Simon先生の助動詞攻略講座


この講座は初級・中級者向けの講座です。

Simon先生の助動詞攻略講座

この特別講座の特徴

ほとんどの日本人の英語は「受験英語の間違った狭い知識でカッチカッチになっている状態」です。

50万件を超える添削指導の中で、際立っている日本人の助動詞の誤用についてメスを入れる文法攻略講座です。

ネイティブ講師から英語で助動詞の正しい使い分けを教えてもらえます。

講座で配布するテキスト教材はネイティブが日本語で書き下ろしたオリジナル教材を使います。

この講座で学べること

  • 受験英語の誤った助動詞の知識をリセットします。
  • そのうえで助動詞の正しい知識を学びなおします。
  • 助動詞を正確に使いこなすという選択肢を持つことで、あなたの英語をより表現豊かなものに変えます。
  • 演習問題や、マンツーマンの添削講座、そして質問し放題特典など徹底的なフォローであなたの助動詞の理解を底上げします。

あなたの助動詞の使い方は受験英語仕様になっていませんか?

助動詞と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?

助動詞と聞いてあなたは何を思い浮かべるでしょうか?

助動詞には、will、can、do/does、could、would、may、might、should、have to、・・・などがあります。中学校の時に教わった簡単なものから、なんとなく使い分けにくいものまで・・・数は少ないのですが、1つ1つにたくさんの意味があるので厄介で、正確に使えそうなのは、will/can/mayくらい・・・。wouldになるともうどういうニュアンスなんだか実際よく分かっていません・・・という方は多いのではないでしょうか。

実は助動詞の間違いは、英文添削サービスをしている私たちからすると、非常によく見る間違いなのですが、何も、推量と言われてwould/might/could/mayのどれを使うかという難易度が高いもので間違いが多発しているわけではありません。

むしろ基本的な助動詞で正しく扱えていない例が多く見受けられます。例えば、こんな誰もが使いそうな英文でも、間違いが起こっています。

Can you understand Japanese?

実は、このような英文を使ってはいけません。文法的には正しいのですが、とっても失礼な英語表現なんですね。canのような基本的な助動詞ですら間違った使い方をしている方が非常に多いと感じています。利用頻度が高いだけに、致命的な意思疎通の妨げになっていることが少なくありません。

「can=できる」、「should=べきだ」

というような受験英語の公式で表現できるレベルでとどまっている方が多く、豊かな意思疎通の妨げになっているテーマの1つになっています。

今回、この正確な理解が進んでいない「助動詞」を指導してもらえる期間限定の講座を準備しました。あなたに必要な講座かどうか、判断を頂けたらと思います。

助動詞でこんなミスしていませんか?

受験英語の助動詞は、数学みたいにカッチカチ!

日本の文法テキストはある意味、数学みたいです。

果たして実際のネイティブの助動詞の使い方は私たちが受験英語で習ったような公式がなりたつのでしょうか?

(〜しなければいけない) ⇒ must = have to 〜
(〜できる )⇒ can = be able to 〜

実は、本当の英語では、この公式は残念ながら成り立ちません。

受験英語は、フルーツフルイングリッシュでは繰り返し伝えていますが使える英語、つまり実用に耐える英語ではないのでそのまま使うと危険です。ある種の適性(記憶力等)を測るために英語と言う教科が利用されているくらいに考えた方が近いと思います。

例えば、1つの公式(can = be able to)が同じなのか、あえてネイティブにどのような印象で伝わっているのか比較してみましょう。

I can eat umeboshi.
「私は梅干しを食べることができます。」
※梅干しの酸っぱさをかなり我慢して食べているイメージ。


I am able to eat umeboshi.
「私には梅干を食べられるという、(ネイティブには普通にない)特別な能力があるんだよ。」
※このような能力自慢をする方はほとんどおらず、よって非常にレアな使われ方です。


どうですか?公式に頼って英語を使っていたらとても正確な意思疎通はできないとおもいませんか?

shouldは「〜するべきだ」って、ほんと?

これも日本人の英語に典型なのですが、実はshouldは「〜すべき」という対訳式のアプローチで教えられます。

その結果、日本人はshouldを使う事は強い警告や、義務感を与えるべき時に使うと誤解していて、なかなか使えませんし、逆に使われると失礼な人だ!などと勘違いをしている方が続出しています。

shouldは主語との組み合わせでその意味がかわります。英語圏の人は、You should 〜で、日常的な話題ですと「〜したほうがいいよ」というアドバイスのトーンでごく普通に日常使いをしています(写真、右イメージ)。

日本人の持っている誤った
You shouldのイメージ
ネイティブのYou shouldのイメージ

どうですか?あなたが学校で教わってきた事と随分違いがあると思いませんか?

基本的な助動詞をまず正確に!

もう一つ、最後にこの例を挙げましょう。日本人が外国人のゲストを迎えた時に必ず口にする助動詞canを伴う超簡単なフレーズですよね。ですが、これらが相手にどのように伝わっているか、あまり正確に把握している人はいません。

もう外国人の方の方も慣れっこになっているので、悪気はないんだよね・・・という印象で
聞き流してくれているのですが・・・

あなたは、こんな英語使っていませんか?

Can you eat sushi?
Can you drive a car?
Can you speak/understand Japanese?

これらはいずれも失礼なためにNG表現とされており(もちろん文法的には100点)、ネイティブの方だったら相手にこんな聴き方はしません。
これらは全てNGなのです。

Can you eat sushi?

これは、寿司を食べるための特別な消化器官か何かが必要な印象を与えます。

生魚を食べない文化の人には寿司はこのような印象なので、
Can youと聞くとますます寿司が食べられなくなるかも・・・
もちろん宇宙人になら使ってOKです。

Can you drive a car?

「運転、できます?」という意味をねらっていますが、酔っぱらった人に対して(今の日本ではもうNGですが)、ちゃんと運転できる?と聞く場合ならOKです。

この様な状況だけでCan〜はOKです

一方で、免許証を持っていて「車を運転できますか?」と聞くような場合は、この様な聞き方をしてはいけません。 相手は「車くらい、運転できるわ!バカにしないで!」という反応をするかもしれません。

この様な状況ではCan〜は失礼です。

Can you speak/understand Japanese?

これに至っては、日本語を理解するための理解力が足りているかという、普通だったら許されないほど人を馬鹿にしているあり得ない質問です。

例えば、何度言っても約束を守れない子供に、Can you speak/understand English?
などというのはこんな写真を想像させます。

あなたは、大人に対して、このように子供に使うようなしつけの言葉を使っていませんか?

これらの誤解に共通するもの

これらの誤解に共通するものの正体は、やはり、受験英語にその原因を求められるでしょう。

もちろんやむを得ないですし、今の学校の英語教育は使うための英語ではなく、受験で合格点を取るための点取りゲームですし、限られた授業の枠の中で、これらを覚えるのは難しいでしょう。

ですので、必然的に、
canは「できる」
そして、canは、「be able to」と交換できる
という、日本語1に対して英語1という1:1の対訳形式で覚えさせること、公式で覚えやすく指導する結果になってしまうのです。

そして、大人になってからの勉強でも、TOEICなどの穴埋め形式の試験は、これらの知識で十分に乗り切れるので、ネイティブに近いニュアンスで使い分けるという重要な問題に気が付いている日本人は少ないと言えます。

ですから、ネイティブが基本的な助動詞を、どのように理解しているのか、受験の学び方ではなく、各助動詞が持つ「根本的な意味」をとらえなおして、詳しく学んでいきます。

今までにない斬新なアプローチで直感的に助動詞を学ぶ!

基本的な助動詞は、学校教育含め、市販の文法書やインターネットでも学べるのですが、残念ながらその情報は、先ほど例を挙げてお伝えしたようにそのほとんどが正しい姿を伝えていません。そのためこの講座では、あなたが今まで目にしてきたような日本での教え方のアプローチは取りません。

助動詞には各助動詞が持つ、コアとなる意味があります。例えばwillであれば、その語源からさかのぼって、どんな意味が最初にあって、そこから、今の意味がでてきたのか・・・

そしてネイティブはこのコアの意味に基づいて助動詞を理解しています。もちろん、語源をさかのぼると言っても、言語学的な難しい説明は一切ありません。

この講座では、この各助動詞に1つのキャラクターを与え、キャラクターのイメージで各助動詞の正確な理解を行って頂きます。

助動詞が持つキャラクターを理解することで、各助動詞が持つ意味の微妙な違いを理解し、日本語との対訳の罠(例えば、できる=can)にはまらず、正確に使い分けることができるようになるでしょう。

ですのでこの講座には「〜マン」というヒーロー(キャラクター)がたくさん登場します。
助動詞をキャラクター化して、講座の中で彼らの性格や気質を知ることで、あなたの誤解だらけの助動詞の知識を再整理していきます。

いつも元気なヒーロー、いつも戸惑っている優柔不断野郎など、助動詞をヒーローと関連付けて学ぶユニークで楽しい講座です。

この講座の教材は、ネイティブ講師が日本語で執筆しています

この講座では、アメリカ人講師のMorgan先生がこの講座のためだけに日本語で執筆したオリジナル教材を使います。だから、ネイティブが感覚的にとらえている助動詞のイメージを、ネイティブが理解しているそのままに理解することができます。

ネイティブの先生は数が多いですが、日本語でテキストを執筆できるほど日本語と英語を扱える講師はそれほど多くありません。

この講座で学べば、あなたもネイティブがしているように、そして、あなたも日本語で普通にしているように、微妙なニュアンスの違い、例えば、怒りだったり、遠慮だったり、上から目線だったり、尊敬の念などを自由に加えることができるようになります。

このレベルで助動詞を理解することは、一般に販売されている書籍や、他のスクールでは学ぶことが難しいため、この講座で、本当のネイティブが理解しているイメージで助動詞を扱えるようになってください。

受講生だけに与えられる3つの特典

この講座の受講生には、学習が有意義なものにするために3つの特典を準備しました。

特典 01

助動詞をマスターする2冊のテキスト「助動詞マスターブック」

この講座には、講座期間中、2冊の予習テキスト「助動詞マスターブック」を配布します。イラストと練習問題、そして今までにない助動詞のキャラクター化でわかり易くあなたの助動詞の理解を深めます。この教材は、ネイティブ講師が日本語で書き下ろした当社オリジナルの教材で他では入手できないものです。

特典 02

質問し放題

添削結果について疑問がある場合は通常月額3,080円(税込)で提供している質問し放題オプションを開講期間中4か月間お付けします。(総額12,320円相当)
確実に1回1回疑問を解消しながら先に進むことができます。

※この講座で提出した課題に対してのみ有効です。
※いただいた質問は、講師が他の受講生の学習に役立つと判断した場合、終講レポート等に掲載させていただく場合がございます。

特典 03

担当講師と直接コンタクトがとれるチャットルームに特別ご招待

受講生と担当講師だけが参加できるチャットルームに特別にご招待いたします。そこで出た質問には担当講師が直接お答えします。すべてのやりとりは受講者全員でシェアされますので、いろんな方からの質疑応答を確認いただくことで、より学びが深まります。

※チャットに投稿された質問にはできるだけ早くお答えする予定ですがリアルタイム返信ではありませんのでご了承ください。
※この講座の学習目的から逸脱したご利用はご遠慮ください。

講座開発者Morgan先生のプロフィール

PROFILE

Morgan先生プロフィール

アメリカ出身のネイティブでありながら、さかな辺の漢字をほとんどすべて読むことができるほど日本語が堪能で、日本人の日本語と見分けがつかないほど使いこなせるネイティブ講師。
モーガン先生自身が非日本語ネイティブでありながら日本人の英語レベルにまで到達するには日本語・英語というロジックの違う言葉の壁を乗り越える必要がありました。先生自身の経験を活かして、今度は日本語から英語にする際に直訳ではなく「英語ならではの変換ロジック」を指導します。

出身
アメリカ
学歴
Occidental College in LA 生物学専攻
早稲田大学 日本語学専攻師
職歴
国立大学・大学院でプレゼンテーションをテーマにした講座講師として活躍。英語でのプレゼンスキル・それに必要な英語指導を行う。
日本公教育ALT講師、翻訳家・通訳
趣味
Ultimate Frisbee, Yoga, Reading the News (especially politics and economics)
先生から一言

I first came to Japan as a high school student and never looked back. Even though it was only a short 10 day trip I had made up my mind that I was going to study Japanese and come back here to live. My 10 odd years in Japan have taken me from Tokyo to Mie and all around Kyushu, where I now live with my Japanese wife and son.

Learning a foreign language is never easy. This is especially true for Japanese learning English and vice versa, but it’s not impossible! People like you and me do it all the time and I hope I can use my knowledge and experiences to help you better communicate in English both written and spoken.

伝えたいこと、興味があることを題材にするのもいいと思います。旅行や好きな食べ物、素敵な場所、自分が伝えたいことが思うように伝わるとすごく充実感があると思います!ライティングは、書けば書くだけ上達します!

勉強は辛くては続きません。私も日本語の勉強、漢字の勉強は大変でしたから...(笑)第二言語を勉強するみなさんの気持ちは痛いほどわかります。英語を通して楽しく対話しながら一緒に学んでいきましょう!You can do it! We can do it!

(※この日本語はモーガン先生ご自身によるものです)

講座担当者Simon先生プロフィール

PROFILE

Simon先生プロフィール

自分が試行錯誤しながら日本語を学んだ経験から、言語学習の難しさや効果的な方法を理解している講師。子どもに英語を教えており、どうすれば分かりやすく解説できるかを常に考え、丁寧かつモチベーションの上がるコメントを心がけています。

出身
ニュージ―ランド
学歴
Manukau Institute of Technology
Major: Electronics and Electrical Engineering
職歴
Computer service technician, test equipment technician,
English conversation school teacher and manager
趣味
映画鑑賞、ギター演奏、ガーデニング、ハイキング

先生から一言

Hi! I'm Simon. I am from New Zealand and have lived in Japan since 2000.During this time I have workedas both a teacher and manager at English conversation schools. I am currently teaching English to children.

When I first arrived in Japan I had a lot a lot of difficulty learning Japanese.It didn't come naturally to me, and I had never learned a language before, so I found my own ways of learning through trial and error.

I believe that this process has helped me as an instructor to see things from my students' perspective. I try to get into my students' minds, so I can figure out what they really want to say, and why they say things in a certain ways. With that in mind, I then try to give the best advice I can.

サービス説明

商品名
Simon先生の助動詞攻略講座
添削回数
全7回 ※微妙なニュアンスを理解してもらうため、ネイティブが英語で指導します。
内容
  • マンツーマン添削指導<全7回>
    • 課題型作文6課題
    • 自由作文1課題
  • テキスト<全2冊>
    • 予習テキスト「助動詞マスターブック 前編」
    • 予習テキスト「助動詞マスターブック 後編」
  • 質問し放題オプションを無料付与
    ※月額3,080円(税込)×4ヶ月分、12,320円相当額
    ※添削結果について疑問がある個所を無制限で質問できます。
    ※当講座の課題にのみ有効です。
料金

受講料金 39,600円<税込>

※この料金のほかに通常の自由作文を利用する際の英作文チケットが必要です。必要となるチケット枚数は14枚程度です。
※講座で出題される課題の1回あたりの必要チケット枚数は2枚です。
※講座で出題される自由作文を既定分量より多めに作文された場合はこの枚数以上のチケットが必要となります。


<お支払い回数> 以下から選んでいただけます。

【一括払い】
受講料金 39,600円<税込> x1回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時のみ

【分割払い(2回)】
受講料金 20,196円<税込> x2回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 40,392円

【分割払い(4回)】
受講料金 10,296円<税込> x4回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 41,184円

※分割払いの場合、途中で参加されなくなった場合でもお支払いの停止はできません。

定員

募集枠:先着30名様

※定員になり次第締め切ります。

お申し込み期間

2020/06/21(日)まで

受講期間

2020/06/22(月)〜2020/10/18(日)まで

第1回 6/29(月)
第2回 7/13(月)
第3回 7/27(月)
第4回 8/10(月)
第5回 8/24(月)
第6回 9/7(月)
第7回 9/21(月)

※「質問し放題」特典での質問は講座開講期間中のみ受け付けます。

※このスケジュールは予定であり、その時々の課題の提出状況などにより見直す場合がございます。
※各課題の締め切りは課題配信日から2週間です。
※課題の提出は各配信後2週間以内に行ってください。それ以降の提出は行えません。また未利用分の返金は行えません。あらかじめご了承お願い申し上げます。
※各配信日当日にeメールでお知らせいたします。
※毎回課題締切当日もしくは前日に提出が集中します。その場合には添削結果のお届けが通常よりお時間を頂く場合がございます。配信日1週間以内のご利用を推奨いたします。

お支払い方法

以下のお支払い方法がご利用いただけます。

  • 銀行振込
  • コンビニ
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

お申し込み方法

この商品はメンバー様専用の商品です。メンバーサイト内からお買い求めください。

お客様の声

「助動詞攻略講座」の受講者様の声です。

※この講座の過去の受講者様の声です。Simon先生開講分はまだ終講しておりませんため、声を頂いている講師は別講師のものです。参考までに閲覧下さい。


お客様の声 #01

東京都 G.Y.さん 36歳 女性

この講座のおかげで洋書を読むのが本当に楽しくなりました。助動詞が分からないと面白さが半減どころか皆無ですね。

この講座の受講目的は?

英文のニュアンスが全く分からず、本を読んでいて面白くなかった
自分で作文する時も、うまくニュアンスを伝えることが出来なかった

受講してみて良かった点は?

英文のニュアンスが分かるようになり、本を読んでいて文章が生き生きと感じられるようになりました!自分で書く時も助動詞が選びやすくなり、以前よりもニュアンスを伝えられるようになったと思います。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

英語を扱うときはいつでも、どんな時でも役立ってます!講座が終わった今でもテキストを時々読み返しています

Morgan先生の添削内容(全7回)について

丁寧に解説していただき、感謝しかありません。先生の解説を読みながら、自分もいつか先生の日本語と同じレベルの英語を書けるようになりたいなと思い、モチベーションが上がりました。

予習テキスト 全2冊について

今まで読んだ助動詞の説明の中で、一番分かりやすかったです!特に助動詞に性格付けをしてあったので、細かい説明文まで覚えていなくても、ニュアンスを理解できました。読書中に助動詞に出会うと彼らの性格を思い出してニュアンスの理解に役立てています。笑
なので、よく使う助動詞だけでなく、使われる可能性のある助動詞(ought toとか)を全部説明していただきたかったです…

Chatworkについて

個別のチャットできると良かったです。なんとなく全員の前では聞きづらくて

「質問し放題」について

丁寧に添削していただいたのであまり使いませんでしたが、いつでも質問できる安心感があり、ついていて良かったです。

この講座を5段階で評価するとしたら?

5:最高に満足 文句なしです!

Morgan先生へ

講座中はいつも丁寧に添削していただき、ありがとうございました。この講座のおかげで洋書を読むのが本当に楽しくなりました。助動詞が分からないと面白さが半減どころか皆無ですね。洋書が面白くないという人には助動詞のニュアンスの違いを勉強するよう勧めたいくらいです。前置詞も先生に教えていただけたら分かりやすそうなので、是非ご検討ください!笑
本当にありがとうございました!!

お客様の声 #02

福岡県 M.T.さん 46歳 男性

毎月フィリピンで通訳抜きで英語で仕事をしているので、その中で活かせる

この講座の受講目的は?

動機、目的はあいまいだった助動詞の活用を深め、課題である文法力をあげるでした。

受講してみて良かった点は?

助動詞についての理解が深まりました。一般的な助動詞の説明と違って、語源から入り、また独特のイメージ解説は理解しやすかったです。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

毎月フィリピンで通訳抜きで英語で仕事をしているので、その中で活かせます。強く進めるときに、強制ではなく'You must do 〜'など言えるようになりました。

Morgan先生の添削内容(全7回)について

問題ありません。

予習テキスト 全2冊について

助動詞の語源から入る解説がよかった。またイラストによる擬人化したイメージ解説が斬新でとてもよかった。

Chatworkについて

期待しているより盛り上がらなかった。Morgan先生の課題から解答までに2週間たつときは長くって忘れてしまうので、せめて1週間以内に解答しないと、せっかくのChatworkが活きない気がしました。そのためあまり活性化していなかったのが残念でした。あくまでChatworkはおまけでしょうが、月に1個課題が出るメンバーの一体感、お得感がでるでしょう。

「質問し放題」について

まだ利用していません。

この講座を5段階で評価するとしたら?

4:まあまあ満足

Morgan先生へ

Thanks Morgan-sensei for leading me to use auxiliary verbs.
Your text is very unique and very useful.
May the power of English with your students!

お客様の声 #03

東京都 N.H.さん 50歳 男性

couldをcanの過去形としか見ていなかった

この講座の受講目的は?

助動詞についての細かいニュアンスを知るため。

受講してみて良かった点は?

couldをcanの過去形としか見ていなかったので、よくわかりました。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

英語を書くときはもちろん、読むとき、会話にも役に立つと思います。

Morgan先生の添削内容(全7回)について

丁寧で、コメント解説も長く書いてあったのですごく良かったです。

予習テキスト 全2冊について

わかりやすかったです。

Chatworkについて

ほとんど利用しませんでした。

「質問し放題」について

ほとんど利用しませんでした。

この講座を5段階で評価するとしたら?

4:まあまあ満足

Morgan先生へ

最初の添削をしてもらったときに、コメント解説がすごく長く書いてあったので嬉しかったです。3−4行の挨拶程度のコメントしかなく、解説を読むようにとのアドバイスだけの人もいますので、良かったです。

お客様の声 #04

山梨県 N.K.さん 53歳 女性

先生のような有能で優秀な方に教えていただくことができて本当にラッキー

この講座の受講目的は?

助動詞が自分にとって弱点だったため。

受講してみて良かった点は?

文書を作ったり読んだりする際に助動詞を意識するようになった事。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

少しずつでもより正確な英語を書くことができるようになると期待しています。

Morgan先生の添削内容(全7回)について

いつも丁寧に見てくださり、本当に感謝しています。別の言い方やネイティブ的な発想を教えて頂き、とても参考になりました。ありがとうございました。

予習テキスト 全2冊について

面白く、わかりやすく書いていて下さり、楽しく学べました。しかもイラスト入りなので、記憶に定着しやすく非常に有益なテキストだと思います。

Chatworkについて

時間がないため、ほとんど見ていません。

「質問し放題」について

利用したことがないのでわかりません。

この講座を5段階で評価するとしたら?

5:最高に満足

Morgan先生へ

2週に1度の提出が励みになりました。先生のような有能で優秀な方に教えていただくことができて本当にラッキーでした。ありがとうございました。

お客様の声 #05

山形県 T.A.さん 43歳 女性

頭の中が整理されました。

この講座の受講目的は?

習った先生によって助動詞に関する説明が、似ているようで、少しづつ違うことに気が付きました。言語なので仕方がないことなのですが、助動詞に特化した講座で一人の先生に習ってみたかった為。

受講してみて良かった点は?

偶然にも台湾からの観光客に英語で質問され「shouldかhad betterの使い方」をMr.Moraganにお聞きして、更にこのようにしたら良いです、とアドバイスをいただけたことです。頭の中が整理されました。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

テキストは重要度・使用頻度の高いものを選ばれていると見られ実際の会話に役立つと感じた。

Morgan先生の添削内容(全7回)について

丁度良い内容と長さでした。

予習テキスト 全2冊について

貴婦人のMay様など、助動詞の成り立ちに書かれており、肩ひじ張らずに読めました。今度はあまり使われないとされるshallなど具体的にどのような場面で使われるか、situationsを細かく教えていたただきたい。(多忙で課題を出せない方もいたとお聞きしました。それを考慮すると難易度を上げなくてもよいかなとも思います。)

Chatworkについて

参加が強制でないのが良い点ですね。(私個人は、被災地の友達に会いに行ったり、選挙の応援等であまり顔を出せませんでした。)

「質問し放題」について

課題回数を重ねる毎に、質問も出てきますので助かりました。最終日までご対応いただき、有難うございます。

この講座を5段階で評価するとしたら?

5:最高に満足

Morgan先生へ

It is my treasure I had Mr.Morgan`s excellent class !
I am reading your answers and the textbooks over and over again.
This study went right thanks to you.

四か月間本当に有難うございました。先生もお疲れになったと思います。再び、FEでお会いできることを期待しています。まだまだ、暑さの厳しい時期が続きます。夏疲れされないことをお祈りします。有難うございました!

お客様の声 #06

福岡県 Y.M.さん 61歳 女性

ちょっとした会話文でも、助動詞の使い方に気をつけるようになった

この講座の受講目的は?

助動詞・・・たとえば、can=be able toとずっと信じてきました。”使い方が違う”ということを以前から耳にしていましたので、どのように意味合いが違うのか学びたくて受講しました。また、”〜できますか?”の問いにいつも"can"を使っていましたが、状況によって、能力を問うことになり、大変失礼になると言われ、どういうことかはっきり知りたくなりました。

受講してみて良かった点は?

各助動詞の持つイメージがはっきりしました。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

英作はもちろん、ちょっとした会話文でも、助動詞の使い方に気をつけるようになりました。

Morgan先生の添削内容(全7回)について

使い分けの難しい助動詞ですが、提出課題文内の助動詞の一つ一つのニュアンスの違いを説明していただきとても参考になりました。

予習テキスト 全2冊について

大切にして、これからも何度も読み返しながら、勉強していきたいと思います。

Chatworkについて

他の受講生のお話しを楽しく読ませていただきました。投稿する余裕がなく、一度だけ参加させていただきました。

「質問し放題」について

字数に関係なく、質問することができたのは大変うれしかったです。

この講座を5段階で評価するとしたら?

4:まあまあ満足 内容をまだ十分消化してないので、評価4にしました。

Morgan先生へ

4か月間、お世話になりました。今まで生きてきて、全く英語を使うことのない生活をしてきておりますが、かろうじて、昨年からSkypeでオンライン英会話を毎回ドキドキしながら英語の世界を楽しんでいます。これからも、Fruitful Englishで学んでいきますので、ご指導よろしくお願いいたします。

お客様の声 #07

広島県 T.M.さん 58歳 女性

助動詞を適当にではなく、適切に使えるようになれそう

この講座の受講目的は?

助動詞の理解に自信がなっかたので。

受講してみて良かった点は?

助動詞のイメージが日本語でわかりやすく説明してあるテキストだったので、とてもよかったです。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

メールしたりtext message を送る時、 助動詞を適当にではなく、適切に使えるようになれそうです。

Morgan先生の添削内容(全7回)について

添削の解説が詳しくて、よく理解できました。

予習テキスト 全2冊について

短くまとめられているのが良かったです。

Chatworkについて

利用しませんでした。

「質問し放題」について

説明が十分だったので利用しませんでした。

この講座を5段階で評価するとしたら?

5:最高に満足

Morgan先生へ

一般的な文法書にありがちな、文章だけで助動詞を説明する方法ではなく, イラストを用いて、助動詞のイメージを説明して下さったテキストはとても良かったです。ご指導ありがとうございました。

お客様の声 #08

東京都 T.M.さん 42歳 女性

まさに痒い所に手が届きました。

この講座の受講目的は?

仕事で英文マニュアルを書くことがあるのですが、助動詞の使い方で意味合いが変わってきてしまうため、助動詞についてもう少し詳しく勉強しなおしたいと思ったので。また、この特別講座の講師の先生が日本語・英語ともにネイティブまたはネイティブ並みであったため。

受講してみて良かった点は?

日本語の微妙なニュアンスを英語で表現できたこと。まさに痒い所に手が届きました。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

仕事で英文マニュアルを書く際に、こちらが書きたい(伝えたい)細かいニュアンスをきちんと英文で書けるようになった気がします。

Morgan先生の添削内容(全7回)について

とても丁寧な添削で、自分の英文の弱点が明確になりとても勉強になりました。

予習テキスト 全2冊について

ちょうどよい分量でした。またイラストが多用されていて、細かいニュアンスがよく伝わりました。紙の冊子ではなく、PDFなのも使いやすくてよかったです。

Chatworkについて

閲覧専門で書き込みは行いませんでした。仕事が忙しかったため課題をこなすので精一杯だったためです。

「質問し放題」について

これはとても助かりました。Morgan先生に添削していただいてから新たに疑問に思ったり追加で質問したいことがあったので、料金を気にせず質問できたのでありがたかったです。

この講座を5段階で評価するとしたら?

5:最高に満足

Morgan先生へ

Morgan先生、ご教授ありがとうございました。実はこの講座の前に「英語eメール上達サービス」で数回添削をしていただいたことがあります。途中でMorgan先生を選択できなくなって残念に思っていたところ、今回の助動詞の講座を担当されることを知り、参加しました。また、機会がありましたらご教授いただきたいです。まだまだ暑い日が続きますので、ご自愛くださいませ。

お客様の声 #09

埼玉県 M.K.さん 51歳 女性

助動詞のキャラクター説明は自分にとってスマッシュヒットだった

この講座の受講目的は?

フルーツフルイングリッシュに入会して約1カ月したころに、特別講座の案内が届いた。通常の添削課題の存在しか知らなかったので、特別講座とはどのようなものか?という好奇心から受講を決めた。

受講してみて良かった点は?

インストラクターへのコメント欄から300字制限が撤廃されていたので、疑問点や伝えたいことをすべて書き込めるのが大変良かった。すべての特別講座で同じようにしていただきたい。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

子供にcan と be able to の使い分けを質問されたとき、さっそく助動詞講座で学んだことを生かすことができた。自分自身についていえば、文章のニュアンスを意識しながら英作文に取り組めるようになった。

Morgan先生の添削内容(全7回)について

語り口調での添削指導がとても新鮮に感じた。また、日米の感覚の違いを伝えてもらっていると実感できた。

予習テキスト 全2冊について

わかりやすいだけでなく、印象に残るような工夫と配慮がされていたと思う。助動詞のキャラクター説明は自分にとってスマッシュヒットだったようで、「●●してもよろしくってよ。私は貴婦人のmayなのよ。おーほっほっほっ。」「やります!やります!うざくて熱苦しいwillがやります!」など、今でもちょっとしたときに言ってしまう。

Chatworkについて

良くも悪くも、一番最初に発言する人がその後の雰囲気に強く影響していると感じた。

「質問し放題」について

インストラクターへのコメント欄がとても充実していたので、あらかじめ質問や自分の意図を十分に伝えることができ、添削指導時に詳しく説明を受けることができた。そのため、他の特別講座に比べると質問し放題を活用する回数が少なく済んだ。

この講座を5段階で評価するとしたら?

4:まあまあ満足

Morgan先生へ

インストラクターへのコメント欄に長文を書き込めるということは、先生のご負担がとても重くなるということです。4ヵ月間、話しかけるように詳しく説明していただけたことに心から感謝しております。ありがとうございました。

お客様の声 #10

東京都 S.Y.さん 36歳 女性

人柄が伝わってくる丁寧な解説でした。他の講座があれば必ず受講します。

この講座の受講目的は?

ニュアンスの違いがよくわからないなど、助動詞の選択で迷うことが多かった。

受講してみて良かった点は?

先生のスキルの高さ、人柄。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

意思疎通で誤解がないようにすること。

Morgan先生の添削内容(全7回)について

とても丁寧な説明と豊富な例文で、ニュアンスの違いがわかりやすかったです。今まで私が受講した先生の中で一番です。

予習テキスト 全2冊について

わかりやすくてよかったです。それでもまだ違いがつかみきれない部分はありますが、まだ勉強不足なので不満を言うには至りません。

Chatworkについて

自分からは何も発信していないので、活用しきれていないのが残念です。

「質問し放題」について

とてもよいシステムなのに利用しませんでした。

この講座を5段階で評価するとしたら?

5:最高に満足

Morgan先生へ

人柄が伝わってくる丁寧な解説でした。他の講座があれば必ず受講します。英語脳が受講したかったです。

お客様の声 #11

静岡県 M.M.さん 75歳 女性

助動詞とは何かが明確に理解でき、納得できた

この講座の受講目的は?

英語学は専門外なので、助動詞について基本的な知識がないから。基礎を学びたかった。

受講してみて良かった点は?

Morgan先生の素晴らしい指導力で、助動詞とは何かが明確に理解でき、納得できたこと。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

英文を読む時、行間のニュアンスを感じ取れるようになりました。話すとき、書くときに、助動詞を自信をもって使えるようになりました。(もちろんまだ修行中ですので、たくさんミスをしますが、基本ができたのでゆとりができました。)

Morgan先生の添削内容(全7回)について

7回とも切れ味の良いコメントをたくさんいただきました。先生の日本語の文章に脱帽しています。日本人でも先生ほどの文章力がある人はふつういないです。

予習テキスト 全2冊について

助動詞にニックネームを付けるなど、信じられないくらい新鮮でした。私など、初心者には、助動詞に親しみができ、大変理解しやすかったです。問題集をもうあと、4ページくらい加筆していただいて、morgan先生の加筆された練習問題へのコメントを読みたいと思いました。

Chatworkについて

忙しい日々なので、パソコンにかまっている時間がなく、(というよりPCの私の使い能力がうまくないこともあり)あまり参加できませんでしたが、きちんと拝読していました。特にmorgan先生のコメントはコピーしてファイルしています。

「質問し放題」について

大変ありがたいシステムです。このおまけがついてないと、私は受講していなかったと思います。先生のお返事も親切で、ここで先生とコミュニケーションしていました。この仕組みは変えないでください。

この講座を5段階で評価するとしたら?

5:最高に満足

Morgan先生へ

ご指導、本当にありがとうございます。私は故郷が大分なので、別府は、よく知っています。先生の新しい講座ができたら受講します。ご家族の皆様と、楽しい夏休みをお過ごしください。タンポポ通信7月号の先生の寄稿、楽しく読ませていただきました。

お客様の声 #12

群馬県 Y.A.さん 50歳 女性

助動詞のそれぞれの性質が自然に頭に浮かぶ。初めて知り納得することが多い。

この講座の受講目的は?

作文を書くとき英文を読むとき、助動詞があっても細かいニュアンスが理解できずはっきり理解できない。苦手意識が強い。

受講してみて良かった点は?

助動詞のそれぞれの性質が 自然に頭に浮かぶようになってきた。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

英文を読むとき書くとき、今まで理解できていなかった深い意味がわかるようになったと思う

Morgan先生の添削内容(全7回)について

時間を置かず丁寧で優しい語り口で良かった

予習テキスト 全2冊について

読みやすい文章で大変親しみやすい構成で良かった。ボリュームも丁度良くて何回も目を通す気になる。

Chatworkについて

チャットワークは初めてだったので目を通して人の意見を見てなるほどと思っていたが参加できなくて残念でした。

「質問し放題」について

課題と返ってきた添削だけで精一杯で質問し放題まで利用出来なかった。が、良いシステムだったと思う。もっと時間を作って取り組まないといけなかった。

この講座を5段階で評価するとしたら?

5.最高に満足

Morgan先生へ

大変お世話になりました、Morgan先生。予習テキストについては初めて知り納得することが多くて有り難かったです。家族にも教えてあげたら感謝されました。助動詞についてどんな性質かを自然に思い起こせるようになり敬遠してたのが、身近になりました。あとは自分の努力次第ですね。利用しきれなかったものは、残念でした。またテキストを見直し今後に役立てたいです。

お客様の声 #13

東京都 O.H.さん 60歳 男性

特にmay、might、shall、will、wouldの使い分けに迷うことが多かった

この講座の受講目的は?

英作文等で助動詞を使う場合が多いが今一つ参考書でもピンとこないことが多かった。特にmay、might、shall、will、wouldの使い分けに迷うことが多かった。

受講してみて良かった点は?

テキストが非常に判り易く、各助動詞の感じが掴みやすく書かれていた。また、課題もテキストに即して助動詞を使う問題であり、勉強になった。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

英会話、英作文いずれでも応用できそうである。

Morgan先生の添削内容(全7回)について

添削が丁寧かつ厳しく、大変勉強になった。

予習テキスト 全2冊について

細かい差異よりまずイメージをつかませることで今後に役立ちそうである。特にやる気満々のwill、妄想しても距離を取りたがるwould、mayの貴婦人、mightの小公女のイメージは見事。

Chatworkについて

特に利用していません。

「質問し放題」について

特に利用していません。

この講座を5段階で評価するとしたら?

5の最高に満足

Morgan先生へ

非常に丁寧かつ厳しい(細かいミスも見逃さない)添削誠に有難うございました。

お客様の声 #14

福岡県 N.M.さん 50歳 女性

日本語見て大体どの助動詞を使えばよいのか予想がつくようになった。

この講座の受講目的は?

どんな時どの助動詞を使えばいいのか自信が持てなかったこと。

受講してみて良かった点は?

日本語見て大体どの助動詞を使えばよいのか予想がつくようになった。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

各助動詞をイメージ化して頂いたので、使い方に迷った時にも予想がつきそうです。助動詞を使い、自分の気持ち表現することができそうです。

Morgan先生の添削内容(全7回)について

会話文もあり、バラエティに富んでいたと思います。

予習テキスト 全2冊について

今回はought to やdareなどが取り上げられてなかったので、簡単でも記載があるとよいと思います。

Chatworkについて

残念なことに時間がなくざっと目を通す程度でした。

「質問し放題」について

あってよかったです。課題に疑問点があった時に、説明して頂いて理解の助けになりました。

この講座を5段階で評価するとしたら?

5:最高に満足

Morgan先生へ

被災された地域にお住まいと聞きました。まだ落ち着かない状況にあると思いますが、1日でも早く元の生活に戻れることをお祈りしています。ご指導頂きありがとうございました。

お客様の声 #15

香川県 M.Y.さん 47歳 男性

時には助動詞レベルの問題でなく前置詞の弱さを何度かご指摘頂いたのですが、そういうことを教えて頂けたこともありがたかった

この講座の受講目的は?

● 助動詞の使い方について学びたかった。
● 英語レベルにミートしていそうだった。
● 具体的なアドバイスを頂けそうであった。

受講してみて良かった点は?

何が悪いのか、どう間違っているのか具体的なアドバイスを頂けた。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

頭の中で思い出しながら実際に使っていますので役立っています。

Morgan先生の添削内容(全7回)について

非常に丁寧に添削して頂けたことがありがたかったです。

予習テキスト 全2冊について

● ボリュームは適切。
● 私の英語力の無さのせいで、テキストを読むだけでは少し理解し辛いところがあった。もう少し各パートに例文があればいいかも。

Chatworkについて

普段チャットしていないのでとっつきにくかった。しかし使い方/工夫によっては使えるツールかもしれないとも感じた。

「質問し放題」について

使っていません。機会を作ることができなかったというか。チャットとの違いは?

この講座を5段階で評価するとしたら?

4:まあまあ満足

Morgan先生へ

レベルの低い内容であったにも関わらず毎回丁寧に添削して頂いて本当にどうもありがとうございました。ドイツ在住のため普段はドイツ語を使ってコミュニケートしているのですが、だんだん英語から逃げられなくなってきているので勉強させて頂きました。そのため、時には助動詞レベルの問題でなく前置詞の弱さを何度かご指摘頂いたのですが、そういうことを教えて頂けたこともありがたかったです。またレベルが上がっていけば違う機会を活用させて頂きますので、これからも宜しくお願い致します。

お客様の声 #16

東京都 K.K.さん 32歳 男性

受験英語のような覚え方しかしてなかった

この講座の受講目的は?

受験英語のような覚え方しかしてなかった助動詞をこの機会にきちんと体系化し、あまり意識してなかった助動詞の微妙なニュアンスの違いを知りたかったから。

受講してみて良かった点は?

各助動詞が擬人化されているので、それぞれの助動詞を見るとあの絵を思い出して、それぞれどういうキャラクターだったか考えながら助動詞を選ぶことができるようになりました。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

普段仕事でよく英語でメールを書きますますが、今までより助動詞を活用できているように感じます。

Morgan先生の添削内容(全7回)について

さすがMorgan先生って感じの添削でした。ナチュラルな日本語の課題(これを英訳すのは結構難しい)や解説の鋭い指摘もとてもためになりました。解説も微妙なニュアンスを伴っていることも多いので日本語で添削してもらえたのもありがたかったです。

予習テキスト 全2冊について

もう少し量があってもよかったかなと思います。

Chatworkについて

Morgan先生はChatworkで色々質問を投げかけてましたが、色んな人に自分の解答を見られるのは嫌なので一回も活用しませんでした。多分そう思う人は結構多いんじゃないかと思います。

「質問し放題」について

1回しか活用しませんでしたが、あると良いと思います。

この講座を5段階で評価するとしたら?

5:最高に満足

Morgan先生へ

短い間でしたが、ありがとうございました。課題だけでなく関連した内容についての解説や多くの例を挙げていただき、一つの課題で多くのことが学べた講座でした。また機会がありましたらよろしくお願いします。

お客様の声 #17

神奈川県 M.Y.さん 36歳 男性

一つ一つの問題に明確な目的や意図が仕込まれていて、講座の内容の理解を促すとともに着実に受講者のレベルを引き上げようとしていることに好感をもてました。受講して良かったです。

この講座の受講目的は?

助動詞の日本語的な意味はわかっていたが、どのような使い分けをしたらよいのか、細かいニュアンスの差まで理解できずにいた。

受講してみて良かった点は?

助動詞の成り立ちや元々の意味などをしれた。漫画やキャラクターの説明とセットで記憶にのこりやすかった。

学んだことはどんな点で役立ちそうですか?

特にMailを書く時に細かいニュアンスや意味づけを意識しないとならない時に役立ちそう。

Morgan先生の添削内容(全7回)について

毎回、一文一文に至るまで懇切丁寧に説明してもらえて嬉しかった。

予習テキスト 全2冊について

分量は少なめでしたがポイントを押さえていてよかった。

Chatworkについて

クイズを出したり投げかけをしてくれてよかった。。

「質問し放題」について

利用できなくて残念でした。

この講座を5段階で評価するとしたら?

4:まあまあ満足

Morgan先生へ

はじめての講座お疲れ様でした。何名かの先生の特別講座を受講してきましたが添削問題の出し方が抜群にセンスが良いように感じました。何か、一つ一つの問題に明確な目的や意図が仕込まれていて、講座の内容の理解を促すとともに着実に受講者のレベルを引き上げようとしていることに好感をもてました。受講してよかったです。。何かデザイン関係の仕事やものづくりのバックグラウンドでもあるような気配がしました。また、ご縁がありましたらよろしくお願いします。

お申し込み方法

この商品はメンバー様専用の商品です。メンバーサイト内からお買い求めください。

この商品はメンバー様専用の商品です。メンバーサイト内からお買い求めください。