英語テキスト - 冠詞ナビブック - 英作文のフルーツフルイングリッシュ

一般販売開始につき在庫処分特別セール、残り445冊!

  • ネイティブが日本人の英語を見て、まず違和感を感じる文法テーマはなんでしょう?
  • 日本人が4単語に一回の頻度で間違えているワーストNo.1文法テーマ何でしょう?
  • ネイティブなら幼稚園卒園と同時にマスターし、老若男女間違えることがない唯一の文法テーマは何でしょう?

答えは「冠詞」です。

日本語にはないものだからこそ、
多くの日本人がその大切さに気が付くことなく、この問題を放置しています。

冠詞、自信ありますか?

ネイティブは小学校入学前、幼稚園で
この文法を完全にマスターします

他の文法テーマであればネイティブも間違えることがありますがこのテーマだけは間違えることはありません。それほど意志疎通に重要なものだからです。

つまり、これを間違えることは、あなたの英語が小学生以下の印象を与えており、伝えたい事が相手に正しく伝わりにくいことを意味します。

これほど重要なものなら、「冠詞」をマスターしてあなたの英語をスタイリッシュにもっとネイティブにとって印象がいいものに変えたいと思いませんか?

\ 冠詞ナビブックで今すぐ学ぶべき理由 /

01

日本人が最も間違えているワーストNo.1文法テーマだから

ということは、冠詞を直すだけであなたの英語の印象は劇的に変わるから

02

冠詞を間違える=英語レベルが小学生以下の印象を与えるから

大人として英語を使うあなたには、そんな英語は使ってほしくありません!

03

冠詞の正確な使い分けルールがこの一冊にまとまっているから

冠詞はインターネットで玉石混交の情報が飛び交っています。しかし、この1冊があれば完結します。

04

ネイティブと同じ方法で覚えられるから

ネイティブが覚えたように、イラストと分かりやすい解説で冠詞を身につけます。

05

冠詞は2〜3日あれば習得できるから

冠詞を直すのに必要な時間は2〜3日だけ。しかも一度覚えれば一生モノです。

こんな間違いは、
もう終わりにしましょう!

冠詞とは、英語でのコミュニケーションで意志疎通にとても大切な役割を果たすものです。
冠詞を間違えると大きな意味のずれが発生します。例えば…

間違えると、鶏を生きたままむさぼり食べるイメージになってしまいます!

礼儀正しく、「今お時間よろしいですか?」と聞きたかっただけなのに…
「the」ひとつで、場合によってはむしろ失礼な問いかけになってしまいます。

タイガースの試合観戦を見たことを伝えたかったのに、
「the」がないだけで虎の目撃情報になってしまいました。

たかが「a」ひとつ、たかが「the」のつけ忘れ…と
苦手なままスルーしてはおけない理由がわかりましたね?

だからこそ、真っ先に学んでほしいと考えています。
冠詞は3つのルールさえ覚えれば簡単に使いこなせるようになります。

ネイティブが冠詞を身に付けてきたように学ぶ
ネイティブは冠詞を間違えない

学校で「冠詞とは何ぞや?」という授業を受けている?
文法書を片手に「この場合は、えぇっと〜…」と考えている?

いいえ、ネイティブはそんな風に冠詞を身につけていません。

オギャ〜と産まれてから大人になるまで、数え切れない膨大な数の表現を実体験から、この場合はこう、あの場合はああ、と意識せず子どもの頃から学んでいるんです。

ネイティブスピーカーにとって冠詞は言語の一部であり、切っても切り離せないものです。

ネイティブならば、おしゃべりを始めた子供から、老人に至るまで、学力の差に関わらず冠詞を間違えて使うことはありません。

ここから分かることは、冠詞を理解するのに学力レベルは関係ないのです!

「冠詞ナビブック」で、どうやって学べる?

多数のイラストで冠詞を
どのような状況で使うかを
ネイティブのように理解する

このテキストではこの点に着目し、ネイティブが冠詞を習得する状況になるべく類似した方法で、ルールを丸覚えするだけではなく、ルールが必要になる状況をしっかり理解することで冠詞習得を目指しています。

ではどうやって冠詞をネイティブのようにマスターすることができるのでしょう?

このテキストでは「冠詞が必要になる状況を頭で理解して、練習で体に叩き込み、体に覚えさせる」プロセスを用いて冠詞をご紹介します。

重要なのはルールを丸覚えするだけではなく、冠詞が必要な状況を想像するイマジネーションです!

絵を用いて冠詞が必要な状況を再現し、冠詞が必要になる状況を理解します。もちろんネイティブの学習プロセスと全く同じというわけではありませんが、かなり近い方法で冠詞を身につけることができます。

多数のイラストを使って冠詞の理解を助けます。この冊子では多数のイラストから視覚的に冠詞を使う状況を理解することができます。

まずは最初の第一歩。

頭で「冠詞とは何か?どういう働きをするのか?冠詞が必要な状況」を理解しましょう。あなたが既に持っている冠詞についての知識や、曖昧に理解している冠詞のルールをもう一度整理し、きっちりと理解しましょう。

練習問題とコラムも多数掲載

このテキストで学んだことがしっかり理解できているか、独学でもしっかりと理解度を確認しながら学び進められるように、各章には冠詞の理解度をチェックする練習問題を掲載しています。

またKayo先生のパートナーであるネイティブBrianとの生活を通じて、日本人が冠詞で苦労するポイントをコラム形式で楽しく紹介してくれています。

多数のイラストと読みやすくて分かりやすい解説、そして練習問題と、読み物としての楽しいコラム。これらを総動員してあなたの冠詞の理解を一夜にしてネイティブレベルに引き上げます。

まずは3つの
ゴールデンルールの理解から

あなたも一度は文法書の「冠詞」のページを開かれた事があるでしょう。

「ずらりと記載されたルールの数に目まいがした」なんていう経験をされたこともあるかもしれません。しかし、一見異なるようなルールも実は元をたどれば同じカテゴリーだというのはよくあること。

さらに、ルールの中には「間違えると誤解を生んでしまう可能性のある」ものから、「間違えたとしても推測すると意味は伝わるもの」までルール自体の重要度も様々です。

この本では、まず冠詞にまつわる数多くのルールを整理します。冠詞を理解するうえでより重要度の高いルールから順に優先順位をつけて、絶対に理解していなければならない「3つの冠詞のゴールデンルール」から順に冠詞の基礎をご紹介します。

冠詞には様々なルールがあり例外もあるにはあるのですが、この3つのゴールデンルールを理解すればどんな冠詞を使うべきか大概は判別できるようになります。

そしてこのゴールデンルールはネイティブ感覚で身に付けてほしいので、これらを理解するために8個のアプローチを通じて完全なる理解を目指します。

冠詞の概念を持たない日本人にとって冠詞を理解するのは困難かもしれません。しかし「Rome was not built in a day. (ローマは一日にして成らず)。」と申します。このテキストでこつこつじっくりと「冠詞」を探索しましょう!

\ 今学んでおけば、
一生使える冠詞テキスト /

74% OFF

大好評につき、一般流通開始!
在庫一掃セール

デジタル(PDF)&印刷版がセットで

3,850円
990円(税込)
実費のみ負担

今すぐ購入する

一般販売ではデジタル&印刷版はセットにならないため、
手に入れるなら今が一番お得です!

「冠詞ナビブック」、
なんでこんなに安いの?

大人気冠詞ナビブックが
Amazonで販売開始!

あなたが普段購入する本の裏には、バーコードがついていますよね。これはこの本の“戸籍”のようなもの!どこの国の、〇〇という出版社でタイトルは△△△という情報が、このバーコードに登録されています。

「冠詞ナビブック」は、フルーツフルイングリッシュのサイトでしか販売していなかったので、このバーコードがいらなかったんです。しかし、今回より多くの方にこの本を届けたいという想いで、一般発売をスタートさせました。

と、ここで問題が・・・。バーコードのない「冠詞ナビブック」がまだ社内にあるんです。

そこで、在庫一掃セール!
「冠詞ナビブック」本
&PDF版がセットでなんと
990円?!
残り445冊です!

フルーツフルイングリッシュスタッフ“Holly”の感想

英語を勉強しているすべての人に読んでほしい一冊!

英語は結構できるし、a/theも伝われば問題ないでしょ!って思ってました。 でも、この「冠詞ナビブック」を読んでから、英語に対する概念が180℃変わりました。 今でもわたしにとってこの本は、バイブルです!

この本ですっかり冠詞にハマりました。それからというもの、英文を読んでいるときにa/theが出てくると、「なるほど、だからここではaじゃなくてtheが使われているのか」と、書き手が言いたいことが冠詞ひとつで面白いくらい分かるようになりました。

Brian &Kayo先生のネイティブ視点での分かりやすい説明、さらにクスッと笑えるコラムで気づいたら冠詞の世界にどっぷり浸かっちゃいますよ♪

「冠詞ナビブック」で学んだお客さまの声

お客様の声 #01

自信を持って適切な冠詞を選べるようになってきました。

身近な例題を使って実際に図と文章で説明してくれているので、状況が頭に浮かび内容を受け入れやすかった。

今までは、冠詞をつける時に合っているのかどうか常に不安でした。冠詞ナビブックを読んでから、 自信を持って適切な冠詞を選べるようになってきました。

までで一番解りやすい冠詞の説明でした。こういう風に考えればいいのか〜、と目からウロコでした。あやふやだった冠詞の使い分けと、冠詞による意味の違いがはじめてわかりました。

(千葉県 K.Y.さん 42歳 女性)

お客様の声 #02

これほど分かりやすく教えてくれている本はほかに見当たらない。

冠詞について具体的に、丁寧に説明されてあり、わかりやすい。絵がたくさん入っているのも、とっつきやすくてやる気がでる。

機械的でなく、文化的な背景も踏まえて、冠詞をもっと勉強していきたいと意欲が出てきた。

これほど分かりやすく、そして冠詞が英語を学ぶ上で重要だと教えてくれている本はほかに見当たらないと思います。

(兵庫県 K.Y.さん 56歳 女性)

お客様の声 #03

苦だったのが少し楽な気持ちになった。

イラストが豊富に使われていることと具体例で示してあることから、内容が理解しやすかった。

冠詞は面倒くさいものと思っていましたが、より正確に物事を伝えるための、便利なツールと思えるようになり、英作文をするうえで、苦だったのが少し楽な気持ちになった。

受験勉強でなんとなく冠詞について理解していると思ったが、自分の中で整理されていなかったことが、冠詞ナビブックによって、よくわかった。

(東京都 S.K.さん 39歳 女性)

お客様の声 #04

会社のちょっとしたメールでも冠詞はここはTheだな、とか意識できるように。

冠詞講座の際のテキストよりも、どうしてそうなるのか、をイラストも入れて書いてあってわかりやすいと思います。

あと、最後でどういうときには何がいる、のまとめが個人的にはとても参考になりました。会社のちょっとしたメールでも冠詞はここはTheだな、とか意識できるようになりました。

冠詞講座のテキストよりも詳しく、イラストもあってわかりやすく、おすすめです。前置詞もこの先生に書いてもらうと、わかりよくなると思いました。

(東京都 N.E.さん 48歳 男性)

\ 今学んでおけば、
一生使える冠詞テキスト /

74% OFF

大好評につき、一般流通開始!
在庫一掃セール

デジタル(PDF)&印刷版がセットで

3,850円
990円(税込)
実費のみ負担

今すぐ購入する

一般販売ではデジタル&印刷版はセットにならないため、
手に入れるなら今が一番お得です!