサポートセンター宛にご相談ください。

お支払い方法

以下のお支払い方法がご利用いただけます。

  • 銀行振込
  • コンビニ
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

お申し込み方法

「この商品を購入する」ボタンを押して「入会お申し込みフォーム」に必要事項を入力してお申し込み下さい。

「この商品を購入する」ボタンを押して「入会お申し込みフォーム」に必要事項を入力してお申し込み下さい。