Mioko先生が翻訳家になるまで | 〜翻訳家を目指すためのサイト〜『翻訳家のたまご』 - 英作文のフルーツフルイングリッシュ

THE ROAD TO BECOMING A TRANSLATOR
翻訳家への道のり

Mioko先生が翻訳家になるまで

私が翻訳の仕事をするようになった原点は、中学生のころから一番好きな科目が英語だったという単純なところにあります。

それからずっと英語が好きなまま大学は英文学科に進み、米国系のIT企業(当時は日本企業との合弁会社)に就職しました。
セクレタリーとして米国本社とのやりとりなどに携わる一方、コンピューターのプログラミング研修を受けることができたのは、のちに大きな財産となりました。
会社勤務のかたわら、翻訳に興味があったので実務翻訳の通信教育講座を受け、その延長で(今はもう存在しないのですが)「科学技術翻訳士」という名前をつけた民間の資格試験にも挑戦しました。このときの自主的な勉強が、翻訳の仕事に携わるスタート地点です。

会社勤務にそろそろ見切りをつけようとしていたころ、昼休みにデスクで翻訳課題を懸命に訳しているのを目にした広報部門のマニュアル担当者からマニュアル翻訳の仕事を打診され、退職と同時にその仕事をはじめました。
また、いっしょに資格試験を受けた仲間が翻訳会社を立ち上げ、別の大企業のマニュアル翻訳を次々に受注して仕事に誘ってくれたのは、今思えば幸運でした。

その後は、仕事をしていることを知った人や同業者からの紹介でいくつもの翻訳会社に登録し、コンピューター関係だけではない多様な分野の翻訳に携わることになります。こうした他分野にわたる翻訳の経験が、のちにはじめた出版翻訳で大きな力になりました。

最初の本を訳したのも、友人から誘ってもらったのがきっかけです。その後は、紹介を受けて出版社などを訪ねたり、編集者の方に声をかけていただいたりしながら、数多くのノンフィクションを訳して今に至ります。
翻訳の仕事をするには、ただ英文を解釈できるだけではなく、さまざまな分野に関する幅広い知識が必要であることを日々痛感しています。どんな勉強も、どんな経験も、無駄になることはありません。 

過去の最新記事

無料 メルマガ登録で
毎日翻訳情報を手に入れよう!

翻訳情報のお届けや英語の練習問題でプチ学習もできちゃう