英日翻訳家デビュー講座「Hey, Kiddo」

英日翻訳家デビュー講座「Hey, Kiddo」

翻訳者としてデビューできる!特殊な講座

今まで大人気でリピーターが続出中の「英日翻訳デビュー講座」。これまで児童文学、ノンフィクションを扱ってきて、まだ日本未邦訳の有名本をこれまでに7冊扱ってきました。

ただ、もっと気軽に、もっと短期間で、そしてもっともっとリーズナブルに、しかも実践を通して翻訳技術を勉強したい方のために、ご用意した新しい形の翻訳家デビュー講座がご好評いただき、Season2を開講することに決定しました!
今回も、もちろんあなたが翻訳した作品は、きれいな形にしてお手元に残すことができます!

テキストはなんとビジュアルブック!!

翻訳家のMisa先生と相談して、翻訳技術をピンポイントに上げる素材として選んだのがビジュアルブックです。

もちろん理由はそれだけではなく、変わりゆく翻訳マーケットに対応できるというメリットも考えています。 今、翻訳マーケットではYoutubeなどの登場で、動画翻訳の需要が急増しているのをご存知ですか?

ツールさえ使えてある程度英語ができれば、誰でも仕事を取れるマーケットになっています。ただし、今後は、本当に技術を持っている人だけが、参加できる今までの翻訳マーケットと同様のものになると思われます。

ビジュアルブック翻訳があなたの翻訳力を高める6つの理由

ビジュアルブックは一言で言うと漫画です。漫画本に加えて、説明パートなども多く、漫画と書籍の中間という位置付けと言えばわかりやすいですね。主にセリフを翻訳するため、読者にとって登場人物の気持ちを把握しやすく、しかも、限られたバルーンの中に収まるような翻訳を当てるセンスが求められます!実はこのセンスこそ、多くの翻訳を通して経験を積んだ方だけにできる芸当なんです。

理由1読解力を極限まで高める! 単語一つの重みをしっかり日本語にしていくスキルが求められるから

文芸翻訳のむずかしさはノンフィクションにないものがあります。それは、英語表現がストーリー進行とともに変わっていくことです。
例えば、登場人物が仲良くなっていくにつれて表現が変わっていくのを、しっかり読者に伝える必要があります。
英文を正確に読み取る高い能力が必要ですし、漫画ならなおさら文章による背景説明がないため、単語1つを読み取る重要性が違ってきます。

理由2日本語力を発達させる! わかりやすい日本語を発達させる上で漫画はぴったりだから

今まで複数の講座で文芸翻訳の指導を行ってきました。中には、英語力はかなりお持ちなのに、日本語がこなれていなくて残念という方がたくさんおられます。実は、優秀な翻訳技術を持つ方というのは日本語が上手な方が多いのです。むしろ、日本語スキルが重要と言えるかもしれません。

英文解釈はきっちりできていて、訳文もがっつり作っているのに、文章が長すぎたり、不要な語をカットできていなかったり、持ってまわった表現だったりと文章のシェイプアップができていない方がけっこう多いのです。

また、登場人物の口調が年齢やキャラに合ってない方も多いです。こういった弱点を克服するのに、バルーンという限られたエリアにセリフを訳出していく、グラフィックノベルの翻訳はぴったりなのです。

理由3生の英語に触れられる!

英語を勉強されているあなたには、むしろこれが一番の学びになるかもしれません。
私たち日本人が普段触れている英語は教科書英語です。文法を教えるためだけに推敲に推敲を重ねられた、味気ない、日常生活では使われていない文章です。

そんな英語に触れてきた私たちが発する(使う、作る)英語表現は、ネイティブが使わない、街中では通用しないものです。そのような英語ではなく、生きた英語・街中で実際使われている英語を学びたいなら、漫画は一番いい素材かもしれません。

あなたの英会話にも100%活かせる表現満載のビジュアルブックで活きた英語も同時に学ぶことができ、一石二鳥の効果を得ることができるのも、この企画のメリットです!

理由4意訳力!思い切って言い換えよう!

映画などの字幕翻訳や、YouTube翻訳で求められるのは、限られた字数の文章で、作者が言いたいことを端的に一番わかりやすい表現で日本語に置き換える力です。この力を養うには取捨選択が何より重要となり、だからこそ、一番重要な翻訳のスキル、つまり意訳力を発達させることができるのです。

英語と日本語は根本的に違うので、英語を活かすと自然な日本語が犠牲になります。これが仕事の取れる翻訳「家」と、そうでない翻訳「者」の違いです。あなたはごまんといる翻訳者から抜け出して、先生と呼ばれる翻訳家のレベルに近づきたくありませんか?

理由5辞書に載っている訳語ではなく、個々の場面にピタリと合う訳語を思いつくようになる!

翻訳を学習している方なら誰もが、辞書に載っている訳語ではなく、「この文脈にぴったりの訳語を思いつきたい!」と思ったことがあるはずです。また、辞書に載っている訳語ばかりを使って訳した文章は、文章の大意はざっくりと伝わっても、あいまいで「痒いところに手が届いていない」ような、なんともムズムズした感じの文になりがちです。

このようなあいまいな文章ばかりが連なって、段落となり、章となり、一冊の本となると、ストーリーの流れがぼやけ、登場人物の個性や心情が平坦になってしまいます。これでは原著の魅力がまったく伝わりません。

漫画なら、文章がシンプルであるうえ、絵を手がかりにできるので、個々の単語の意味合いや微妙なニュアンスをとらえやすくなり、辞書に載っていない訳語を思いつきやすくなります! この力がアップすると、大胆に意訳する力も自然と養われていきます!

理由6「パッと見て、意味がスムーズにわかる訳文」に仕上げる力を養う!

バルーンという限られたエリアに挿入するため、読み手がパッと見て、意味がスムーズにわかるような訳文が求められます。つまり、日本語の語順や表記に気を配ることが必要になるのです。たとえば、次の3つの文を見てみましょう。

1.「きのう教授からゼミのクラスで レポートを急いで提出するように言われた」
2.「昨日 ゼミのクラスで教授から 急いでレポートを提出するように言われた」
3.「きのうのゼミのクラスで レポートを急いで提出するように教授から言われた」

この3つの文のうち、意味がいちばんスムーズに頭に入ってきたのはどれでしょう?

Aですね!
この例からもおわかりのように、わかりやすい訳文にするには、
◎語順
◎漢字・ひらがな・カタカナの割合
◎スペースを入れる位置(または読点を打つ場所)や改行する場所
に気を配って文章を整えるテクニックが必要
です。

これは文芸翻訳をはじめ、産業や映像などどの分野の翻訳においても、求められるテクニックです。漫画ではバルーンという限られたエリアに訳文を挿入するので、このテクニックを養うのにぴったりです!

著名な作品、日本初翻訳!

もちろんこのテーマ本も、そんじょそこらの本ではありません!面白さと、翻訳技術を高めるうえで、フルーツフルイングリッシュの英日翻訳家デビュー講座にぴったりの本を選定しました。

Hey, Kiddo

Hey, Kiddo by Jarret J. Krosoczka
アメリカの人気絵本作家の自伝。

母親は薬物依存症でリハビリ施設に入所し、父親が誰なのかを知らないジャレットは、幼少期に祖父母に引き取られる。個性豊かな祖父母に愛情たっぷりに育てられ、やがてジャレットは絵を描くことに喜びと癒しを見出す。そして父親との初対面を果たして親交を深め、祖父母との絆をさらに強めながら、絵本作家になる夢を成し遂げていく。2018年度A National Book Award 最終選考作品!

翻訳家のMisa先生の「Hey, Kiddo」の感想

ティーン向け、そして大人向けとして、読み応えのあるストーリーで、ひとことで言うと「誠実な本」だと思います。重いテーマでありながら、ユーモアを交え、ひとりの少年の半生がカジュアルに率直に綴られています。暗いトピック、避けたいトピック、痛いトピックが誠実な文章でシンプルに表現されています。
絵も素朴で、背伸びしていない感じが親しみやすいです。現代のティーンエイジャーやその親御さんが読むのにすごくフィットしていると思います。
「みんなそれぞれ、いろんな問題を抱えているけれど、自分の心とまわりへの感謝の気持ちを大切にしながら、シンプルに考えて行動していけばいい。完璧な人間なんていないんだから」というメッセージが、読み手の心にスーッとナチュラルに入ってくるような感じの本です。
英語は、語彙も文法も平易です。スラングがちょこちょこ出てくるし、ドラッグなどの依存症関連や犯罪関連の表現も少し出てくるので「教科書っぽくない、クリーンではない英語表現」にもふれることができます。 文化的には「現代のナマの、普通の人々の生活」にふれられます。

Misa先生

初心者向け!そして多くの方に利用いただくために、料金をリーズナブルに!!

たっぷり学べてリーズナブルな理由!

今まで、英日翻訳家デビュー講座といえば、数十名の参加者様のためだけに、出版権と翻訳権を取り、書籍印刷するために入稿データを準備し、表紙、イラストまで全てオリジナルにこだわりプロのイラストレーターに発注したりと準備してまいりました。

通常、商業出版するために必要な1冊900万円のコストを捻出する必要がありました。今までの講座はそれに加えて、参加者全員の翻訳をマンツーマン添削指導もしますので相当なコストがかかっていました。

それは書籍が、これらの受講生だけの使い切りだったためです。もちろん、世界に一冊の日本初翻訳の書籍を、参加者だけで翻訳して、一流の先生が指導し、かつ、クレジット付きで出版までするわけなので、実績ができるという意味で「スペシャル感」は他の何物にも代えがたいものの、やはりコストがかかってしまっていました。

そこで、今回のビジュアルブック、ページ数は294ページ、英文はセリフ形式、漫画という点を考えて、25〜30名を1グループとして講座を開きますが、書籍の出版販売はせず、同じ講座内容で、今後も定期的に開講していく予定です。

もちろん、各グループが翻訳したビジュアルブックはその回の参加者だけで作り上げ、プロ翻訳家がチェックし、PDF形式で手元に残していただける形で残していただけます。

ですが、出版はしません。もちろん各回の参加者がどんな翻訳をしたのか、毎回のバージョンは過去の受講生様にも配布しますし、比較をすることで「こんな訳し方もできるのだな」と勉強にもなります。

これにより受講コストは今までの翻訳デビュー講座よりも大幅に安く参加いただけるようになります。この講座でまずは翻訳の基礎を学んで、英日翻訳家育成講座で、自分達だけの書籍翻訳でデビューしたりとご自分の力に合わせて翻訳スキルをアップさせていただけます。

この講座で学べること

この講座では次のステップに基づいて翻訳家を育成していきます。

STEP1原書の通読

今回は、複数の方と一緒に翻訳をしていきます。翻訳レベルを統一するため、まずは原書を通読して、全体のストーリーや登場人物の把握を行って頂きます。

※原稿は当社で提供します。翻訳権を契約する事で入手できる生原稿のため、外部への提供はできません。取り扱いにはご注意ください。

ポイント

原書を通読することで、英語読解力がアップします。また読み進めていくうちに分からない表現、生きた英語表現、学校で学んでこなかった文法・構文にたくさん出会うことでしょう。原書は1ヶ月以内に完読をして頂くことが必要です。共同で作業を進めて頂きますのでスケジュールは守ってください。

ポイント

大まかなストーリーと、登場人物像、英語表現のクセ、頻繁に登場するキーフレーズ・キーワードを発見しましょう。これらは次のステップに必要な情報になります。

STEP2 翻訳ルールを作成しよう!

ではいよいよ翻訳に入るのか!!、、、というとそうではありません。

まずは登場人物のセリフのクセなどを整理し、複数担当者でもできるだけ統一感のある翻訳になるように、翻訳ルールを決めていきます。

この翻訳ルールを決める作業も、非常に大切です。ステップ1で原書の内容をいかに深く理解できているかが重要になります。小説等では、登場人物一人一人に会話の特徴が設定されていることが普通です。このルールを明確にするため、あなたは何度も原書を読み返す必要があるかもしれません。これこそ、英語表現の奥深さに気が付くキッカケです。

ルール作りは、ある程度、担当講師がナビゲーションしますが、参加者全員で楽しく議論しながら決めていきましょう!

ポイント

この形の英語表現はこう訳そう!のような共通ルールを細かく作ります。

STEP3 さぁ!第1章を訳してみよう!

プロローグと第1章を翻訳していきます。範囲は、38ページ!お1人38ページ分をまずは翻訳していただき、マンツーマンで添削も致します。翻訳の楽しさをまず体験して頂くことが目的なのと、ほかにもう一つ大切な理由があります。

今回の翻訳プロジェクトは、1冊の本を複数名で翻訳するため、翻訳の品質をできるだけ標準化しておく必要があります。翻訳をして頂いた後に、模範翻訳文を提供します。自分の翻訳と、プロの翻訳を比較して、直すべきところを直し、第2章以降、どのように翻訳&表現していけばいいかを学んでいきます。

ポイント

プロ翻訳家の翻訳を見て、自分の翻訳との違いを確認しましょう。

STEP4役割分担

プロローグと全8章、付録からなるHey, Kiddoの翻訳担当者を決めます。プロローグと第1章の翻訳結果を見て、英語レベル・翻訳技術を確認したうえで、チーム分けと担当範囲を決めます。チームを編成する理由は相互レビューをして頂くことが目的です。

各チームが1章ずつ担当し、チームのメンバー全員が、担当章をすべて訳出します(20〜25ページ)。つまり、メンバー全員が同じページを翻訳することになります。その中から最終的に1人の翻訳を決定し、最終版として採用します。どの参加者の方の翻訳も、最終的な翻訳本に同量で反映されるように公平に選考しますのでご安心下さい。

ポイント

同じページを複数の方で担当するのには狙いがあります。複数の方の翻訳を見る事で勉強になりますし、お互い悩んだこと、原書の解釈を確認・相談しながら翻訳作業を相互にチェックしながら進めていくことを狙っています。そのためこの講座参加者には、いつでも参加者とチャットができるグループチャットをご提供します。

STEP5さぁ!いよいよ翻訳作業が本格化!

ステップ2で決めたルールを元に翻訳をしていきます。最終的な翻訳の仕上げは、担当講師が修正を行い統一感を持たせます。まずは、自分の今の実力で最高の表現で、原書を日本語にして行きましょう!

この講座では、英語だけではなく、日本語力も鍛える事になるでしょう。うまく1:1にできない日本語と英語の関係を考える事や、直訳にせず自然な日本語にするために工夫する事は、すべてあなたの英語力を鍛える事にもつながります。

日本語から英語にする際に、日本語の表面的な字面に影響されて英語にしてきた今までの習慣が、いかに英語らしい表現から遠ざかる原因になっていたかに気が付く瞬間です。

この翻訳プロジェクトは、翻訳作業を通して、英語に精通していく作業でもあるのです。

STEP6完成したら相互チェック!

チームのメンバー同士で翻訳結果をチェックしあいましょう!ワークシートを提供しますので、自分の訳と比べて、よかったところ、改善したほうがいいところ、もっとこうすればいいのでは?!とか、もしかしたら解釈が違っていると思うところをチェックしあって、お互いフィードバックしましょう!

同じくらいの英語力を持つ方を選びますので、同じレベルの第三者のフィードバックを得る事が自分ではない視点の獲得につながります!

ポイント

相互レビューで別の方の翻訳と自分の翻訳の違い、改善アドバイス、誤植などをワークシートに埋めていきましょう。

STEP7講師が翻訳チェック!マンツーマン添削!

STEP6で他の受講者の目線でチェックし合い、いろんな観点を入れて見直したあなたの翻訳を、今度は講師が添削します!あなたの弱点を講師が個別に指摘して指導するステップを加えることで、個人個人が翻訳技術(弱点)をピンポイントでアップ(克服)していけるようになります。

これまでに当社の翻訳講座を受講していただいた学習者に多く見られる弱点は、

・キャラの口調が合ってない、
・訳文が固い(文語調など)、
・日本語表現が間違っている、
・訳文がシェイプアップされていないので読みにくい、

の4つです。こういった弱点の克服法を個別にアドバイスしたり、モデル訳(担当パート全部でなく、担当して頂いた一部)を個別に配って、それをベースに自分の訳文を徹底的に見直して修正していくというステップ(期間は1ヶ月ほど)を入れています。これをすることで、第三者の目線を入れつつ、そのうえで自分なりに最高レベルで仕上げた翻訳を経験豊かな講師に見てもらい、さらにその段階から引き揚げてもらうことができるのです。

受講者同士で訳文をチェックし合い、そのあと講師が訳文を添削します。そしてあなたは自分の訳文の最終仕上げをするのですが、講師が添削したあと、あなたの弱点を講師が個別に指摘して指導するSTEPを加えると、個人個人が翻訳技術(弱点)をピンポイントでアップ(克服)していけると思うんです。

STEP8翻訳原稿をブラッシュアップしよう!

チームメイトや講師からもらったフィードバックやアイデアを元にあなたの原稿をさらによいものに昇華させていきましょう!第三者のフィードバックからあなたが学ぶことがいかに多いか、そしていかに貴重なことを学べるかを実感するでしょう。

また、オンライン・グループレッスン付き!Misa先生が翻訳課題を受けて間違いの多かった箇所や訳出のポイントなどをご説明します。先生に直接質問できるチャンスです!
*グループレッスンとなります。
*レッスンはチームごとに開催します。
*スケジュールは各チームにつきお一つだけのご用意になります。ご都合がつかない場合には録画したグループレッスンをご覧いただけます。

ポイント

翻訳原稿ドラフトバージョンの提出をしてください。

STEP9【限定オファー】Misa先生の個人指導が受けられるSkype集中レッスン!

このステップは個別にお申込みいただいた方だけのExtraステップです。講師からの添削チェックが終わった段階で、Misa先生にSkypeでオンライン・マンツーマン・レッスンを受ける特別プログラムを準備しました。自分の名前で翻訳本を出している名のある先生から直接、個人指導を受けられるチャンスをご提供します。あなたの訳文を一緒に眺め、あなたの弱点を一つずつ見つめて、意見交換・議論を行いながら個人レッスンを進めていきます。では、なぜこのステップを作ったのか説明させてください。

ここがこだわり!

このステップの導入には理由があります。それは、これまでの当社の翻訳講座で、講師が添削時にアドバイスや弱点克服法を記しても、その意味や方法を正しく理解できていない受講生がけっこう多いことに気が付いたことです。つまり、弱点がクリアになってその克服法やアドバイスを得ながらも、それらを最終稿に生かせていないパターンが多いということです。
こういったことをなくすためにも、最終稿に仕上げる直前に、受講生と主担当講師が個別にやりとりして弱点を克服するというステップを新たに取り入れています。

本気で翻訳家になる夢をかなえたい方には、手に入れたくても手に入れられないまたとない機会です。ぜひご検討ください。

※Misa先生とのマンツーマンレッスンは、1時間程度のSkypeセッションを期間中、3回予定しています。おひとり様ごとの習得状況によって、予定は変更になる可能性があります。あくまで目安としてお考えください。
※こちらのマンツーマンレッスンは定員5名様までとさせていただきます。定員になり次第、マンツーマンレッスンの販売は終了させていただきます。

STEP10最終版に採用される原稿を先生がチョイス!

各チームで担当してもらった翻訳原稿の中から、最終的に採用する原稿を選びます。どなたの翻訳原稿も翻訳本に反映させられるようにチョイスします。自分の翻訳原稿だけ最終版に出ない!という事はないのでご安心下さい。

STEP11翻訳原稿完成!全員レビューでさらにブラッシュアップ!

翻訳原稿が完成しますので参加者全員で最終レビューをします!各自の担当分野の翻訳が、どのように変化したのか学んで下さい。もちろん、ここまでのどのステップでも、質問があれば先生が直接回答します。疑問があればいつでも聞いて頂けます。

ポイント

最終原稿の修正点と、もっとこうしたら良いという観点でフィードバックします。自分の担当範囲以外も含めて全編のチェックをします。

STEP12PDF版の作成、世界に1つしかないあなただけのきれいな本をつくっちゃおう!

原稿が固まったらプロのDTPデザイナーが、吹き出しを日本語版に差し替えて、日本で初めてとなる翻訳本の完成です!

STEP13完成!

真っ先に完成した翻訳本を受け取るのはあなたです。表紙・巻末の翻訳者欄にご自分の名前がある事を確認して下さい!(間違っていたらすぐに報告を!)

巻末にはこのプロジェクトに参加された翻訳者様一人一人のプロフィールと感想を掲載させて頂きます。世界で一冊、あなたが最初に世の中に出す本は一生の宝物になるはずです(PDF版でのみのご提供となります)。

英語もたっぷり勉強できて、自分の翻訳本まで残る最高のプロジェクトにあなたも参加してみませんか?

STEP14皆で作った本を受け取ろう!

プロジェクトに参加した方はそれぞれ一部のみカラー版のPDFを差し上げます。今回のプロジェクトは、リーズナブルなお値段で翻訳技術を上達させることを目的とするために、出版権は獲得しておりません。完成した書籍は販売せず、プロジェクトに参加した方だけに配布いたします。

※この講座で作成する著作物や二次制作物は著作権等により保護されております。PDF書籍であっても配布していただけませんのでご注意ください。

10ヶ月のカリキュラムをご紹介

この講座は10ヶ月のカリキュラムです。毎月どんなことを勉強していくか、どのように翻訳本が出来上がるか道のりをご紹介します!

1ヶ月目原書の精読

まずは、原書を通読します。市販されている本を買ってもOKですし、当社が翻訳用英文原稿を支給しますので、それを読んでいただいてもOKです。

あなたが最低限作業が必要なパートはまるまる2章分(全員作業と個人作業、翻訳とチェック作業合わせて)ですが、該当の箇所だけではなく、整合性ある翻訳をするため、ストーリー全体やキャラクターの性格などまで深く理解するためにも原書を通読します。

294ページのそれなりのボリュームの教材ですが、2回は通読するようにして下さい。翌月のワーク「翻訳ルール」を作る際にこの精読作業が非常に重要になってきます。

2ヶ月目翻訳ルールの作成

みんなで翻訳ルールを作成していきます。固有名詞、セリフ回りや、キャラクターの動作などみんなで翻訳をする際に共通のルールを作ってそれに沿って翻訳をしていくことがすごく重要になります。

予めシートを配布しますので、埋めていきましょう。改修したシートをこちらで編集し、最終的な翻訳ルールを配布します。

3ヶ月目プロローグと第1章を全員で翻訳

まずは本格的な作業に入る前に、プロローグと第1章を翻訳していきます。参加者全員がこれを行います。目的は、あなたの翻訳と実際にプロが行った翻訳の違いを理解していただく事です。翻訳が終わった方から順番にプロの翻訳例をお出ししますので、自分の翻訳との違いを主に勉強していきます。

これには2つ目的があります。模範翻訳にできるだけ近づける形で第2章以降を和訳してもらうこと。もう1つは、第2章以降、一緒に作業する人たちのチーム割りをすることが目的です。自分の和訳をどう変えれば自然な表現になるのか学んでいきましょう。

4ヶ月目第1回フィードバック&模範翻訳との比較&役割分担

前月に実施したプロローグと第1章の翻訳について講師からも個別にフィードバックさせて頂きます。どこをどう変えれば翻訳が良くなるのか、まずは第1回目のフィードバックを受け取って、自分の翻訳を見直してください。
※フィードバックするのはあなたが提出した翻訳のみになります。
※プロローグと第1章の翻訳例はすべてご提供します。

そしていよいよ本格的な作業をするためのチーム編成を決めていきます。1チーム3〜5名で、全員が丸1章分の翻訳を割り当てられますが、互いの翻訳をチェックするチェッカーの役割も経験します。

※生徒様同士の交流はグループチャットで可能ですが、これらを負担に思われる方もいらっしゃるため、必須書類・データのやり取りはフルーツフルイングリッシュが間に入って行わせて頂きますので、ご安心下さい。

5ヶ月目担当の章をいざ翻訳開始

いよいよここからが翻訳です。あなたは担当の章を翻訳者として責任をもって翻訳するのと同時に、チームメイトの翻訳のチェックも行って頂きます。という事は、あなたもチームメイトから自分の翻訳のチェックをされフィードバックを受けるという事。自分では見落としがちな個所などを複数の目線で見る事でよい翻訳にすることができます。

6ヶ月目チェッカーとして他人の翻訳をチェック&仕上げ

1人の担当範囲は翻訳・チェック合わせると、1章まるまるなのでかなりの作業量です。他の方も必死に学んでいますので、あなたも持てる限りのものを惜しみなく出して翻訳・チェッカーとして活動する期間です。

あなたはこの間、チームメイトからフィードバックを受け自分の翻訳を見直すと同時に、あなたもチームメイトのフィードバックをします。自分もチームメイトも同じページの翻訳を担当していますが、仕上がった翻訳は表現方法も全体の印象も違ってくるはずです。それらをみんなで読み比べて意見交換や議論をしていくことで、読解力や表現力や意訳力が向上し、また自分の翻訳を客観的な目で見つめて推敲していく力も養われ、大きく成長することでしょう。

フィードバックを受けたらあなたの翻訳を残りの時間でブラッシュアップして最終形にしていきます。最終形が仕上がったら、締め切り日までに原稿を提出して下さい。

7,8ヶ月目先生からのフィードバック、翻訳を最終形にしよう!

最終原稿が出来上がったら、講師があなたの翻訳を厳しい目線でチェックします。チェックするのは2人の講師。1人は翻訳業務に精通し、翻訳出版実績も多数ある日本人講師。もう1人は日本語ペラペラのネイティブ講師。

本講座は基礎力養成を目的としていますので、講師は次の項目にしたがって、最終原稿を徹底的にチェックします。

@解釈力
check原文を正しく解釈できているか。

A表現力
check登場人物の年齢やキャラに合った口調でセリフを訳出できているか。
checkストーリー展開が明確に伝わるような流れの翻訳に仕上がっているか。
checkシェイプアップされた文章になっているか(文章が長すぎたり、不要な語がないか)。
checkパッと見て、意味がスムーズに伝わるような「読みやすい日本語」になっているか。
(*語順 *漢字・ひらがな・カタカナのバランス *スペースの位置や改行の位置 など表現力と表記の面からチェック)
check正しい日本語表現であるか。
check原文が透けて見えるような文章ではなく、的確に意訳できているか。
check原著や原文の魅力や面白さがしっかりと伝わる翻訳に仕上がっているか。

これらの項目ごとに最終原稿を徹底的にチェックし、個別に添削指導しフィードバックします。あなたはフィードバック結果から学んで下さい。そして、学んだことをしっかりと生かして最終原稿を修正しましょう。

さらにExtraステップ(Skypeによるマンツーマンの集中レッスン)に参加される方には、特別に、「添削指導後にもう一度、個別相談および個別指導がSkypeによって対面式で受けられるプロセス」を準備しました。従来の当社の英日翻訳家デビュー講座にはなかったプロセスです。このプロセスにおいて、あなたは自分の弱点と徹底的に向き合い、講師の丁寧な指導のもとに、何度も訳文を練り直して修正していきます。本講座ではこのプロセスに費やす期間を1ヶ月に設定しています。それはもちろん、じっくり!そしてきっちりと!翻訳の基礎力固めができるようにとの願いからです!

また、講師が最終チェックをしている間、全員の翻訳原稿を見て、整合性がとれていない点、改善をしたほうが良い点を全部洗い出します。これは任意の作業とさせていただきますが、きっと良い勉強の機会になるはずです。

9ヶ月目全体を通して翻訳を最終チェック!あなたのプロフィールも掲載!

ここからは当社の2人の担当講師が全体をつなげて整合性のある翻訳にするために最終校正をします。前の月に皆さんからいただいた整合性チェック結果も踏まえて、最終版にしていきます。

10~11ヶ月目PDFデザイン&最終版配布

最終的な原稿をまとめて最終的な翻訳本を作ります

本のあらすじと、担当する翻訳分量について

Deadlock

担当する翻訳分量について

今回翻訳本として選んだ「Hey, Kiddo」は、プロローグ、合計8章にも及ぶ本編、付録と、全294ページからなるアメリカの人気絵本作家Jarrett J. Krosoczkaによる自伝作品です。

お1人の翻訳分量は、これまで説明してきた通りですが、上記が見開き2ページの分量で、約70ページ程度になります。ボリュームたっぷりで翻訳の基礎を学んでいただけます。プロローグと第1章全部および、アサインされる各章の翻訳及び他人のチェック分を含むと、1人当たりの担当パートは、70ページ相当となり、書籍全体の約4分の1程度について、翻訳作業、対訳チェックなどの作業が発生します。

また原書を通しての通読も最低2回は必要になりますので、かなりの作業量になります。

週末しかお時間が取れない方にも配慮して、スケジュールには余裕を持たせておりますが、他のお客様の翻訳のチェック作業なども含まれますため、お時間について確実に確保出来る方のみご参加をお願いします。

Hey, Kiddoについて

母親は薬物依存症でリハビリ施設に入所し、父親が誰なのかを知らないジャレットは、幼少期に祖父母に引き取られる。個性豊かな祖父母に愛情たっぷりに育てられ、やがてジャレットは絵を描くことに喜びと癒しを見出す。そして父親との初対面を果たして親交を深め、祖父母との絆をさらに強めながら、絵本作家になる夢を成し遂げていく。2018年度A National Book Award 最終選考作品!

さぁ、夢をかなえる準備は整いましたか?

この講座に参加すれば、英語を学ぶ方の憧れの一つでもある文芸書籍翻訳のノウハウが学べます。自分の主翻訳パートの全翻訳添削(マンツーマン翻訳フィードバックと講評)が得られ、自分が翻訳した本が製本されるという経験ができます。人生でかなえたかった夢が1つかないます。

もちろん、あなたが手にするものはそれだけではありません。原書を何度も通読することによる読解力、英語力アップが期待できますし、10ヵ月から1年間、プロフェッショナルがやっているレベルで英語に深く触れる仕事さながらの環境が手に入ります。主担当パートは参加者全員が担当できるようにチームごとに個別パートをアサインし、チームメイトと互いの翻訳をチェックし合い、また参加者全員で全編をチェックするため、同じ目標を持つ仲間と協力し合って作業を進める体験を味わえます。(実際、翻訳の現場ではこのように複数名で一冊の本を作り上げることも多いです)

1ヵ月あたり1万円を切る少額投資で、あなたの夢をフルーツフルイングリッシュで実現させませんか?!参加頂けるのは、最大30名様です。参加頂ける方には開講日になりましたら原書のもととなった書下ろしのオリジナル英文原稿を提供いたします(契約で厳しく配布が制限させていますので取り扱いにはご注意ください。)もしくは、無事参加できたら、早めに市販されている洋書を購入して予習していただいてもOKです。あなたの人生の中でも特殊な期間となる、充実した10ヶ月を楽しんでまいりましょう。

先生のプロフィール

この講座では、Misa先生と4名程度の講師があなたの翻訳をマンツーマンフィードバックするための添削者として、また最終推敲者、アドバイザーなどの色んな立場で参加いたします。その中でも、講座の方針を決めたり推進役となって頂く講師をご紹介いたします。

PROFILE

Misa先生プロフィール

翻訳学校で学んだ後、自分の好きなことを仕事にするために努力を惜しまず励んだことで出版翻訳の道を切り開いた講師。翻訳講座のトレーナー経験もあり、細かい部分までしっかり訳を見てくれます。
座右の銘は「自分の力を客観的にみつめる」。

出身
日本
学歴
大阪女学院短期大学 英語科
Gwinnett Technical Institute
Travel Management
職歴
電機会社勤務、英語塾経営・運営を経て、翻訳業に従事。現在も児童英語講師と翻訳通信講座添削トレーナーを務めています。
趣味
旅行、水泳、音楽鑑賞(洋楽)、阪神タイガースの応援(球場観戦はもちろん、沖縄や安芸キャンプ見学にも参加)。
先生から一言

はじめまして、Misaです。

大好きな英国人ミュージシャンの日本語訳詞の素晴らしさに感動し、翻訳に興味を持ちました。通信・通学講座で翻訳を学び、翻訳勉強会にも参加してbrush upに励んでようやく、出版翻訳の仕事に就くことができました。

大好きなことを仕事にできているうれしさをいつも感じています!

自分の手掛けた本が書店に並んでいるのを見たときの感動は、言葉では言い表せません。

皆さんにもあの感動を味わっていただけるように、そして翻訳の面白味をたっぷりと感じながら学習を続けていただけるようにサポートしていきながら、わたし自身も学んでいきたいと思っています。いっしょにじっくりと学んでいきましょう!

翻訳実績
英→日。ノンフィクション、コミック(英文学対訳シリーズ)、雑誌、映画関連資料(公式サイト、劇場用パンフレット、プレスリリース、予告編、特典映像など)。

サービス説明

商品名
英日翻訳家デビュー講座「Hey, Kiddo」
課題本
Hey, Kiddo(Jarret J. Krosoczka著) プロローグ/全8章/付録 294ページ
内容
  • 課題本の翻訳(和訳)を行い、A National Book Award 最終選考作品である著名な日本未翻訳のノンフィクション書籍(ビジュアルブック)をまるまる1冊、翻訳し、本(PDF版)になるところまでを体験します。
    ※仕上がった成果物は各自1部を特典として配布いたします(電子書籍版)。印刷版は、今回は作成いたしません。
  • 毎月配布されえる演習ワークを通じて文芸翻訳のハウツーと実際を学びます。
  • 翻訳作業自体が目的ではなく、翻訳作業を通じて英語力向上と翻訳力の獲得を目指すため、毎月ワークが課されます。
  • アサインされたパートの翻訳作業と講師によるマンツーマン添削フィードバックが得られます
  • 他人が実施した翻訳の相互チェックとフィードバック、そして他受講生によるフィードバックが得られます
  • 優秀な方につきましては、フルーツフルイングリッシュの認定翻訳家としてこのプロジェクトの次回以降の講師・翻訳指導者としての採用などを相談させて頂く場合がございます。

  • 専用グループチャットルーム利用権(10ヶ月間)

    ※受講者どうしが質問などをやりとりし全員とシェアできる専用のチャットルームにご招待します。
    ※作業を進める際に出る質問、講座テーマに関する質問を無制限で行えます。

料金
受講料金 99,000円 → アフターコロナを生き抜くスキル獲得キャンペーン 89,650円<税込>

<お支払い回数> 以下から選んでいただけます。

【一括払い】
受講料金 99,000円 x1回払い → アフターコロナを生き抜くスキル獲得キャンペーン 89,650円<税込> x1回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時のみ

【分割払い(2回)】
受講料金 50,490円 x2回払い → アフターコロナを生き抜くスキル獲得キャンペーン 45,721円<税込> x2回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 91,442円

【分割払い(3回)】
受講料金 33,990円 x3回払い → アフターコロナを生き抜くスキル獲得キャンペーン 30,779円<税込> x3回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 92,337円

【分割払い(4回)】
受講料金 25,740円 x4回払い → アフターコロナを生き抜くスキル獲得キャンペーン 23,309円<税込> x4回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 93,236円

【分割払い(6回)】
受講料金 17,490円 x6回払い → アフターコロナを生き抜くスキル獲得キャンペーン 15,837円<税込> x6回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 95,022円

【分割払い(12回)】
受講料金 9,240円 x12回払い → アフターコロナを生き抜くスキル獲得キャンペーン 8,366円<税込> x12回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 100,392円

※分割払いの場合、途中で参加されなくなった場合でもお支払いの停止はできません。

この講座では英作文チケットは不要です。すべて受講料金内でご利用いただけます。

 

受講料金 154,000円 → アフターコロナを生き抜くスキル獲得キャンペーン 139,700円<税込>

<お支払い回数> 以下から選んでいただけます。

【一括払い】
受講料金 154,000円 x1回払い → アフターコロナを生き抜くスキル獲得キャンペーン 139,700円<税込> x1回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時のみ

【分割払い(2回)】
受講料金 78,540円 x2回払い → アフターコロナを生き抜くスキル獲得キャンペーン 71,247円<税込> x2回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 142,494円

【分割払い(3回)】
受講料金 52,872円 x3回払い → アフターコロナを生き抜くスキル獲得キャンペーン 47,963円<税込> x3回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 143,889円

【分割払い(4回)】
受講料金 40,040円 x4回払い → アフターコロナを生き抜くスキル獲得キャンペーン 36,322円<税込> x4回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 145,288円

【分割払い(6回)】
受講料金 27,206円 x6回払い → アフターコロナを生き抜くスキル獲得キャンペーン 24,679円<税込> x6回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 148,074円

【分割払い(12回)】
受講料金 14,372円 x12回払い → アフターコロナを生き抜くスキル獲得キャンペーン 13,038円<税込> x12回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 156,456円

※分割払いの場合、途中で参加されなくなった場合でもお支払いの停止はできません。

この講座では英作文チケットは不要です。すべて受講料金内でご利用いただけます。

 

定員

募集枠:先着30名様(最少催行人数20名様)

※定員になり次第締め切ります。
お申し込み期間

2021/4/22(木)まで
※早割募集は、2021/4/9(金)までです。

受講期間

2021/4/23(金)〜2022/4/30(土)まで
※プロジェクトの参加期間は10ヶ月ですが書籍完成までは1年かかるため受講期間は便宜上12ヵ月になっています。

課題配信はその都度ご案内いたします。

※講座終了後、書籍完成までさらに3ヶ月程度かかりますが参加者の方の作業はございません。
※10ヶ月の内容は、このページでご紹介したカリキュラムを参考にして下さい。
※このスケジュールは予定であり、その時々の課題の提出状況などにより見直す場合がございます。
※毎月1つワークがアサインされます。締め切りは配信から原則1ヶ月です。今回は出版プロジェクトを実際に体験頂くものであり、〆切を守って提出して頂くことが必須となります。提出されない場合、他の受講者のご迷惑にもなる事から必ずワークがこなせるスケジュールか確保できるかどうかを確認してから参加して下さい。
※いかなる場合でもお客様都合での返金は行えません。あらかじめご了承お願い申し上げます。
※課題添削には2週間ほどお時間を頂く場合がございます。そのため配信日1週間以内のご利用を推奨いたします。

必要なもの

・皆様で作業を進めていただく工程で、ワードおよびエクセルが必要になります。
・皆様で共通して作業をするためにGoogle Docs(Spread Sheet)を利用いたします(※こちらはブラウザでご利用いただけます)。

お支払い方法

以下のお支払い方法がご利用いただけます。

  • 銀行振込
  • コンビニ
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

お申し込み方法

この商品はメンバー様専用の商品です。メンバーサイト内からお買い求めください。


この商品はメンバー様専用の商品です。メンバーサイト内からお買い求めください。